blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08西日本選手権大会

2008/11/04(火) 23:15 フィギュアスケート

11/2・3は西日本ブロック大会を観戦に行ってきました。運よく4日が大阪出張になったので。
なのでスケカナはまだ女子SPしか見ていないのですが、なかなかすごい試合だったみたいですね。順位とか欠場とかいろいろ…
ロシェSPの時、金髪美女しかいないというとってもゴージャスなキスクラだったのが印象的でした。
そしてとんでもないところでコケるコストナーが…彼女らしいと言うか何と言うか…。なかなか直らないなあぁ。

西日本ブロックの結果はこちらから。

まずは男子。
ジュニアは吉田くんが良かったなーと思いました。メリハリの効いた魅せる表現の出来る選手好きなんです。
ジャンプがなかなか決まらなくてディダクションが3ついてますけど、PCSが高いのは納得の演技でした。
田中くんもジュニアになったばかりとは思えない演技でした。ファンの間では有名な選手らしいですね。今後注目したいと思います。
町田くんは表彰台で落ち着きがなかったのが印象的でした(^_^;
友人に聞いた話だと、かけられたメダルが女子のものだったとか。脇の二人(特に吉田くん)とあーだこーだ言い合っていて何をしてるんですか状態でした。
あとは表彰台に上がる前にいちいち前を確認したり(表彰台に乗っけられたじゅうたんがずれたかなんかしたっぽい)、ジュニア男子の表彰台は何ともジュニアっぽい表彰台でした。田中くんが一番落ち着いていたなぁ。
シニア男子は個人的には大上くんが良かった!
本当はスタオベしたかったのに出来なかったです…。周りが立ってないと立てないんですよねぇ。
最初の3Aコンボはとても迫力がありました。最後のジャンプが失敗しなければより良かったですね~。
最後のジャンプと言えば無良くんも良かったです。3A後半に入れちゃうところがすごい。会場スタオベたくさんでした。
ジャッジ・客席に向かって礼をした後、微妙な表情で最後のジャンプを跳んだ辺りを指差してなにやらコーチに言っていてウケました。あそこでコケなければ完璧だったのにーとか言ってたんでしょうか。
織田くんのFSは初めて観たんですが、今日になってみると4T跳んで転びはしなかったけどステップアウトかなんかしたなぁと言うくらいしか覚えていないのがちょっと残念です。
もう少し印象に残るプログラムになるといいなーと思うんですけど。NHK杯で見たらまた違う感想になるかなぁ。

ジュニア女子は中村さんが安定していましたね。要素は完璧な出来。
ただジャンプの予備動作が長いのか(ルッツは確実に長い)、要素をこなしている印象なのが残念です。ジャンプやスピンは記憶にあるんですけど、振付やつなぎの印象は薄いかも。
表彰台でもあんまり気を配ってないような振る舞いだったのはある意味面白かったです。女子ってきれいに・かわいく見せるように見た目を気にすると思うんですけどね。
逆にジャンプのミスはあったもののはつらつとした演技で印象に残ったのは村上さん。
SPはディダクションが多くて満足いかない出来だったと思いますが、FSは曲の表現も良くて見ていて楽しかったです。リザルトを見るとPCSではINが5.80と結構高いのには納得。
今回初めて見て良いなーと思ったのは細田さん。
SPは抽選で滑走順が決まったそうでどのグループも巧拙入り乱れていたのですが、6分間練習のSlStを見てこの子上手いな~と思っていたらやっぱり順位が高かったです。
しかし、ジュニアのSPは要素が決まっているのでその要素が得意かどうかで点数の差が出ますねぇ。今季はステップからのジャンプはルッツ指定のようで、3Lzが跳べるか跳べないかでかなり点数が開くようでした。
ジャンプの種類が指定されているからコンボジャンプ失敗したからってステップからのジャンプをコンボにするわけにもいかないですしね。
今季シニアでかなりこのごまかしを見ますが、コンボジャンプはステップから入ってないんでなしだろう、ありだとしても-3くらいがっつりGOE引いちゃっていいんじゃないの?と思います。
また、フライングスピンはキャメル指定のようで巧拙の差が一目瞭然でした。
新採点になってからキャメルスピンが存亡の危機になりつつありますけど、フライングキャメルでスピードを落とさず8回転でしたっけ?するのは難しいようです。どんどんスピードが落ちてっちゃうんですよね。バランス崩す子もいるし。

シニア女子は鈴木明子ちゃんが良かったですね~。
今回ジャンプミスがいくつかあって雰囲気が途切れたりしちゃったんですが、明子ちゃんだったらDark Eyesでロシアの空気を出しつつ演技できるんじゃないかしらと思いました。今季のEXタンゴを見る限りでは。
Dark Eyesのような曲の場合、綺麗な演技ももちろんいいんですけどただ綺麗なだけでは物足りなくて、ロシアの冷たい空気とか広がる大地の土臭さとかを出しつつ情熱的に本能的に演じて欲しいと思います。
村元さんはFSの振付がシェイリーン・ボーンだったので驚きました。
SPや岳斗先生の生徒さんたちは違う一人の振付師さん(名前忘れました)につけてもらっているようだったのですが、どうしてFSだけボーンなんでしょうね。
澤田亜紀ちゃんや浅田舞ちゃんはジャンプの調子が戻っているようで何よりです。特に亜紀ちゃんはフランス大会の異常な低得点以降心配していたんですよね…NHK杯もキャンセルしていたし…
残念だったのが曽根さん。
本当に残念です。曽根さんを全日本で見られないのが…
FSはとても良い出来でした。ジャンプのレベルは低いかもしれませんが、情熱的なカルメンで魅了されました。
滑り終わってからは涙。ジャッジ側にいた連盟の方々と思われる皆さんも拍手していました。点数が出ると泣きながら客席に向かって手を振っていました。
フィギュアで人を魅了するのに高度な技術は必ずしも必要ではないのだと実感させてくれた選手の一人でした。競技からは引退しても、またTHE ICEとかで滑ってくれるといいなーと思います。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

08 « 2017/09 » 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。