blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/24マチネ「わが魂は輝く水なり」

2008/05/24(土) 21:43 野村萬斎

5/24マチネ「わが魂は輝く水なり」観てきました。
あと1回観ただけで理解できるかどうか疑問だったため急遽チケットを譲っていただいたのですが、観に行って良かったです。

斎藤実盛…野村萬斎、斎藤五郎(亡霊)…尾上菊之助、斎藤六郎…坂東亀三郎、
藤原権頭…津嘉山正種、郎党時丸…川岡大次郎、巴…秋山菜津子、ふぶき…邑野みあ、
中原兼光…廣田高志、中原兼平…大石継太、郎党黒玄坊…大富士、平維盛…長谷川博己、
乳母浜風…神保共子、城貞康…二反田雅澄、
木曽兵/平家の兵…清家栄一・岡田正・高橋広司・井面猛志・篠原正志・時田光洋・関戸将志・高橋行・中村大輔・安齋芳明・加藤亮佑・窪田壮史

今日は実盛と五郎が顔を見合わせて笑うところから胸にぐっと迫るものがあって、それ以降実盛と五郎に感情移入してしまって大変でした。
「にがい関係」でもある実盛と五郎が最期に顔を見合わせて心から笑っているのは、2時間40分中ここが最初で最後なんですよね。
実盛の持つ昔の「森の住民」の輝きに魅せられた五郎と六郎。六郎は生きているゆえか性格の違いゆえか父をなじるようにして維盛たちと共に行きますが、五郎は憎まれ口を叩いたり叩かれたりしつつも実盛と共に居て、それは何故なのかと思っていました。
「木曽へ帰ろう」「戦いが終われば昔に戻る」「時が逆行して…」と巴や兼光が求めたものが、屈託なく笑う外見が若返った実盛と五郎の間にあったのだなと思いました。
そういう意味で、「妄想の兄上」というのはあながち的外れではなかったのかもしれないと思いました。
「化け物ー!」と言って去っていく木曽軍に「わしの正体を言い当てた」みたいなことを実盛が言うので、自分で自分が狂っていると思っていたのではないかと。

連合赤軍とかは自分は知らないので(カップラーメンのCMで機動隊?がカップめんすすってるのは見た)、実盛親子の関係に焦点を当てたほうが分かりやすい舞台でした。
あと今日は真ん中の通路よりも後ろで見たので、通路を使った演出も全て観ることができて良かったです。
距離的にも、舞台全体をちょうど良く見渡せる席でセットの美しさなどが堪能できました。木々の薄幕が特に綺麗でしたね~。
役者は客席前近くでの演技も多いので前の席もいいのですが、真ん中よりちょい後ろくらいで見るのも良いなと思いました。

そういえば今日も時田さんを発見できませんでした…
どの辺りにいるんだろう。探すには前のほうの席じゃないとダメでしょうか。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

03 « 2017/04 » 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。