blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08ジャパンオープン

2008/04/21(月) 23:28 フィギュアスケート

Japan OpenとCarnival on Ice、観に行ってきました。
出演者にかかわらずこの競技会&ガラ自体がなぜかとても好きなので、前日の夜から楽しみで楽しみで大変でした。
06年の競技会&ガラが凄く良かった(特にガラ)ので、さいたまスーパーアリーナに来るたびに無意識で06ガラのことを思い出してしまうせいもあると思います。
当日はコクーンで美味しい回転寿司を食べていろんなお店を覗いてから会場入りするのが毎年恒例で、今年も食べて買ってから会場入りしました。お寿司美味しかった。

まずはJapan Openの感想から。結果はこちらにあります。
この大会の何気にいいところは、一応ISUの大会なのでISUのビデオが会場で流れること。
開場後20分くらいで会場に入ったので、競技会前&整氷タイムで2回ビデオを見られました。
競技会前は「Figure Skating is ...」というシングルにコンパルソリーがある時代の白黒コンパル映像が入っているビデオで、製氷中はISU全体のビデオ(ショートトラックなども入ってる映像)。
そろそろ新しいビデオに作り直して欲しいなーと思うんですが、ここ何年か同じようなのでバンクーバー後の世界選手権が終わるまでは作り直されないんでしょうか。
あとはそうそうキスクラ! これまではキスクラのソファの位置が低くて観客席から見づらかったんですが(選手も見えないみたいで背もたれに座る選手が続出していた)、ソファの位置が高くなっていました。
なのでほとんどの選手が普通にソファに座って観戦、客席からずっとキスクラの選手が見えていて満足満足。

競技会が始まる前に友人と話していたら、通路をプラチナブロンドの人が走っていく後姿が見えました。シュルタイスでした。
これまでのJOでは通路でアップしている選手は見かけなかったのですが、彼は通路をずーっと走っていってキスクラに近いショートサイド側でストップし、ストレッチなどのウォーミングアップをしていました。
そのうち気づいたファンが数人寄って行って、握手などしていましたね。
その後トッドが同じ側のショートサイドに姿を現し、あっという間にサイン会開始。常に2、3人のファンが囲んでいたように思います。
…シュルタイスとの差は考えないことにしました。まー声かけづらい外見ですけどね…自分も多分躊躇するけどね…

オープニング。
始まる前に選手達が出入り口から出てきたところで既にヒートアップ。
「あーランビエール本当に坊主だよ本当に坊主、ライサチェクも来た、デカ!」
みたいな感じでした。これまでは大ちゃんのオフの髪形がどんなになってるのか見られるのが楽しみだったんですが、大ちゃんの髪形は割りと普通でしたが代わりにランビエールが凄いことになってましたね。
「本当にあの髪形でフラメンコ&ロミジュリをやるつもりなのか」
と思っていました。オープニングの時点ではJOジャージのせいで上半身が見えていなかったので。
またライサチェクは紹介される直前、客席に向かって手を振ってくれていたので、ブンブン振り返しておきました。ライサチェクのご機嫌が良さそうで嬉しかったです。
チーム登場後のアクションは、欧州チームは挨拶時に両サイドまでよっていって挨拶してくれました。また北米チームは4人揃った時に何かやったんですが、内容を忘れてしまいました。日本チームは特に何もなし。

男子シングル。
トッド・エルドリッジ選手(選手でいいよね??)は相変わらず滑りがとても綺麗で、CiStで涙が出そうになりました。
今回滑ったプログラムは前回同様新しく作ったものなのでしょうか? ソルトレイクEXくらいしかちゃんと覚えているトッドのプログラムがないので判断できず。
3回転ジャンプは少なかったですけれど(でも3A跳ぼうとしていたように見えました)、ベテランらしい滑りの美しさを見せてくれたので満足。そしてキスクラもお茶目にサービスしてくれました。
未来ちゃんと並んでいるとお父さんみたいだ、と言う友人のツッコミに妙に納得。

本田武史選手は思ったよりも体が絞れていたように思いました。
プログラムはトスカ。ライサチェクとかぶり決定。 個人的には、トスカは06JOでも見たのでアランフェスとかが見たかったです。
SlStがとっても苦しそうで思わず頑張れーと祈ってしまいました。
近くに本田くんの知り合いがいたみたいで、滑り終わってから何かこちらに向かって言っていたのですが拍手にかき消されて聞き取れず。知り合いらしき方達は「お父さん頑張ってー」と賑やかに応援していました。

エイドリアン・シュルタイス選手は、世選をTVで見た時にはあまり滑るのが上手くないのかな?と思ったのですが、実際に見てみると滑り自体は滑らかだったと思います。
ただスピードはあまりなく、割と一本調子な滑りですね。このあたりが上手くなったらもっと面白い選手になりそうだなと思いました。
ジャンプは概ね予定通りに跳んでいましたね。ジャッジの反対側にいたので撃たれなくて残念…

エヴァン・ライサチェク選手は素晴らしかった、スタオベしました!
ジャッジスコアを見ると3Loがダウングレードされたようですが4回転はないもののミスのない演技で最後までスタミナも持っているようでした。オフなのに素晴らしい!
CiStはLv1判定ですが、SlSt3はGOE+3とかつけてるジャッジいるし。
キスクラでは未来ちゃん演技後に未来ちゃんの頭の後ろからVサインしたり、キミー演技後になぜか片膝ついて控えていたりとなかなか楽しませてくれました。オープニングと合わせてファンサービスに大感謝!

ステファン・ランビエール選手は坊主でフラメンコ。やっぱり異様…
今年の世選よりは良かったと思いますが、去年の世選ほどではなかったのが残念です。完璧なフラメンコが見たかった…
特にSlStは東京のようなキレがなくて残念でした。レベル1判定になっているしGOEも+1だけですね。疲れていたのかな。
しかしキスクラでは好き放題でしたね。左からシュルタイス・ランビエール・女子2人と並んでいたのにずーっと女子のほう向きっぱなし。たまにはシュルタイスの方も向いてくれよ…いやごくたまにシュルタイスとも喋っていましたが…
ランビエール・女子2人・シュルタイスという並びにすれば全て解決するのになーと思いつつ見ていました。

高橋大輔選手は、久しぶりに失敗の多い演技でしたね。
4回転はまぁ失敗しても仕方がないかなと思いますが、3Aまで失敗したのにはびっくりです。世選からずっと調子が悪いのでしょうか?
また何より演技後以降キスクラでも元気がなさそうだったのが心配です。年明けにあったお遊びチーム大会ではチームアーティストとしてどんよりしたりしていたのに。
お遊び大会なんだしそんなにガッカリしなくてもな…と思ったのですが、本人は世選のリベンジと思って挑戦して、返り討ちに遭っちゃった状態だったのかもしれませんねぇ…

女子シングル。
キーラ・コルピ選手は今年もあまり調子が良くなかったようで残念です。
結構彼女のオペラ座好きなんですけど、なかなかいい演技が見れないような…
ピンクグラデーションの衣装がとても綺麗でした。
キスクラでは相変わらず、美人なのにヘンな表情をするので面白かったです。飾らなさ加減がいいですよね。
ランビエールのセクハラにも耐えた。そして競技会が終わって帰る時、他チームの選手にも声をかけてから引けて行きました。気配りのできる選手なんですね。

長洲未来選手。
コッペリアやっぱりかわいい。スピードがある滑りで、滑り自体は随分シニアらしいなと思いました。
キスクラではカメラに向かってぬいぐるみの手を動かしてサービスしてくれて可愛かったです。トッドやライサチェクにも可愛がられているようでしたし、北米チームは品のいい一家みたいになってました。

中野友加里選手、彼女で本日スタオベ2回目です。
あの安定感は凄いですね。ジャンプでの転倒ってここ数年で数回くらいしか見てないんじゃないのと思うくらい安定しています。オフとは思えない。
スローVTRで見ると3Aは回転足りないなーと言う感じでしたが良い演技でした。

サラ・マイヤー選手。めちゃくちゃ感動しました…
6分間練習で転倒ししばらく動けなくなるというハプニングがありました。心配してコルピが声をかけたりしたのですがなかなか立ち上がれず、やっと立ち上がってからも普通に滑ることもままならない状態。
コーチ等が集まっていた場所にやっと戻れたマイヤーに日本チームトレーナーの加藤さんが心配そうに声をかけたりしていましたが、そのまま氷上に留まり、練習最後のほうでジャンプに挑んだもののパンク。裏に引けて行くマイヤーの歩き方がおかしいのを見て棄権もあるかもしれないなと覚悟していました。
なので、彼女の番になって普通に滑って出てきてくれただけでとても嬉しかったんです。しかもノーミス演技でSB!
「すごい!」という言葉しかありません。スタオベは中野選手の次に多かったと思います。
ランビエールが随分心配していたようです。コルピ演技後のキスクラで太もものあたりを叩きながらコルピたちと喋っていてマイヤーのこと話してるんだなと言うのが分かりましたし、マイヤーの演技はソファの背もたれに座り一段高いところから演技を見ていて、演技が終わったら誰よりも早くスタオベ、誰よりもでかい声で賞賛していました。

キミー・マイズナー選手。
FSの振り付けがデヴィット・ウィルソンとは知らなかったのでじっくり見ていましたが、曲の使い方がウィルソンらしいなと思いました。荒川さんのロシアンメイドなトゥーランドットと比べると良く分かります。
キミーはトゥーランドットを演じているのではないのかもと思いましたが、実際はどうなんでしょう。カラフに想いを寄せていて愛のために死を選んだ奴隷のリュー役かもと感じました。
今シーズンあまりいいできの彼女を見なかったような気がするのですが、この日は結構いい出来で終わってからプチガッツポーズ(Maxではなかったな)が出ていましたね。
キスクラでのライサチェクとのお遊びも面白かった。

浅田真央選手、やっぱり子供の声援が凄い。
大ちゃんの時は大人の声援が凄いのである意味対照的です。
いくつかジャンプミスはありましたが、何と言っても3Aが成功して良かったです。 世選の記憶が新しいので、3Aはかなりドキドキでした…
お遊び大会とはいえ、ジャッジスコアを見るとスピンステップスパイラルは最大限のレベルを取っていてさすが。

表彰式は特に面白いことはなかったかな?
北米が凸凹してました。ライサチェクの隣に未来ちゃんを置くと「ペアか?」としか思えません。ライサチェクなら未来ちゃんをリフト出来そう。
プルシェンコが途中で出場できないことの挨拶に出てきましたが、めっちゃ普段着でロスバゲのまま荷物が見つかっていないのかと思ってしまいました。夜は衣装つきで出てきたので見つかったのだとは思いますが…
荒川静香・東京女子体育大学クラブの演技も見ることが出来て楽しかったです。
一番の感想は「坊主」に尽きますが…

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

01 « 2017/03 » 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。