blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末の観劇3本

2008/03/17(月) 00:55 その他観劇

今週末は観劇三昧でとても楽しく過ごしました。

■3/15:新宿文化センターオープニングセレモニー/名作狂言の会

オルガン…高橋博子(専属オルガン奏者)
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(ワーグナー)、枝の主日-イエスのエルサレム凱旋(J.ラングレ)
合唱…新宿区少年少女合唱団・落合少年少女合唱団
大新宿区のうた(服部嘉香/平岡均之)、花(武島羽衣/滝廉太郎)、他1曲
狂言「末広かり」…果報者:茂山千五郎、都のすっぱ:佐々木千吉、太郎冠者:茂山逸平、大鼓:原岡一之、小鼓:田辺恭資、太鼓:林雄一郎、笛:栗林祐輔、後見:島田洋海
狂言「千鳥」…太郎冠者:茂山正邦、酒屋の亭主:松本薫、主人:島田洋海、後見:茂山逸平
狂言「仏師」…すっぱ:茂山あきら、田舎者:茂山童司、後見:島田洋海

新宿文化センターリニューアルオープン記念。
MLで茂山家の狂言がタダで観られると知り、文化センターのサイトを見たところパイプオルガンの演奏まで聴けるということだったので即申し込みました。
電話申し込みだったせいか席は2階でしたが、段差がしっかりしていて結構見やすかったです。ただ遠いのは遠いんで、しっかり表情を見ようとするとオペラグラス必須なんですけれど。
狂言は解説が正邦さんだったんですが、オープニングセレモニーがちょい押し気味?だったためか結構あっさりとした解説でした。
10年以上1月に新春名作狂言の会を野村万作家と一緒にやってるんで今日の声がかかったんじゃないかーとか、狂言の道行き説明を京都→東京で実演したくらいですか。
千五郎さん、松本さん、逸平さん、正邦さんはさすがだなーと思いつつ見ていました。千作さんの孫世代だと正邦さん逸平さんの順に好きです。次は茂さんかな…
ただ、今回の曲は末広かりと仏師がパターン似通ってるものだったのがちょっと残念だったでしょうか。
2曲を見比べると、狂言にそんなに詳しくない人でも「あ、あそこ間違ったな…」と気づいたんじゃないかしらと思います。
狂言の台詞が理解できなかったとしても楽しめるように配慮されたのかもしれませんが、鎌腹とか茸とか寝音曲とかでも良かったんじゃないかなーと思います。
どうでもいい話ですが、しばらく見ないうちに逸平さん年とったなーと思ってしまいました。自分も年を取るわけだ…


■3/15:こまつ座「人間合格」

人間合格チラシ 佐藤浩市さんからのお花ならぬ…

津島修治:岡本健一、佐藤浩蔵:山西惇、山田定一:甲本雅裕、中北芳吉:辻萬長、青木ふみほか七役:田根楽子、チェリー旗ほか七役:馬渕英俚可

狂言を観た後はお昼を食べて少しお店を物色して紀伊國屋サザンシアターへ。
会場にはお花がたくさん来ていました。井上ひさしさん宛てのお花もあってびっくり。
森光子さんはジャニーズの人すべてにお花を贈っていたりするのでしょうか? 立派な蘭系のお花が岡本さん宛てにきていました。
あとひときわ目を引いたのが、画像右の佐藤浩市さんからの、お花ならぬ…葉っぱ? 花一輪もないっす。渋すぎっす。思わず写真撮っちゃったっす。
花だけではなく贈られたダンボール箱(水とかアルコールとか)まで飾ってあったのが面白かったです。普通は花だけじゃないですか?飾るの。
お芝居の感想。
太宰治を題材にしていると言うことで、きっと女話が多いんだろうなあなんて予想していたのですが、太宰の女は一切目に見える形では出てこなかったのが面白かったです。
あくまで友人と幼い頃から面倒を見てくれた中北とのかかわりを大学生~死ぬ直前まで描いたお芝居で、心中未遂などについては太宰の口から語られるだけでした。
また舞台の幕には太宰治の「人間失格」の原稿ですかね、がデザインされていたのですが、芝居が始まる前~休憩では題名が「人間失格」、そして芝居が終わったときには「人間合格」に。
どうして「合格」なのか考えながら観ていました。
自分の結論としては、他人の意見に流され課題から逃げ家に対する愚痴ばかりの大学生時代から、山田と佐藤と言う友人を得て、最後には友人の気持ちを考えた自分の意見を主張できるようになったことで、人間失格から人間合格に変わったのかな、と。
役者さん上手いし(特に山田一座が崩壊したところからの演技と空気感が素晴らしかったと思う)、ストーリーの流れも良いし、ちょっと長めのお芝居でしたがとても面白いお芝居でした。
あと余談ですが、辻さん歌上手すぎです。


■3/16:ベガーズ・オペラ(マチネ)

マクヒース:内野聖陽、ピーチャム:高嶋政宏、ロキット:村井国夫、トム/フィルチ:橋本さとし、老役者:近藤洋介、ルーシー・ロキット:島田歌穂、ポリー・ピーチャム:笹本玲奈、ミセス・ピーチャム/ダイアナ・トレイプス:森久美子、他

2回目のベガーズ。
今日は1階後ろのほうで見たんですが、舞台がそんなに高くないのに客席の傾斜が緩いので前の人の頭で舞台が見えなかったです…。見えるポイントを探すのに疲れました…
また今日は高嶋さんの楽でした。日生劇場には「満員御礼」の札が出ていました。
高嶋さんは1幕後の休憩アナウンスに登場、観客からは大拍手で出演者の方たちからも囃す声がかかりました。
その大拍手を笑っていいとものように3本で締めたんですが(観客笑い)、その後のアナウンスが面白かったです。
「トイレは『緊急事態』の方から先に行かせてあげてくださいね」とか
「『緊急事態』の人ばっかりで混んでいたら、その時は男子トイレへ!」みたいなことを言って観客の笑いを誘い、最後のオチには
「大阪では言う前から行ってました!」
2幕頭は、前回見た時はウォルター(三谷さん)がちょい遅れくらいでステージに戻ってこれていたのですが、今日はなかなか戻って来られず、トムに怒られたウォルターの言い訳は
「だってよぉ、あそこに本物のダイヤのネックレスつけた人が…」
そしたらベガーズ一座、トムまで含めて全員が舞台上そのお客さんに一番近い位置に駆け寄って
「ええっ!!」
皆さんベガーズになりきってるんですね~。呼吸完璧でした。
その後のトムの「ここにいらっしゃる中流階級の皆さんに…」とかいう台詞は、「ここにいらっしゃる中流階級の…あっ、一部上流階級の方もいらっしゃるようですが」とかいう感じに変わってました。
アドリブ満載なのが楽しいですベガーズ。
最後にトムがへそまげてエリザベス(島田さん)が追いかけて揉み合うところは前回とちょっと変わっていて、前回は舞台向かって左手の扉付近でずっともめていましたが今回は左の扉から出て行き後ろの扉から会場に戻ってきていました。
あ、あと本日のハプニング。
フィルチがミセスピーチャムにポリーとマクヒースの関係がどうなってるか聞かせろと引っ張っていかれるところ、バルコニーみたいなところに二人が入った途端、ガタガタという大きな音(玲奈ちゃんの声より大きいくらいだった)が。
飛び込んだ勢いでなんか倒したみたいです。酒瓶でしょうか? 二人とも笑ってました。
カーテンコールではもちろん高嶋さんからの挨拶が。
内野さんから「われらがお兄ちゃん」と紹介された高嶋さんは、観客の拍手を今度は1本で締め(バラエティー豊かな人だ)
「ロンドンから2駅くらい離れたXXXX(←聞き取れず)というところに黒い蜥蜴が出たので捕まえに行ってきます」
みたいなことを言っていました。お兄ちゃん三輪様のところに行っちゃうのですね。
ジョン・ケアードがぎりぎりで駆けつけたとかでカテコの舞台上にいたのですが、ジョンが言ってくれなかったらお兄ちゃんは出れない予定だったとか。途中まででもいいから出ろとか言って誘ってくれたということなんでしょうか。
他には高嶋さんの胴上げと、次からピーチャムを演じる橋本さんと橋本さんに代わってフィルチを演じる原田さんが前に出されて、橋本さんだけちょっと挨拶がありました。原田さんの挨拶も聞きたかったのでちょっと残念。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

01 « 2017/03 » 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。