blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団☆新感線「IZO」

2008/01/28(月) 01:45 その他観劇

劇団☆新感線「IZO」パンフ

劇団☆新感線の舞台「IZO」を観に行ってきました。

岡田以蔵:森田剛、ミツ:戸田恵梨香、武市半平太:田辺誠一、島村源兵衛:千葉哲也、勝海舟:粟根まこと、坂本龍馬:池田鉄洋、田中新兵衛:山内圭哉、寅之助:木場勝己、山内容堂:西岡徳馬、他

いのうえ歌舞伎どころか新感線の舞台を生で見るの自体が初めて。以前ゲキ×シネでSHIROHを見たんですが、あれはスクリーンでかつミュージカルでしたので。
キャラメルボックスの「まつさをな」で粟根まことさんは拝見していましたが、他の方はほとんど生で見たことがありませんでした。
木場勝己さんはこれまで2回(子午線の祀りとロマンス)で拝見していて、あと田辺誠一さんはお芝居じゃないんですけどサイン会で目の前で拝見したことがあります。10年位前の話ですが。
今回IZOを見に行こうと思ったのは、幕末で岡田以蔵でかつ田辺さんが出ていたためです。
サイン会の頃だとグリークスを見に行きたかったんですけど、当時まだ親のすねかじりだったので手が出ず。それ以降は田辺さん以外に興味が移っていたせいでなかなか舞台を拝見できずにいました。

「岡田以蔵」については司馬遼太郎センセの「人斬り以蔵」しか知らなかったので「人斬り以蔵」を再読してから舞台を観に行ってきました(といっても再読は当日の電車の中。短編で良かった…)
トイレの長蛇の列に並んでから会場に駆け込み席に着くと、客席のある方向を見る人たちがたくさん。ブログ検索してみたらどうも嵐の二宮和也が来ていたようです。
いくら見たいといっても、2階席からそんなに覗き込んだらいつか落ちますよ>ジャニヲタの方々
自分は役者がそっちの方向から出てくるのだと勘違いしていました…
演出はおおむね好きでした。場面が50もある台本だったそうですが、映像を使ってスムーズに場面を進行させていました。
個人的には血を噴く・血を吐く・泡を噴く演出は実際にモノ出さなくてもいいんじゃないかと思いましたが気になったのはそれくらい。あ、あと拍子木の音は結構多用されてたのでだんだん「なくてもいいよ」と思えてきました。
ストーリーは好きです。良かったです。特に最後のほう、捕縛された以蔵が半平太取調べ中の容堂公の前に突き出されたところ以降が。
「人斬り以蔵」にはなかった、「救い」がありました。武市にも、以蔵にも。
だけど時々入れる意味が分からなかった場面もありました。龍馬が以蔵に勝の護衛を頼む時の短筒使用場面と、以蔵が商人を殺さず目だけを斬って潰す場面。その直前までの場面を入れた意図は分かったのですが、先に挙げた場面はなくても良かったような気がします。

以蔵役の森田剛さん、ハマリ役ですね。
残忍な人斬り場面は多々ありましたが、自分の頭の中に残っているのは上士やら武市やら容堂やらの前で小さくなって土下座して震えながら話している以蔵の姿ばかりです。
自分よりも偉い人に対する以蔵のしゃべり方がずっとたどたどしいと言うか、進歩していかない(ある意味一本調子な)ところは、武市への忠誠心と剣術以外(学問や世の中の流れなど)のものを学ぼうとしていない以蔵の姿を現していて良かったと思います。
どんなにいい身なりをしても、ずっと哀れな男でした。
声がかすれ気味だったのもこの役だから合っていたと思います。
処刑台に向かう道すがら、満作の花に気づいて「自分は人間だった、どんなに頑張ったって天には届かない、ずっと山だけを見ていれば良かったのに」という感じのくだりは最初のほうより声がかすれていた様に思いますが、犬のようにきゃんきゃん吠えて、吠えまくって、最後に「自分は犬でもなんでもなく人間だ」と気づいた時にはもう、吠えすぎて人間の言葉が満足に出なくなってしまったかのようにも思えました。
しかしすごい運動量です。走り回る場面が多いし、走らない場面でもいちいちオーバーアクションで多動。まさに犬。

武市役の田辺さんは、自分の想像していたのとちょっと違っていました。
まず声。随分胆の座ったような声でした。田辺誠一の声とはかなり違ったように思います。
そして見た目。相変わらず背は高いですが、以前ほどのオーラはなかったような。年を取ったと言うのもあるでしょうし、またパンフを見るといくらか太ったようなのでそのせいもあるかもしれません。
最近彼の出ているドラマなどを見ていなかったので姿を久しぶりに見たのですが、少々寂しい気持ちがありました。
あとは脚本になりますが、武市のキャラクターが自分が思っていたよりも体育会系だったので違和感が。もう少し口が立つ系かと思っていたので。でもこれは自分の先入観のせいなので自分が悪いですね。
容堂公の詮議中、以蔵が「(吉田東洋暗殺を)命令したのは天だ、自分の天は武市で武市の天は容堂で容堂の天は徳川、しかし天は動く」と言って引っ立てられて下がった後の、自嘲するような笑みが良かったです。
自分は容堂の「犬」に過ぎなかったこと、自己の考えを持たず先生先生と自分にすがり付いていた「犬」の以蔵が最後に自分より先に(?)世の中を悟ったことを嗤っているようでした。

ミツも意外と良かったです。
ライアーゲームでの戸田さんはあまり好きでなかったのですが、よくよく考えるとナオという人物が嫌いだったのかも。以蔵に侍を辞めて一緒になってくれと縋り付くところは泣けました。初舞台とは思えなかったです。
それから、和装が似合っていたのも意外でした。町娘役とか似合いますよ。
坂本龍馬、かなり好きです。
この人医龍に出てたキモイ人じゃないかしらと思いつつ見ていたんですがやっぱりそうだったんですね。龍馬もあの時代の人としたら十分「キモイ人」だし面白い配役でした。
踊るシーンも笑いのシーンも、乞食同然の身なりで吉寅に駆け込んできた時も龍馬の陽の気に満ちていました。同じ乞食でも、最後の以蔵の乞食同然の格好とは全然雰囲気が違う。この二人は生き方も正反対で性格や雰囲気も正反対ですね。
粟根さんの勝はちょっと出番が少なかったし眼鏡もなく少々残念だったのですが、勝以外の役でちょこちょこ眼鏡姿の人物を見たのでまぁOKかも。
公知卿とのシーンなどでのネタは相変わらず面白かったです。
西岡・木場両氏は貫禄があってさすがでした。木場さんの声と台詞の溜めが好きだーと実感。西岡さんは一癖も二癖もある容堂公をただの嫌なヤツではなく一回りも二回りも上手の相手として演じられていたように思います。
千葉さんの島村は見ている間はどの人物だか分かりませんでした…。知らない人物だったのが痛いですね…
新兵衛役の山内さんも良かったです。特に、以蔵が勝の護衛をしたことを責める所が良かった。
武市が以蔵を責めたのは明らかに八つ当たりっぽかったですが、新兵衛が以蔵を責めるところは師と仰ぐ人物の心中を察することが出来ない以蔵とその行動への強い怒りが見えた気がしました。
公知卿暗殺の嫌疑をかけられて自分の差料を出された後の潔い最期も、以蔵の最期と対照的で印象的でした。
山内さんは、粟根さん橋本じゅんさん中谷さとみさん同様に月華の剣士の声優さん(刹那役)ということで名前を知っていたのですが、思っていたより可愛い系入ったイケメンだったのでちょっと驚きました。しかしこの顔で弁髪(Wikipediaで見た)なんですか…

それからカーテンコール時にスペシャルなことが。
いきなり「♪だーりんだーりんわっかっんっなっいっ♪」という音楽が聞こえると一部観客の黄色い歓声とともに幕が開いて、白スーツの人物がV6の歌に合わせてダンシング。
歓声と音楽に戸惑いつつも「うわージャニーズ使うとジャニーズの若手が出てきたりするんだ、ジャニーズすげぇな(嗤」なんて思っていたところ、幕が少しだけ降りてきて

中谷さとみ 罰ゲーム中

噴きました。確かにオペラグラスで覗き込んだら女性でした。ジャニーズじゃなくて中谷さんだったのね!(ジャニーさんすいません)
1/10初日に1幕21場?だかで出トチリをしたので罰ゲームになったのだとか。彼女の役で出トチリしたら笑える役が笑えなくなるから駄目でしょうねー。
途中から他の出演者が手拍子しつつノリながら出てきて舞台に勢ぞろい。一緒に森田さんが踊り始めたらもっと面白かったんですけど、さすがに踊りませんでした。
曲の最後には土下座状態で「本当に申し訳ありませんでしたーっ!」と一言。
しかしいつからこの罰ゲームがあったんでしょうか。もし毎日させられているとしたら面白…いやかわいそ過ぎるような。
でもこの罰ゲーム、個人的には粟根さんで見たかったです。踊りまくる粟根さん…想像しただけで絶対面白いわ!

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

07 « 2017/08 » 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。