blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスダンスのスピンのレベル判定

2007/12/05(水) 02:12 フィギュアスケート

12/03のエントリでアイスダンスのデロベル/シェーンフェルダーのスピンの得点について、「コンビネーションじゃなかったりLv2だったりであまり点数になっていません」と書いたのですが、間違ってましたね。
フィギュアスケート資料室さんによると、SpもCoSpも配点は一緒でした。レベル判定が違うだけ。

デロベル/シェーンフェルダーの場合はイザベルがキャッチフットとI字の難しいポジションをやっていますが、オリヴィエは体が硬いんでしょうか?
フリーレッグを前に出す難しい姿勢のシットスピンをやっているんですが、少々腰が高いですね…。Lv2判定なので難しいポジションとして取ってもらえていないことになりますか。
体が硬いんであればオリヴィエが何とかしてキャメルスピンをマスターしたほうが良さそうな気がしました。
オリヴィエはスパイラルは出来ていたので、回れればキャメルはできそう。それ以外の難しいポジションはイザベルに頑張ってもらう…。
アプライトの難しい姿勢は柔軟性が要求されるものばかりで女性にしか出来なさそうなのがつらいところですね。
あとスピンの種類は途中で反動をつけられるのでコンボの方が楽なんじゃないかしらと思いましがどうでしょうか。
キャメル+シット(フリーレッグ後ろとか)→シット+キャッチフット→足替え→アップライト+スプリット(I字)
これで一応Lv4になりそうですが…流れがイマイチ?
シットの難しいポジションもイザベル分担になるし、難しそうです。

でもリズムコンビネーションODを見直すと、オリヴィエちゃんとフリーレッグを前に出すシットポジションで深くしゃがめてますね…。
この頃のポジションに戻せればいいんですけど。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

10 « 2017/11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。