blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/13京都観光

2007/10/15(月) 01:46 雑談

京都を1日だけ観光してきたのでその写真と簡易メモ。
泊まったホテルは三井ガーデンホテル京都四条。大浴場があり客室内の雰囲気も良くアメニティやその袋もちょっとセンスがいい感じ。
出張で既に疲れきっていたので、大浴場や風呂スペースにあったクイックマッサージ(10分1000円)や無料のマッサージチェア、無料の今日のお水(自分の時は美山水でした。地元の方の好意で分けてもらっているのでなくなり次第終了だそう)が良かったです。
自分の泊まった部屋はシングルBで\10300。フロントの方に爪切りやスプーンを持ってきてもらったりとかなり良くして頂いたし、お部屋や設備も良かったのでこのお値段なら満足です。
部屋には空気清浄機が備え付けられているので、辛い花粉症の季節にも嬉しいですね。

真如堂

京都駅に荷物を置いてまず最初に向かったのは真如堂
紅葉で有名なお寺ですが、自分の目当ては枯山水庭園の涅槃の庭です。
しかし、そこそこきつめの坂道を登って真如堂に着いたら本堂前に「本日行事のため拝観中止」との立て看板が。
…今日読経会だかがあるのは知っていたのですが、まさか拝観中止になるとは考えもしませんでした…
仕方がないので庭は諦め、ちょっとだけ色づいた木々を見つつ幸先悪いなーとか考えながら次の場所へ。

金戒光明寺 金戒光明寺 金戒光明寺 金戒光明寺 金戒光明寺 金戒光明寺

続いては金戒光明寺。幕末に京都守護職が出来た後、会津藩の屯所が置かれていたところ。
会津藩士の墓所もあったのですが、こちらは見に行きませんでした。曲がるべきところを通り過ぎちゃったんで。
ここは拝観料が無料で、敷地が広くいろんな院とかがあったのでコストパフォーマンスがなかなか良かったです。
本堂内には阿弥陀様かな?の絵があり、手の平から細い布を縄のようにしたものが出ていて、鐘の脇に置かれた撥に繋がっており「やさしく鐘を叩いて阿弥陀様と繋がりましょう」みたいなことが書いてありました。
とりあえず叩いて来ました。これで来世も安泰。
久しぶりに畳に上がったら何だかほっとしました。

永観堂 永観堂 永観堂 永観堂 永観堂 永観堂

そこそこ歩いて永観堂。迷いつつやっと到着。こちらも紅葉で有名なところ。
堂内には「みかえり阿弥陀」という像が置いてあって、その注釈がなかなか良かったです。サイトによると
「自分よりおくれる者たちを待つ姿勢。 自分自身の位置をかえりみる姿勢。
愛や情けをかける姿勢。 思いやり深く周囲をみつめる姿勢。
衆生とともに正しく前へ進むためのリーダーの把握のふりむき。
真正面からおびただしい人々の心を濃く受けとめても、なお正面にまわれない人びとのことを案じて、横をみかえらずにはいられない阿弥陀仏のみ心。」
とのこと。
その他はちょっと見所が少ないかもしれません。紅葉で有名=他に見るところがないってことですかね…

ここでお腹がすいたので先にお昼に。「小径庵」というお店へ。
少しお年を召したご夫婦でやっている小さなお店で、メニューが「季節のご飯膳」しかなかったため正直「もしかして失敗したかなー…?」と思ってしまったのですが、これが大ハズレ。
全体的にとても美味しかったです~。
ご飯、鱧のお吸い物(かぼす?の皮入り)、かつおのわさび醤油和え、イカの大葉和え(?)、里芋の煮物、大根のような野菜の煮物、葉物野菜(何か分からず)の胡麻和え、鱧と海老の天麩羅、お漬物。
海老はちょっと固めだったけど、ちょっと苦手気味なイカの刺身が青紫蘇のおかげですごくさっぱりしていてびっくり。里芋の煮物は味の沁み具合と食感がとても好み、かつおはわさびがちょうどいい加減。お吸い物もかぼすの香りが良かった。
京のおばんざいという感じでどれもやさしいお味でした。

南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺 南禅寺

次は南禅寺。お目当ては枯山水庭園と水路閣。
南禅寺の三門が石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」なんですね。拝観料を払えば上れるようになってました。自分は目当てと違うので回避。
水路閣は思ったよりも大きかった! そして赤レンガのこの色合いがすごーく好みです。
お庭の方はすごくたくさんありました。枯山水庭園だけでいくつ?南禅院の含めて4つくらい?あと回遊式庭園もありましたし。

天授庵 天授庵 天授庵 天授庵 天授庵

天授庵。南禅寺塔頭の1つです。
入って正面にある建物の方に歩いていくと額縁の庭が…!
見たかったんですが、ここの中は公開していないんだそうです。公開して欲しかった…ここにつられたのに…
池泉回遊式庭園は、池の中に飛び石があったりする部分が平安神宮神苑に似てますね。板を渡すのにも飛び石みたいに曲げて繋げているのがいい感じ。
枯山水の庭園もありました。

金地院 金地院 金地院

次は金地院。目当ては小堀遠州の鶴亀の庭。
鶴亀の庭はちょっと雑多な感じもします。石が多いせいかしら。
それよりも東照宮という建築物の風化具合が好みでした。

無鄰菴 無鄰菴 無鄰菴

少し歩いて無鄰菴へ。山県有朋の別荘。
幕末めぐりの一環として南禅寺から近かったから寄ってみました。
庭の設計は「あの」山県本人が「水のない庭は庭にあらず」と言って作ったとかで、枯山水好きの自分としては全然期待していなかったんですが、予想外にいい庭でびっくりしました。
洋館や茶室などもあり、洋館内には無鄰菴会議(伊藤博文らと日露戦争あたりの外交を相談してたらしい)を行ったテーブルとソファ、そして山県愛用のソファだったかな、が展示されていました。
フラッシュ禁止とのことだったので、ボケた写真になってます。室内はかなり暗かったです。

八木邸

洛中に移動して新選組関連史跡めぐり。
まずは八木邸。新撰組屯所跡としてあまりに有名。
10年位前にこの辺に来たときは八木邸は人が住んでいたため公開されていなかったような。今はいつでも見られるんですね~。
芹沢鴨暗殺時の刀疵と蹴躓いた文机をガイドさんの案内つきで見てきました。ガイドさんの説明が微妙に間違ってるところはご愛嬌でしょうかね(札幌の五稜郭って…ヤバかろう…)
思ったよりも狭くて驚きました。この広さに芹沢一派+八木さんのご家族が住めたんですか。
芹沢暗殺時、隣の部屋に寝ていた八木さんのご家族のうちお母さんは何だか隣が騒がしいなと思っていたらしいですが子供たちは熟睡していて、そこに血みどろの芹沢が文机に蹴躓いて子供たちに覆いかぶさるように倒れてきたんだそうです。お母さん真っ青になって子供二人抱えて逃げたんだそうな。災難ですね…
というか、どこの馬の骨やら分からん浪士たちと同じ屋根の下で暮らせる八木さんってすごいわ。

新徳寺

次に新徳寺。浪士組が上洛すると清川八郎はここに浪士たちを集めて尊皇攘夷を大演説、山岡鉄州さんその他幕府のお役人が青くなったところ。
法要か何かやっていて中をちょっと覗き見れました。非公開。

壬生寺

壬生寺は、これまた10年くらい前と変わっていたような。以前は阿弥陀堂なんてなくて、近藤さんの像や隊士のお墓にすぐ行けたもんだけど…
今は阿弥陀堂を通り抜けないと墓所にいけなくて、通るには100円払わないといけないんだそうな。世の中金なのか、それともよっぽどイタタな新選組ファンが押し寄せたのか…うーむ。
墓所の公開時間を過ぎていたので墓所には行けず。寺の閉門時間と一緒じゃないのね…
新撰組の修練や沖田総司が子供たちと遊んでたので有名ですね。あと壬生狂言。

前川邸

最後は前川邸。近藤土方沖田など近藤一派が住んでた。
土日祝などだけお土産を売ってるんだそうな。その他の日は非公開。
前川邸はいろいろ人が死んでたところなので案内板もなんだか物騒。古高俊太郎拷問の蔵とか、この辺で原田左之助が楠小十郎斬殺したとか、山南敬介切腹の間とか野口健司切腹の間とか…
八木邸は芹沢暗殺くらいしか血は流れなかったそうなのでかなり違いますね。
お土産物としてポストカードセットが売っていたんですが、その中の蔵の写真、人を吊るせそうに丈夫そうな縄が天井からぶら下がってるんですけど…
拷問の雰囲気を出すためなんでしょうけども。ちょっとなんか…生々しいというか…吊るされてみる?
また三谷幸喜・山南役の堺雅人・沖田役の藤原竜也・土方役の山本耕史のサインあり。山本さんなんてだんだらと洋装と2種類ありましたよちょっと。三谷さんのサイン、「谷」の文字が顔みたいになっててかわいかったです。

彼岸花 水鳥さん発見

おまけ。
1枚目は南禅寺に行く途中の学校のところで彼岸花発見。川を見たら沢蟹がいたし(写真撮ろうと思ったら隠れられた!)この辺は自然が綺麗に残ってるんですねぇ。
2枚目は南禅寺で水鳥さんの記事発見。三色キリギリスもすごい。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2017/07 » 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。