blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07体操世界選手権

2007/09/12(水) 00:59 体操

シュツットガルトに体操の世界選手権を見に行って来ました。
出発直前にドラグレスクが出ないらしいと言う情報を友人から聞いて、正直テンションが下がっていたのですがとても楽しかったです。
ドイツは既に秋の気候だったので、日本に帰ってきたらすごくムシムシしていて倒れそうでした。

日本選手では何と言っても水鳥さんがすごかったですね~。AAや鉄棒の種目別はメダルあるかもと思っていましたが、まさかゆかまでメダルを取ってしまうなんて。
会場でオーロラビジョンに点数が出て
「見て!水鳥さん3位?…3位!?…3位だよー銅メダル!!」
あまりにびっくりしすぎて何が何だか。ドラグレスクもシューフェルトもいないゆかは正直ちょっと味気なかったですが、その風を味方につけてメダルを獲得してしまう水鳥さん。運も実力のうちですよね。
冨田さんはいい意味でも悪い意味でも驚きました。団体でこれまで見たことがないくらいの笑顔&ガッツポーズがやけに多いと思っていたら翌日のAAと種目別2日目はとても調子が悪そうで。
ゆか・あん馬の調子が本来のものではなくて24位まで順位を下げたのに、平行棒終了後に水鳥冨田で4位5位だったのを見た時はとてもエキサイトしました。
残り鉄棒だったら二人とも表彰台いけるんじゃない!?…あっでも僅差で6位にハンビュッヘンがー団体の調子だとハンビュッヘンに一番点数出ちゃうよーうわーどうなるの!?…という感じで。
でも冨田さん、エレガントな賞(?)を取れてよかったなぁと思います。これまでこういう賞があるのは知らなかったですが、冨田さんが選定されるのなら納得します。
鉄棒落下時に腰の辺りを気にしていたっぽいのが少し気になります。痛めたりしていないといいのですが。
個人的に残念だったのは沖口さんの種目別ゆか。あそこまで着地が決まらないと点数は出ないですよね…。本来の力を出していたら、もっと上の順位を狙えただろうなと。残念です。
中瀬さんと桑原さんはNHK杯の順位からすると不本意な成績でしょうね…。桑原さんは平行棒、中瀬さんはゆかで種目別決勝に残って欲しかったなと思いました。

外国の選手は、見たかった選手No.1のドラグレスクが出ていなかったのが残念だったのですが、見たい選手No.2の肖欽とNo.3のハンビュッヘンを見れたのは楽しかったです。
肖欽はやっぱりすごかったー。確実に他の選手と別次元。見とれました。
ハンビュッヘンはさすが地元ドイツ、声援がすごすぎです。他のドイツ選手にも上手下手関係なくものすごい声援が飛ぶんですが、彼のときは段違い。
ハンビュッヘンはほとんどの場合は声援に応えていたんですが、ある時「静かにして、鉄棒まだ演技中だから」と言うようなジェスチャーをして声援を自ら静めていました。冨田さんがあん馬落ちたときも背中ぽんぽんぽんぽん叩いて慰めていたりしたし、ハンビュッヘンはとてもいい人みたいですね。
他の選手ですごいなぁと思ったのは吊り輪の陳一冰と跳馬の程菲。
陳一冰はなんといっても十字倒立がとても綺麗。優雅さすら感じるくらい。 他の人たちは頑張って十字倒立やってます、って感じを受けるんですけどね~。
他の技もきちんと正しい姿勢で止まっている様に見えましたし、とても綺麗でした。
程菲は1本目の跳躍がすごかったです、高さが!
高さがあるのでひねりにすごく余裕があって、難しい技だと感じませんでした。価値点6.5の難しい跳躍だったんですけど。

また、個人的には2年前の国際ジュニア(感想記事はこちら:1日目2日目)を観に行っていたので、その時に来日していたドイツのボーイ選手とウクライナのイサイェフ選手にも注目していました。
ボーイくんは今年ハンビュッヘンと一緒に個人総合決勝に残っていましたね。何だかそれだけで感慨無量で。
団体では吊り輪にエントリーされていて、2年前は吊り輪きつそうだったのに上手くなったんだなぁとか、ちょっと感動しました。
ボーイボーイと言っていたら友人から「バトルくんと言いボーイくんと言い好きな選手の顔の系統が似てるんじゃないの」とのツッコミが。
確かにボーイくんの今の髪形は数年前(エルガーチェロコンの頃)のバトルくんの髪形に似てるかもですね。眉毛とか目とか口とかもバトルくんに似てるでしょうか?
イサイェフ選手は団体でウクライナが残っていなかったので種目別跳馬でしか見られず少し残念でしたが、2本とも価値点7.0の跳躍を揃えてきていて驚きました。2年前はローチェ尻餅だったのになぁとか。
友人の話だと昨年の世選では7.0跳躍は1本のみだったそうなので、今年は2本目も価値点7.0の技をマスターしてきたんですね。

ドイツの観客は、ドイツの選手にはものすごい歓声を贈るんですけど、他の国の選手に対しても大きな拍手を贈っていました。
一部ハンビュッヘンがらみでやりすぎ感があるところもありましたが、総じていい観客だなぁと思いました。
演技に対する反応も素直というか。素晴らしい(もしくは派手な)技には沸くし、落下などで失敗するとため息とともに頑張れの手拍子開始。
またドイツの方は親切な方が多かったです。わからなそうにしてると英語で話しかけてくれて助けようとしてくれる。
以前大学でドイツ語とってた時、先生に「ドイツ人英語話しませんからねー英語とドイツ語似てるけど話しません」と言われていたので、店員さんをはじめとして英語を話す方が結構多いのに驚きました。日本じゃこうはいかないですね。

会場 宮殿広場のメダルセレモニー会場 宮殿広場のバルーン ハンビュッヘン?の車は見るたび位置が変わる タダでの貰い物一覧 10日の地元紙 プログラムと世選特集誌? プログラムと世選特集誌?の中身

写真をいくつか載せます。
1枚目:会場入口。ポルシェのロゴがまぶしい。ちなみにシュツットガルト中央駅にはベンツマーク入ってます。
2枚目:新宮殿前にある宮殿広場のメダルセレモニー会場。競技会場ではフラワーセレモニーのみでした。これいいですね、知らない人でもタダで表彰式が見られるから、選手を一般人にも覚えてもらえそう。
3枚目:セレモニー会場付近にあった世選のアドバルーン。宮殿広場はたくさん出店が出ていて、DTBポカールのDTBとかのブースもありましたね。市をあげて世選をサポートしているのか、駅をはじめあちこちで世選関係のものを見ました。
4枚目:NHKの特設サイトのアナウンサーレポートにもあったハンビュッヘンらしき人形を乗っけた車。見るたび置いてある場所が違います。
5枚目:会場ではたくさんのものがタダで配られていました。TV放送で鳴り物が鳴っていて驚いた人もいると思いますが、ホイッスルやマラカスはタダで配ってました。写真ではハンビュッヘンカードを載せていますが、彼のポスター(跳馬とあん馬で2種類ある)もタダだったそうです。他にもラムネ?やら袋やら旗やらもうとにかくタダで配りまくりです。
6枚目:10日に買った地元紙です。いろんな新聞でファービーフィーバーになってました。1面広告に体操選手ってすごいですよねぇ。
7枚目:世選のプログラムと、世選特集誌(?本屋で見つけて買った)みたいなものです。ドイツすごいです。プログラム、ドイツチームばっかり載っているという不満は多少あるんですが、何と1部たった1ユーロ。しかも大会終わったらタダで配られたみたいで。ドイツすごい。
8枚目:プログラムと特集誌らしきものの中身。前述のようにプログラムは日本選手少ないです。冨田さんがちっこく載ってるだけ。特集誌は割といろんな選手が載ってました。ドラグレスクもいたー。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

09 « 2017/10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。