blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champions on Ice 新潟公演

2007/06/17(日) 23:56 フィギュアスケート

6/16Champions on Iceに行って来ました。
新潟は、日差しは結構強かったんですが気温はそんなに高くなくて、風があったこともあり日陰にいると半袖では少し寒いような感じがするくらい。過ごしやすい天気でした。
先に東新津にある「花水」という温泉に行ったのですが、温泉もよくお風呂の種類もよく(メディテーションバスがぬるま湯のジェットバスで気持ちよかった)、レストランも美味しいしお昼寝処やリラクゼーションルームなどの施設も充実していて良かったですよ~。
マッサージやエステなども充実していたし、あれだけコストのかかりそうな施設をよく維持できるなぁと感心しました。

Champions on Iceの感想です。
スケーター以外の感想では、やはり席の作り方への不満がたくさんです。 スタンドSSに座っていたんですけど、席についた瞬間出た言葉が
「遠い!足元見えない!」
でした。傾斜がなだらかすぎて全然足元(というか膝から下?)が見えません。
アリーナ席とスタンド席の間に広い通路がとってあるにも関わらず、足元が見えないって一体どんな傾斜の作り方してるんだよ!と不満たらたら。
で、広い通路がとってあるから遠いんですよ。リンクが。
スケーターの感想は以下です。

ステファン・ランビエール
ブリティッシュエアウェイズのロストバゲージで(会社名まで出しちゃって良かったんでしょうか…)出場が危ぶまれたけれど出演を決めたというランビエール、何もかもが借り物、とのDJの話。
スケート靴はペトレンコからの借り物。 ただしオープニング(多分フィナーレも)はスタッフの予備靴で、2サイズも小さい靴だったとのこと。
ベストはペーゼラさんからの借り物。
その他の衣装は振り付けもしてくれたナジャロさんからの借り物。
靴下だけは自分のだそうです。
他人の靴を借りて、難易度を下げるとはいえ競技用(しかもFS)プロであるフラメンコを滑るというのには本当に驚いてしまいました。
ぶっちゃけ、自分の靴履いててもヒヤヒヤするくらいジャンプの着氷危ないのに他人の靴なんて履いてジャンプ跳んで怪我なんてしたらどうするんだ!…と最初思いました。
でもそんなリスクがあることはランビエール自身が一番よく分かっているはずですし、そこまでのリスクを承知の上で日本のファンの前で滑ってくれるというなら、どんな出来でも盛り上げていくから来い!…と。とても嬉しかったです。
競技会と比べたらジャンプの難易度は下げているし振り付けとかもきっちりはされていなかったように思いますが、ジャンプはトリプルも跳んでいたし高速スピンは相変わらず速く、ポジションチェンジも問題なさそうにこなしていました。 言われなければ他人の靴を履いているとは思わないくらいの出来だったと思います。
演技終了後は結構スタオベが出ていて(この回で一番出ていたかなぁ)、特に東側アリーナ席のスタオベが多かったので、引っ込む際にはわざわざ東側を回ってファンの近くで愛を振りまいてからバックステージに消えていきました。
自分も東側にいたのでランビエールの満面の笑顔を見られて良かったです。
衣装は、シャツがなかったのか上半身はベストのみだったでしょうか、腕が見えていました。
ランビエールは上半身が薄いという印象があったのですが、腕や肩の筋肉はかなりついているんですね。
ただペーゼラさんからの借り物ベスト、前が赤で後ろが黒と本来の衣装よりも赤の面積がだいぶ多かったので
「てんとう虫カラーだ…」
と思ってしまいました。さすがランビエール、だんだんてんとう虫に近づいていっている…
ジョニー・ウィアー
ジョニーのプログラム、とても綺麗でした。
今シーズンは男性らしい強さとかを出したプログラムを滑っていましたが、昨シーズンまでの路線に戻った感じです。
個人的には1プロ目の、前半部分が好きです。綺麗な動きや多彩なスケーティングが堪能できるように思いました。
2プロ目は…その…寝転がられると見えな…
ヴィクトール・ペトレンコ
ペトレンコは役者ですねー。ホントペト様すごいです。
1プロ目は「Fly me to the Moon」。思わず織田くんを呼びたくなりましたが、ペトレンコのプログラムは織田くんのそれとは雰囲気が少し違いました。
大人の男性がちょっとお茶目に滑っていると言う感じ?…上手く言葉が見つかりませんが…。
2プロ目は面白プロで。最初馬に乗ってるみたいな感じでのろのろ滑り出して笑ってしまいました。
「馬だ…!」って。スケートであれだけ馬に乗ってる感じを出せる人もあまりいないだろうなぁ。
カウボーイかなーと思いつつ見ていたら、ピストルをバンバンと四方八方に撃つ振り付けが。ガンマンだったのかー。
どんな演技でも上手くこなしてしまうのはさすがはペトレンコだなぁと感心してしまいます。
コミカルなのもシリアスなのもしっかり魅せてくれますね。
自分としては、シリアスにシンプルにスケートしているペトレンコが好きなんですけれど。技術がしっかりしているし、他のスケーターではまだ出せない大人の男性の雰囲気があるので。
本田武史
PIWよりもさらにこなれたでしょうか、ゴッドファーザー。
でも他のスケーターのプログラムが良かったので、印象はちょっと薄いかな…。イーグルをたくさん見せてくれる所はいいんですけれど、他はどこを見たらいいかまだ良く分かっていません。
高橋大輔
大ちゃんは今回新EXになるというので楽しみにしていました。
曲はなんだか分からなかったのですが、前に村主さんがボール使ったシルクドソレイユのプロをやっていましたけれど、ああいう感じの少し不思議な感じのものでした。
今までのエロエロ路線(と書いたら怒られるでしょうか)とは違ったプログラムで、おっと思いました。
あの路線のみでずっと行かれるとちょっとついていきにくいなと思っていたし、それに大ちゃんの表現力はもっと違う方向にも伸ばせるのではと思っていたので。
これから滑り込んでいくと面白いEXになりそうです。
SlStとか面白そうなステップ踏んでいたんですけれど、その…足元が…見えな…がっくり。
あと衣装が既視感バリバリで苦笑い。友人から、大ちゃんは衣装あんまり持ってない、と聞いていたのですが、まさかここでもキャンベルの衣装(トリノの練習着ですか)を見ることになるとは思いませんでしたよ。
気になるオフシーズンの髪形は、さっぱり目で茶髪でした。去年に比べたら、普通ですね。
荒川静香
1プロ目は蝶々夫人。
最初に布をたなびかせる部分、ナジャロさんが手伝ってました。ナジャロさん何やっても様になるよ…かっこいいよ…
衣装も布が靡くようになっているし(特にスパイラルのときが綺麗、荒川さん大きいし)、綺麗なプログラムですね。
2プロ目って何でしたっけ。何故か記憶が薄いのですが、アメリカっぽいプロだなと思った気がします。何だこの感想…何を見ていたんだ…
演技前の拍手は一番多かったです。またイナバウアーの時に一般人の頭がぐらぐら揺れてて面白かったです。見えないのよね、下の方。
村主章枝
1部のトリ。PIWと同じで、キャバレーでしょうか。
やっぱり衣装が綺麗だったのでまじまじと見てしまいました。そしてスパイラルも綺麗。
あと個人的には、群舞に混ざっている村主さんが全然違和感なくて良かったです。以前COIに参加していただけありますね。
スルヤ・ボナリー
ボナリーも衣装が綺麗。スパンコールがたっくさん。
バックフリップが一般人にも受けてましたね。 相変わらずジャンプ力とか落ちてなくてすごいです。
井上怜奈/ジョン・ボールドウィン
怜奈ちゃんがとても綺麗で感動しました。
なんとも表現しづらいんですけど…スケーティングなどが綺麗なことももちろんなんですけど、今まであったいろいろなことを乗り越えてきて、ペアという高度な技術を要する競技にも関わらず30歳過ぎても第一線にいるというのが本当にすごいなと。スロー3Aとか跳んじゃうんですからね。
演技見ながらそんなことを考えていました。すごくすごく、綺麗でした。
カザコーワ/ベルナディス
今日のために組んだ、と言っていた気がします。今回のCOIだけのペアなのでしょうか。
カザコワは、以前のFantasy on IceとかPIWとかでドミトリエフと組んでるのを見ていたのですが、ペア解消しちゃったんですかね?だとしたらなんだか寂しいです、マトリックスとか好きだったのに…
見ていて思ったんですが、やっぱりペアは即席で組んでできる競技ではないですね。
滑っているのを見ると、二人とも技術があるのは分かるんですけれどどうしてもダイナミックなものは息が合わないと…。
オーバーヘッドのリフトなんかはカザコワのどこを支えたらいいか手探りしているのがわかって、結局上手く上げることが出来なかったんですけれどカザコワを落とすんじゃないかととても怖かったです。
バレリア・ミニック/ヴィクトール・ミニック
アクロバットの組。
この組は初めて見ました。いつも見てたのはベセディンたちだったので。
女性と男性のペアということで、アクロバット技を入れつつも結構ペアっぽい感じがしました。
ネタっぽさはベセディンたちほどはないので、うまく棲み分けられてるなぁと思いました。
2プロ目、最後の男性の格好が面白かったです。ちょっと反応には困るけれど…(^_^;
アルベナ・デンコワ/マキシム・スタビスキー
1プロ目は椅子を使った今シーズンのEX。
今まではTVで見てただけで生では見たことがなかったんですが、何度も見た気がしてしまいました。結構TV放送にのったんですねぇ。
スタビスキーの椅子の戯れっぷりが面白かったです。退場時も椅子に乗って退場。
2プロ目はバランスボールを使ったプログラム。
えー…、だから、そのー寝られると見えな…
マリナ・アニシナ/グウェンダル・ペーゼラ
ペーゼラさんは2プロとも東側客席からの登場で、前のスケーターが滑ってる間に係員に連れられてやってくるのでペーゼラさんが気になって気になって仕方がなかったです。
シルクハットにステッキ姿とか、フラメンコ姿でやってきてフラメンコの振りやってたりとか…ペーゼラさん気になるよ…
いい加減緑のストールを使ったプロは飽きたので違うのがいいなぁと思ったら、1プロ目は初めて見たもので2プロ目が以前見たフラメンコのものでした。
1プロ目はちょっとコミカルなものが入っていたのですが、アニシナさんが悪魔でペーゼラさんが宣教師のプロとはまたちょっと違ったコミカルさでした。
途中でペーゼラさんが上脱いで素肌にネクタイ+ジャケット?になったので、やっぱりフランス人は脱ぐのねー(とうとうペーゼラさんまで…)と思ってしまいました。
2プロ目はフラメンコ、最初アニシナさがトランプだかタロットカードとかを使っている部分、ナジャロさんが絡んでました。そこにペーゼラさんが「オーレ!」とやってきて、アニシナさんと滑り始めるという演出。
ナジャロさんここでもやっぱり大活躍。以前見たことのあるプロですが、雰囲気が変わって面白かったです。

他に面白かったのは、シルクドソレイユとかに出てきそうなお兄さんのアクロバット演技。
演出が同じ去年のCOIにはいませんでしたが、今回は連れて来たんでしょうかね。
上からたらした2本の布や、上からぶら下げたフラフープを使って空中アクロバットを展開していました。
このお兄さん、体型がすごいです。何頭身?ってくらい頭が小さい…。きっとロシア系なんだろうな。
あとはいかにもバレエベース、と言う感じで各ポジションがとても綺麗。フィギュアのスパイラルっぽいポジションとかも取っていたのですが、下手な女子選手よりも随分綺麗なポジションで見とれました。
自分はヤグディンファンなので、2本の布使うアクロバットを見てSOIでヤグディンもこれっぽいのやってたはずだよなぁ(写真しか見たことないけど)…とヤグディンを思い出してしまいました。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2017/07 » 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。