blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07Carnival on Ice1:漢なら黙ってモヒカン

2007/05/03(木) 00:21 フィギュアスケート

5月になったのでカレンダーをめくったら今月はバトルくんでした。新サムソンとデリラ&Sing×3の衣装、懐かしいなぁ。

さて、ジャパンオープンGALA、Carnival on Iceの放送は明日からです。
05/03(木)12:00~13:55 テレビ東京系列6局ネット
05/19(土)21:00~22:55 BSジャパン

放送を見る前に、生で会場で見ただけの状態でのCarnival on Iceの感想を二人分ほど認めておきたいと思います。
TV放送で細かいところが見えたら感想変わっちゃうかなと思うので。
Carnival on Ice、個人的に印象に残ったものベスト3は以下のようになりました。

1:モヒカンバトル
2:ジュベールのワルツと衣装
3:マイヤーのメモリー

上位2つについて以下にメモしておきます。
あ、3位のマイヤーのメモリーにちょっとだけ触れておくと、とにかく美しかったんです。
衣装が美しい、髪形もいつもと違っておろしていて美しい、ポーズが美しい、というかプログラム自体が美しい、そしてマイヤー自身も(今更書くのもなんですけど)美しい、とにかく必見。
これまでメモリーと言えば荒川さんのメモリーがとてもキレイで好きだったんですが、マイヤーのメモリーはそれに勝るとも劣らない素晴らしいプログラムでした。

まずはジェフリー・バトル選手。
オープニングで皆が2人くらいずつ組んで同じ技をやったりするところ、ジュベールとともにフェンスの陰に隠れるように腰をかがめながらスタート位置につくバトルくんを見て
「また今回EX用の衣装持ってきてないよー」
と思ってしまいました。FSの衣装そのまんまだったので。

1部で出てきたバトルくんはやはりFSのままの衣装で、きれいなプログラムを滑っていました。 「go the distance」というプログラムなんだそうですね。
確かにキレイなプログラムだったんですけど、自分なんでだか分からないのですがイーグルとか見逃してて(友人が「きれー」とか言って初めて分かった)、なんだかあまり記憶がないのです。
モヒカンが見たかったなー…と思っていたせいだと思います。
友人が係員に進行表を写させて貰っていてバトルくんの欄には「Should I stay or should I go?」と記されていたのですが、私はモヒカンはモヒカンとしか覚えていなくて。
モヒカン=Should I stay~と気づいていなかったので、1部で滑った曲=Should I stay~だと思いこんでいました。
曲名をしっかり調べておけば、この時点でおかしいなと気づいたはずなんですけどねぇ。
その進行表にはアンコールについても記されていたんですが、アンコールは最後の3組、つまり先の世選で優勝した組だけにしか書かれていませんでした。
だからバトルくんがアンコールなしで終わった時にも、予定通りだよね…と。進行表を見せてもらった時点で落胆していたので、演技終了時は割りと冷めていました。

で、2部。
場内アナウンスがキム・ユナ選手の欠場の理由を話し始めたのをしつこいなぁとか思いつつ投げやりに聞いていました。
そしたら、暗闇の中になにやら人影が見えて。
んー誰?もしかして誰かユナちゃんの代わりに滑るの?…と思いつつシルエットから誰だか判別しようとしたら、とっても特徴のある髪形が見えて「へっ…!?」。
「ねえねえちょっとあれ、モヒカンに見えるんだけど!」
すると場内アナウンスが確かこんな感じに聞こえてきました。
「代わりに男気のあるこの選手が滑ってくれることになりました。ジェフリー・バトル選手です!」
この後スポットライトがついて姿を確認した時の自分、興奮しすぎで記憶がありません。
場内もすごく沸いていたと思うんですけど。
衣装持ってきてるじゃん!トサカも持ってきてるよ!
楽しかったですね~。何やったかは興奮しすぎてやっぱり記憶が薄いんですけど、バトルくんのモヒカンパンクは悪ぶって見せてもやっぱりどっかいい人風で、上着を脱ぎ叩きつけるようなフィニッシュだったにも関わらず、いい人が頑張って悪ぶってるみたいでなんだか弱そうだなーと笑っていたのは覚えてます。
とにかく笑い通しでした。何もかもが面白かったみたいです。
超スタオベしました!モヒカン見れて本当に嬉しかったんですもの。

そして、ブライアン・ジュベール選手。
やっぱりオープニングの時、黄緑っぽい蛍光色のTシャツを着ていて「すごい色」とか思っていたのですが、EX1曲目ではそのTシャツの上に黄緑のアロハシャツのようなものを羽織って登場。
で、そのEXが途中からワルツの曲に変わったのですが、なんだか変だなーと思いつつ見ているうちにその原因が分かり、思わず噴きそうになってしまいました(本当にごめんなさいジュベール…)
相手をホールドしたような姿勢で滑っているのですが(サンデュのタンゴみたいな感じ)、左腕が動かんのです。
肘を90度くらい?に曲げたまま、どう滑ろうが動かんのです。
ターンをしても、スピンをくるくる回っていても、左腕は曲げた角度をキープなのです。
思わず、
ええええええええええぇぇぇぇえ
と心の中で叫んでしまいました。
い、いくらホールドしてるといってもワルツ踊ってる時って腕動かすだろう何でそんな意地みたいに動かさないんだ…
…とジュベールさんに聞きたい。とても聞きたい。
フランスってアイスダンスの上手なカップルが多いのに、ジュベールも見る機会があるんじゃないかと思うのになんでそうなるの。
踊れないのは感じてたんですけれど、今回は衝撃的でした。
友人によると、ジュベールさんとても必死な顔で踊っていたそうで。 ワルツって必死な顔して踊るもんじゃないよねーと突っ込まれていました。
よくよく考えると、アロハシャツでワルツってのも面白いなあ。

でもジュベールってそういうところがいいなと思います。 なんでもかんでも出来ちゃうんじゃないところが。
出来ないのを頑張ってやっているところが、普通の人っぽくて。自分たちと変わらなくて。 やらなきゃいつまでたっても出来ないですものね。
…でも、ジュベールさんには個人的には、踊れないままでいて欲しいですけれど。
サンデュ並みに踊り狂ってるジュベールとか、想像つきません。
出来ないけど楽しそうにやってるジュベール、がいいです。

そしてアンコール。
世選のアンコールで滑ってくれたものと同じプログラムを通して滑ってくれました。 続けて2曲滑れるなんてジュベールスタミナありますね。
このEX、とても好きです。曲が明るいし、ジュベール本人も楽しそうに滑ってるのでこちらも楽しくなりますもん。
また場数をこなしたせいか、随分踊れるようになってきてる気がします。
…が、見ていた時にふと何かを思ってオペラグラスを覗いてみたらまたまたびっくり。
この蛍光黄緑のTシャツ…
透けてる…
もー訳分かんないっス。なんでTシャツが透けてるのおおぉぉぉぉぉおTシャツって透けるもんだっけえええxぇぇぇぇ?
フランス男子は透けてるとか脱ぐとかそういうのがないといけないのか!?

とりあえず
「ジュベールさんはかわいい」
「フランス男子はやっぱ皆(いい意味で)どっかおかしい」
ということになりました。
…ポンセロもどっかヘンなのかしら?

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2017/07 » 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。