blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/17鎌倉×梅その1

2007/02/18(日) 23:06 雑談

梅の便りが聞かれるようになったので、17日は鎌倉まで梅を見に行って来ました。
全体的に五分咲き~七分咲きが多かったので、梅を見に行くなら3月上旬くらいに行くといいかもしれません。

円覚寺1・白鷺池

8時過ぎ頃北鎌倉駅へ到着。徹夜仕事のために遅くまでいられないので、朝からの始動です。
改札がよく分からないので高校生に混じって臨時改札通過。Suicaリーダーがあるだけで無人なんですね。
まずは8時から開いている円覚寺に。総門の外に百鷺池という紅梅がきれいな池があるとのことで、まずは線路を渡って百鷺池へ。
それがこの写真です。色がとても鮮やかでキレイでした。
今冬は暖冬とのことだったので満開に近いくらいに咲いているかもしれないなーと思ったのですが、まだ七分咲きくらいでしょうか。

円覚寺2

次に円覚寺境内へ。
こちらは選仏場です。仏を選び出す堂宇のことで、以前は坐禅道場だったそうです。
茅葺屋根の建物と梅の組み合わせは非常に絵になりますね。
中に安置してある仏様もいい感じでした。私は彫像の良し悪しが全然分からないので、何となくの感想なのであまりアテになりませんが…。

円覚寺3

こちらは方丈前庭の梅。紅梅と白梅と枝垂れ梅かな?
下にたくさん見える石像は、石仏や石碑に描かれたりした観音様だそうです。ガイドブックによると、約100体あってこれらにお参りすると100箇所の観音詣でをしたのと同じご利益があるんだとか。
普段京都が好きで京都の庭をよく見るんですが、鎌倉の庭は京都と規模が全然違いますね。京都の庭は広くて気が配られていますが、鎌倉の庭はコンパクトで簡素。武家と公家の違いなのでしょうか。

あとはぶらぶらと円覚寺境内を見学。
失敗したーと思ったのは、洪鐘(おおがね)を見に行ったとき。
鎌倉で一番最初に円覚寺に来て、で国宝だと言う洪鐘を見ようかと思ったんですが、いざ行って見たら階段で。
最初はさほど長い階段に見えなかったんで登ってみるかーとか思って登り始めたんですけど、見えていた階段を上りきったら今までの倍以上あるくらいの階段が出現。
登り切った時には太ももの筋肉がきっついことになってました…(-_-;
見晴らしはとてもよかったのですが、脚力に自身のない方はご注意です。

東慶寺1 東慶寺2

次は円覚寺から程近い東慶寺へ。
ここは明治時代までは男子禁制の尼寺(現在は男僧寺)で、駆け込み寺・縁切り寺として有名なお寺。
そして梅の名所としても有名だそうなので、どんなお寺なんだろうと期待して行ったら…
お見事。
お見事としか言いようがなかったです。
参道を飾るのは桜並木ならぬ梅並木。まだ七分咲きといった様相でしたが、本数が多いので非常にキレイ。趣き深い華やかさでした。
お寺までの造りがまたいいんですよ。お寺の門が道路より高いので、道路からはお寺の中が見えないんです。
門に向かって歩いていって、お寺に差し掛かったところで初めてたくさんの梅の花が視界に飛び込んでくる。
参道の奥には釈迦仏。梅の木の下にあるのはガイドブックの写真で見る限り、アジサイみたいです。梅雨の時期も楽しめそうですね。

東慶寺3

さすがに梅の名所として有名なだけあって、9時頃だと言うのに境内は人がたくさん。
しかも皆一眼レフカメラを構えてる。コンデジなんかで写真撮ってるのは私くらいだったかも…。
逆光になっちゃってるので分かりにくいですが、この鐘楼と梅の構図がすごく人気がありました。
枝ぶりとかもいいですよね~。

浄智寺1 浄智寺2

次は更に歩いて浄智寺へ。
どうも私、見忘れたところがあるみたいです。ネットで調べてたら見たことない風景が…(-_-;
鎌倉のお寺って拝観料が安いところが多いんですが(100円が多い)、その代わりもらえるしおりのような印刷物も簡素なんですよね。 境内地図とか入れてくれればいいのになぁ…とほほほ。
梅も結構ありましたし、牡丹かな、などもキレイでした。

瑞泉寺1 瑞泉寺2
瑞泉寺3 瑞泉寺4

一旦北鎌倉駅に戻り、JRで鎌倉駅まで。4番乗り場で最終の大塔宮までバスに乗り、瑞泉寺へ。
鎌倉随一の花の寺で、足利氏の菩提寺だそうです。
このお寺は梅が非常に多いんだそうで期待して行ったのですが、入口付近にある、花木がたくさん植わっていてその中に飛び石を置いて花の中を歩けるようになっているらしいところの梅は、まだまだ三分咲きといった様相。
水仙とかはまだ残っていたのですが…もうちょっとせっかく来たのになーととても残念でした。
でも更に奥に道が続いているので行ってみると境内に到着。
そしたら、なんと梅が五分~七分くらい咲いているじゃないですか。さっきのところと咲きっぷりが全然違う。
写真の梅は境内の梅なんですが、紅梅・白梅・黄梅どれも結構咲いていてきれいでした。
3色が一緒に見られるというのもいいですよね。
3枚目のお堂前の写真、手前が白梅でその奥に見えるのが紅梅、お堂の前に咲いているのが市指定天然記念物の黄梅です。
遠景じゃ色が分かりにくいので、アップで撮ってくればよかったなぁとちょっと後悔。
ネットで調べたところによると、瑞泉寺はほかのお寺より盛りの時期が遅いそうです。うーん、3月中旬~下旬あたりが見ごろになるのかしら、入り口のほうの梅は。

瑞泉寺5 瑞泉寺6

境内を歩いていると、思いもかけないところで松陰先生のお名前を発見!
久しぶりに幕末好きが顔を出してきて、しょーいんせんせー!…とびびる大木並に(心の中で)叫んでしまいました(^_^;
4回くらいここに来ていたそうです。浦賀でペリーの船に乗り込もうと画策した際にもここを訪れたとか言うことです。
あとこのお寺は石段も風情があってよかったです。
ただ、風情があるくらいなので歩きやすいとはいえません。結構斜めになっちゃってる段もあるので雨の日に下るのはオススメできないですね。 脇道にきちんと整備された平らな石段があるのでそちらを利用する方がいいと思います。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。