blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿狂言

2005/04/20(水) 23:00 野村萬斎

新宿狂言パンフ 新宿狂言番組表

遅くなりましたが、新宿狂言に行って来ました。
今回は「男と女~道行」ということで、パンフ表紙も番組表もハートが…目立たないようになってるけど、ちょっとビミョウかも。

まずは解説。私の回は高野さんが解説でした。
ところどころ横文字が入りつつ(以前、万作の会のメンバーが挨拶した時、「横文字は苦手」と言ってる人がいたので…いまどき珍しいですよね!)の、時々笑いを狙ったような発言ありーの、でもたまに詰まっちゃう解説でした(笑)。
微笑ましくていいと思いますよ…(笑)
「これはいいな」と思ったのは、喋る場所を右へ左へ変えながら解説していたこと。 全部のお客さんに気を遣ってくれてるんですよね。いい人だ…!

狂言「清水座頭」「鈍太郎」「鬼の継子」。
まず特筆すべきは、舞台構成。
新宿狂言は、萬斎さんが「スーパーバイザー」なるものを務めていて、普段の狂言ではない「音響」「照明」「美術」「映像」を使った新しい試みをしているのですが、今回はまず舞台の中央から前方に橋掛かりが出来ていてびっくり。
歌舞伎は見たことがないんですが、それの花道とかと似てるかも? 登場や退場などに使われてました。
舞台上には大きな桜?の木。鬼の継子で、鬼がひょっこりここから現れました。
照明は時間の経過を表すように、赤くなったり青くなったり暗くなったり。
始まる前に曲名が映し出され、曲中で謡が始まると謡詞が舞台上方に映し出されました。 映像は今回文字映し用でしたね。

「清水座頭」は萬斎石田コンビ。
やはりまだ萬斎さんにしっとり感が足りないですけど、伴侶を求めるような座頭=結構若い座頭?と考えると、これくらいでイイのかもしれません。
寝ている間に観世音のお告げを受けるところでは、照明がだんだん明るくなり、また暗く戻っていって「お告げを受けた」ということを表しているようでした。
「鈍太郎」はちょっとだけ、最後の手車のところで「万之介さん大丈夫かな~」と心配になってしまいました(^_^;
陽気でちゃっかりした鈍太郎、万之介さんは相変わらず飄々としていらして面白い。
「鬼の継子」は初見。
まず、赤ちゃんを表す小道具にびっくり。めっちゃリアル!
狂言ってある程度様式化されていて、わかりやすいけれどさほどリアルじゃないイメージなので、このリアルな人形にはびっくりしてしまいました…ちょっと不気味(^_^;
解説で「今年は萬斎さん鬼が多いです」といわれていましたが、私も彼の鬼は多分今年3度目。 狂言ではいろんなタイプの鬼がいますが、どれも憎めない鬼でいいと思います。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

10 « 2017/11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。