blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京フィギュアスケート選手権大会

2006/10/10(火) 00:17 フィギュアスケート

2006東京フィギュアスケート選手権大会パンフ

昨日はネットで国体の体操を見ていたのですが(見たいところがなかなか映らなくてちょっとイラつきました)、今日はフィギュアスケートの東京ブロックを見に行って来ました。
本当は村主章枝選手も出るはずだったんですが、靴を変えたとかで?欠場。
それでも武田奈也選手、高山睦美選手、ジュニアグランプリシリーズルーマニア大会で3位に入った鳥居拓史選手、小林宏一選手、柴田嶺選手、そして中野友加里選手と名の知れた選手が何人も出ていたので、楽しめました。

メモらずに見ていたので全体的な感想。
シーズン初戦の選手が多いせいか、ジャンプでの転倒が多かったですね。
振付をこなすのが精一杯なところもあるのか(途中で忘れちゃったのかな?という選手もいました)、ジャンプがなかなか決まらなくて引きずっちゃったかな、という選手も見受けられました。
スピンやステップ、スパイラルなどジャンプ以外の要素が上手い選手はジャンプ以外のところで自分のリズムを取り戻せているように見えました。ジャンプはどうしてもバクチ性が高いですもんね。一度タイミングを外してしまうとなかなか難しそうな選手もいました。
あとは振付を予定通りにやるのが精一杯で、きれいなポジションを取れていないとかもあったでしょうか。
バレエとかはやらなくてもいいと思うんですけど、きちんと手先まで伸ばすとか、意識しなくてもできるようになればもっともっと見栄えがするだろうになぁと、もどかしい感じがありました。
それでも表現力は下位選手でも随分良くなっていますね。びっくりしました。
ジュニアでまだ中学入ったばかりなのにすごく表現力のある選手がいたり。そういう選手はジャンプのレベルが低かったりしても、観客としてはすごく興味深く見ることが出来ます。
他にも柔軟性がすごくあり、なんでしたっけビールマンに似てて手と違う方の足をつかむスピン、あれを上半身をあまり上げずに行う選手がいたり(ビールマンもやっててキレイだった)、スピンのチェンジエッジがすごく滑らかで織田信成選手みたいな印象のスピンをやる選手がいたり。
今日いたのは東京の選手だけですけど、個性のある選手が結構いるんですね。

上位に来る選手は、初戦なりにまとめてきている、または初戦だからこそチャレンジしてきているなぁという感じがしました。
武田奈也選手は、やっぱりリズム感がすごくいい。特にストレートラインステップでそれが顕著に現れていて、音楽のリズムに乗ったいいステップだったと思います。
高山睦美選手は、ジャンプの着氷はあまり上手くいっていませんでしたが高さがあって迫力がありますね。
ジャンプだけじゃなくてスピンステップもよく、ほとんどの要素に対するポテンシャルが高いなと感じました。ジャンプの着氷が上手くいけば、一気に上にいけそう。
鳥居拓史選手はスケーティングのスピードが速いなぁと思いました(ジュニア男子選手との相対比での感想ですが)。 しかもその速度のまま落とさずにジャンプに入るのでびっくりします。
あとは、イーグルやジャンプ、手の使い方なんかが引退した本田武史選手に似ている気がしました。特にイーグルの時「あれ!?」って。
小林宏一選手は、3Aを跳んできました。2footで手もついてしまいましたが、6分間練習ではきれいに決めていたんですよ。
彼は身長があるのですごく迫力がある3Aになってました。「何かデカイもんが跳んでくるー」って感じるんですよね(^_^;
個人的には小林選手に「あっぱれ」あげたいです。挑戦してきたのが素晴らしい!
スピンもチェンジエッジやさまざまなポジションを取ることが出来て、強いなぁという印象です。
あとはスケーティングがもうちょっとよくなれば…かな。3Aマスターして、またグランプリシリーズに戻ってきて欲しいです。
柴田嶺選手はタンゴの雰囲気が出ていたと思います。ダンスホールドの振りなどがあって。1日見ていて、曲と振り付けの関連性が薄いプログラムが散見されたのがちょっと残念だったんですけど、柴田くんは割りと雰囲気が出ていたなぁと。
タンゴのステップなんかをもうちょっと入れられるともっといいかも。あとはスケーティングスキルと、コンビネーションジャンプを増やすことでしょうか。
2点差くらいで小林選手に負けちゃったんですが、途中転倒してしまった2Aだったか、あれが成功していれば逆転していたかも。
今日は初戦だったため、レベルのチェックを主目的にしていたようです。終わった後コーチとVTR見て反省会状態でした。
中野友加里選手は、ほぼノーミス。昨日はコンボでひどく転倒したようですが今日は転倒なし。3Aが回転足りたか足りないか…というあたりと最後にアクセルがすっぽ抜けたくらいだったかな。
中野さん、6分間練習で3A-2T成功させてましたよ(回転不足は不明)。今後入れてくる気かもしれません。
スパイラルの時も表情がすごく良かったです。笑顔で。神宮は観客席とリンクがすごく近いので良く見えました。
プログラムは昨シーズンほどランが多いという印象はないのですが、逆に要素以外をやっているという印象もないことにさっき気がつきました。イーグルやイナバウアーも見なかった気がするし、スパイラルが長くなったのかな…。
今後プログラムを詰めるに従って、ムーヴインザフィールドも増えてくるといいなと思います。

今日の柴田くん

柴田くんに写真を撮らせていただいたので、柴田ファンの方向けに(うちに来る人で柴田くんファンっているんだろうか)画質悪いですがアップしておきます。
ファンの人に結構捕まってました。頼まれればサインでも写真でも断らないみたいで、いつの間にか撮影会に。柴田くんいい人ですね~。
柴田くんとか高橋大輔選手とかは頻繁に髪形とか変わるんで、大会やショーのたびに写真撮らせてもらって「今日の大ちゃん」「今日の嶺ちゃん」とかコーナーにしたら変遷っぷりが面白そう。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

09 « 2017/10 » 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。