blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アークヒルズはお祭り中

2006/09/16(土) 03:11 野村萬斎

20周年記念フェスティバルオープニングコンサートパンフ

無事に退社することができ、20周年記念フェスティバルオープニングコンサートに行って来ました。
本日のプログラムは以下。

三番叟
三番叟:野村萬斎、千歳:深田博治、笛:松田弘之、小鼓頭取:大倉源次郎、脇鼓:古賀裕己・田辺恭資、大鼓:亀井広忠、地謡:石田幸雄・高野和憲・月崎晴夫・破石晋照、後見:竹山悠樹・時田光洋
ノヴェンバー・ステップス(武満徹)
琵琶:友吉鶴心、尺八:藤原道山、指揮:クリスティアン・アルミンク、管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
ボレロ(ラヴェル)
指揮:クリスティアン・アルミンク、管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

三番叟。
千歳の素襖は緑、三番叟の素襖は紫。どちらも千年の鶴と万年の亀をあしらったもの。20周年のお祝いだからこの柄以外は考えられなかったのかもですね。
「監修:野村萬斎」のこのコンサート、やはり先の2回の成人の日コンサート同様、映像と照明の効果を使ったものでした。
映像は揉ノ段ではは赤いものが渦巻いているような映像。以前使ったマグマ映像ではなかったです。
鈴ノ段では最後の高揚部でミラーボールに後ろから丸い照明を当て、皆既月食のような物を映し出していました。 以前はミラーボール回してたから、それよりは今回の演出の方が好きですね。サントリーホールの上に月も出現していたことですし。
あとの2曲でも照明効果が使われていたんですが、これも萬斎さんが考えたのかな。彼が考えそうな感じではありました。
萬斎さんは扇の扱いでもたついたところもあったように見えましたが、それでもいい三番叟だったと思います。
でも以前のようなパワーで圧倒する舞台とは違ってきているかな? もう40歳ですもんね。それとも単に連日の「敦」で疲れてるんでしょうか。
鈴ノ段は何回見てもいいですね~。型の名前分からないんですけど、脚を交差して鈴を振りながら顔を上げていき、顔に扇をかぶせるようにして反す型がすごい好きなんですよ。
今回はホールでの三番叟なんで舞台上に舞台を作っていたんですが、場所によってはかなり足拍子が響く舞台でした。響きすぎと思いますが、能舞台をホールのステージ上にうまく造るのは難しいんだろうな。
あ、休憩時間に舞台を撤収する大道具さん?がまるで忍者のような格好で面白かったです。
囃子方は広忠さん・源次郎さん・松田さんと「いつもの顔ぶれ」と言う感じだったので安心して聞いていました。
萬斎さんがサントリーホールで三番叟やる時は大抵この3人が一緒な気がします。 源次郎さんの日記に今日のコンサートの感想アップされないかなあ。
ご一緒した三番叟を初めて見る友人に感想を聞きたかったんですが、今日は仕事でお疲れ様だったようなので、また今度萬斎三番叟がある時に誘ってみようと思います。ふふ。

ノヴェンバー・ステップスは、中学だか高校時代に音楽で習ったような気がしたんですが気のせいかなぁ。
同い年の友人には記憶にないと言われて。資料集で見ただけだったんだろうか。
現代音楽っぽく、洋楽器で和楽器の演奏を行おうとしてるんだなーと思いますが、少しムリ感があるかも。洋楽器は洋楽器、和楽器は和楽器のいいところを出して上手くコラボレーションできればベストだと思うんですが。
道山さんと鶴心さんはやはり気迫の伝わり方がオケの方々とは違いますね。オケの方々ではなくソリストの方々と比べても気迫の差があるような気がします。
尺八や琵琶も、普段はホールでの演奏はないと思うんですが響きの違いとかあったんでしょうか。
個人的には、聴いていてやけに琵琶の撥の音が響くなぁと思っていました。元からなのか、ホールのせいなのかは琵琶を聴かないので分かりません。
あ、鶴心さん宛てにデーモン小暮閣下からお花が届いていました。

次はボレロ。
…なんですが、椅子などを直した後に野村萬斎・亀井広忠・藤原道山・友吉鶴心各氏のトークがありました。
トークは萬斎さん仕切りで、20周年記念のお祝いを言った後に、それぞれ自身の20年前と20年後についてお話してくれました。
まず萬斎さん。 「私今年不惑でして、20年前は二十歳でした。20年後は還暦です」と会場の笑いを誘った後に、
そう考えると20年は長いように感じる。40まではいろいろ挑戦しようと思って恥もかいてきたけどこれからは恥をかいた分皆様に恩返ししたいというか。20年でいろんな活動も随分増えた。…みたいな事を言っていたでしょうか。
広忠さんは20年前は小学5年生だったそうで、道山さんは中学生、鶴心さんは二十歳過ぎてお師匠さんに琵琶を習い始めた頃だったそうです。
萬斎さんが一番年上かと思いましたが、鶴心さんのが1つ上でした。
「一人1~3分って言ってたんですが、ちょうど良かったですね」と萬斎さんは言っていましたが、1分が広忠さんで3分は確実に萬斎さんね…と思いつつ聞いてました。萬斎さんはどんどん言葉が出てきますねぇ。

で、ボレロ。
正直、「練習した?」って感じが否めませんでした。新日ってこんなに下手だった??
トロンボーン…は一番ひどかったですが、ホルンもクラリネットもイマイチだったなぁ。スネアドラムも一部落ちたし。ダブルドラムになってから落ちてくれれば気づきにくかったのに…
ボレロみたいな曲は、指揮者の裁量で何とかできる曲ではないでしょうから。いくら指揮者が曲を作ろうとしてもソリストが吹けない弾けないんでは話にならないですね。
ノヴェンバー・ステップスは和楽器が入るんで練習してきたんだろうなぁと言う感じを受けましたが、ボレロはちょっと。
指揮者が指示を出せば一旦指示を汲んだ演奏になるんですが、それがずっと保たれていなかったように思えました。
アルミンクさん、背が高くて若い(萬斎さんより若い!聖響さんと同じくらい?)ので見映えがする方でした。 これまでも新日のサイトとかチラシとか見て「顔がカッコイイ」と思ってはいましたが、スタイルもいい方だったんですね。

サントリーホールに出現した月 秋の夜の弦楽カルテット シャンパン無料サービス中 屋台をバックに貰った提灯

サントリーホール20周年記念コンサートでしたが、ホールのあるアークヒルズ全体が20周年と言うことで、カラヤン広場はお祭状態。
森ビルなどに入っているお店が出店を出して、他にも金魚すくいとか型抜き?とか綿あめとかお面屋さんとか、お祭ならではの出店が出ていました。
またお神輿も置いてあり、ステージ上では音楽が演奏されていました。
そしてキレイだったのはサントリーホール上に出現した月(写真一番左)。これ、時間がたつと餅つきの臼とか「20th Anniversary」って文字が出てきたりするんですよ。面白い!
コンサート終了後、ホールを出たところで提灯を貰い、友人と一緒に特別公開されていたリーフガーデンかな?に行くことにしました。
するとどこからともなく弦楽の音がしてきて。進んでいくと、キャンドルの灯りばかりで薄暗い中、ガーデンの一角で弦楽カルテットの演奏が行われていました(写真左から2番目)。
曲は有名なものばかり、でも全然ローテーションすることなく演奏されていてびっくりしました。
パッヘルベルのカノン、バッハの主よ人の望みの喜びよ、バッハのG線上のアリア、ヘンデルの水上の音楽、マスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲、サン=サーンスの動物の謝肉祭より白鳥、チャイコフスキーの眠りの森の美女、ヘンデルのラルゴ(オン・ブラ・マイフ)、井上陽水の少年時代、坂本九の上を向いて歩こう、など。
途中「知ってるんだけど曲名が思い出せない~!」って曲が2曲くらいあって悔しかったんですが、1曲は思い出しました。ボッケリーニのメヌエット。もう1曲はピアノで聞いたことがあるんだけどいまだに思い出せません…悔しい。
ガーデン内ではシャンパンも無料で配られていました(写真左から3番目)。ちゃんとした格好をした方々がサーブしてくれていたので、多分全日空ホテルの方々が出してくれていたんじゃないかと思います。
全日空ホテルは出店もあったんですが、調理してる人が「ホテルのレストランの厨房から着の身着のまま抜け出してきました」という格好で出店の中では異色を放ってましたね。
シャンパンサービスはガーデン内のあちこちであって、お酒をタダで飲みたい方にはオススメです。私は何も食べずにビールを紙コップ2杯分飲んでいた(サントリーの出店でビールとコーヒーの試飲があった)ので、シャンパンは1杯分だけ頂きました。
アルコールが駄目な方には、烏龍茶が用意してあります。
ガーデンを出たのは22:30近かったので、出店が終わる前に!と食糧確保に走りました。
友人が目ざとく見つけた「トゥーランドット」と言うお店の出店で無事夕飯get。閉店直前だったので、値段交渉して(つまりは値切って)上海風焼きそば+マンゴープリンを焼きそば代のみで購入。美味しかったしラッキーでした。
最後の写真は出店をバックに貰った提灯を写してみました。緑色のサイリウムが入っています。
今3時ですが、提灯未だに光りっぱなしです。サイリウム、結構もつんですねぇ。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

07 « 2017/08 » 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。