blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06ジャパンオープン・競技会

2006/05/16(火) 03:12 フィギュアスケート

おはようございます。18時に寝て20時に起きる予定だったのですが、さっき起きました(…)

ジャパンオープン、競技会の方。
TV放送にもなっているので、海外男子4人(ヤグディン・ランビエール・バトル・サンデュ)中心にちょっとだけ感想です。
スケ連のサイトにdetailが出ています。
http://www.skatingjapan.jp/InterNational/2005-2006/jo/index.htm

会場、どれくらい埋まるもんだか…と心配だったのですが400レベルまで使って8割がた埋まっていたように見えました。 こんなに人がいるフィギュアスケート競技会に入ったことがない。とにかく広い。
思ったよりも客席に段差がないので「前にデカイ人が来ませんように」と願ってました。 また前が広めなので200レベル10列目以降だと遠く見えたかもしれません。
この会場が埋まるくらいの人気が続いたら、嬉しいけどファンとしては大変だなぁ。

まずオープニングではチームごとに一人ずつ名前を呼ばれてリンクに登場、チームの4人が揃ったら手を重ねたり円陣を組んだりして一致団結のポーズ。
続いて男子シングル6人の6分間練習。
皆が普通に調整を始める中、ヤグディンは出てくるとまずリンクサイドを滑り、四辺で観客に「もっと盛り上がって!」という風に両手を上下させて煽っていました。
ああ、これはお祭りなんだなぁ、ヤグディン盛り上げようとしててさすがはプロだなぁ、と感じました。
観客も上手くのって盛り上げていましたね。 全然のれなかったらどうしようかと思ったのですが、競技会中もいい演技には盛大な拍手が向けられ、今日の客席の雰囲気はとてもよかったと思います。
ただし、マナーは別。
PIW同様小さい子供も時々見受けられ、フィギュアは曲がかかってるのをいいことに?大泣きしても会場を出ていかない親。 主に荒川・真央時中心に光るフラッシュ。
マナーは相変わらずサイアク、会場係もほとんど注意しない(会場係は席案内間違えたりひどかった、嘘教えてるので思わず口出ししてしまった)。
フィギュアの写真を撮ろうと思ったら一眼レフ+ノーフラッシュじゃないとムリです。豆粒ブレブレな写真見て楽しいのかしらん?

第一滑走アレクセイ・ヤグディン。
「仮面の男」。このプログラムを見たいと、一体今まで何度思ったことか…!
4年前の衣装だからか金の仮面部分がはげかけているところもあったような。4年って長いですね…。感慨深かったです。
6分間練習の時など腰に手をやり右足を何回か振ったりしていて、やっぱり股関節が痛いんだなぁ違和感があるんだなぁ、と分かりました。
でも今回のヤグディンに、現状を知っている人で高得点を期待してる人はいないはず。
ただ、ヤグディンの競技会の演技が見られるということが嬉しくて、新採点方式で採点されるとどんな点になるのかが知りたくて、それだけだったと思います。
でもヤグディンはちゃんと、この大会のために練習をしてきてくれたようでした。
スピンのチェンジエッジ。ステップにエッジを使ったステップを入れること。現在の自分がやりやすいようにか、曲のつなぎ方を変えたこと。
ソルトレークオリンピックで披露してくれた演技を今のヤグディンが出来る限りの要素だけ入れてやってくれれば十分と思っていたので、この大会のために新採点方式で少しでも点数が取れるように演技を調整してくれたのが分かって、本当に感動しました。
スケーティングのスピードは明らかに遅く脚の様子を見ながら慎重に滑っているようでしたし、ジャンプは最大8つ入れられる規則の中5つしか入っておらず最後の3Sはアクセルジャンプが入っていなかったので無効。後ろ手をついて滑る場面でもバランスを崩してしまいました。
それでもヤグディンはベストを見せてくれたと思っています。
4分38秒、滑り終えたヤグディンのガッツポーズ。
FSを滑り終えることが出来たと言う嬉しさが伝わってきて、本当に胸が熱くなりました。
点数は低くても、難度の低いプログラムを滑っていても、今できることを最大限に出した演技をすること。
ただただ、感動しました。

本田武史選手は、手をついたりしていましたが3Aまできちっと入れていて素晴らしかったと思います。
彼もプロになってしまったので、トスカを見るのもこれが最後なんでしょうね。
エマニュエル・サンデュは、出来としては微妙なところ?
友人が「100%じゃなくてもいいから70%のサンデュでいいよ!」なんて言っていたのでその通りになったような気も…
4回転は成功していましたが、後につけた3Tかな、で手をついてしまったり、なんとなく演技全般にキレがなかったかもしれない。
普段はもうちょっと動きがキレてると思うんですけどね。
でもサンデュがまた日本に来てくれるとは思っていなかったのでFS見られただけで嬉しかったなぁ。是非NHK杯にも来て欲しいよ~
ランビエールはジャンプミスが多かったのが残念だけど、こっちも来てくれて演技してくれるだけでOKですよ!
直前に滑ったサンデュの点がなかなか出なくて、氷上にシマウマがひとり放置されてしまい可哀想でした。調子狂うよなぁ。
高橋大輔選手は意外と?ジャンプを決めていてよかったと思います。ただその髪形はやめてくれ。
最終滑走がバトルくんで胃が痛かったのですが、コケは1回だけで後のジャンプは持ちこたえ、他の要素は手抜きなし。
もうちょっとPCS出てもよかったんじゃないかなぁとは思うのですが、この大会で点数のことを言ってもあまり意味がないですね。
トリノの衣装でサムソンとデリラが見られて嬉しかった~。生で見るのは初めてですもんね、新サムデリ。

女子はほとんど割愛しますが、個人的にジョアニー・ロシェがよかったです。
ロシェってジャンプ高いんですね! すごく迫力がありました。
曲もあいまって、全体的に大きな演技に見え(身長は低いのに)よかったです。
ただ、シットスピンのポジションであまり綺麗だと思えないのがあるかなぁ。レイバックは綺麗でとても好きです。
アリッサ・シズニーは相変わらずスピン上手い、スパイラルの脚の位置が高い。
ジャンプはまだタイミングが合ってないみたいでコケが多かったのが残念です。来期始まるまでにジャンプの調子を戻して欲しいな。

JOで面白かったのは、なんと言ってもキスクラ。
チームの3人が滑った選手を迎え入れて、4人で座って点を待っていました。
また機械トラブルだかで点数がなかなか出なかったのですが、選手はキスクラで他の選手やピカチュウなどポケモンぬいぐるみと戯れたり、いろいろカメラに向けてアピールしてくれて面白かったです。
第一滑走の後は大抵時間がかかるのですが、ヤグディンはピカチュウと戯れたり「遅いよ!」と仁王立ちして怒ったように腕組みして見せたりサービス精神旺盛。
サンデュの後もすごく時間がかかり、サンデュもポケモンぬいぐるみと戯れたりしてました。
ピカチュウとミュウ?のぬいぐるみがあって、それぞれ両手に持ってプチ人形劇みたいなことを開始(なんて言ってるのか知りたかった~!)
TVに向けて人形劇してたらいきなりヤグディンがピカチュウ持って乱入、サンデュ襲撃。会場オオウケ。
ヤグ、君のキスクラはあっちだよ、ここ北米チームだから(笑
バトルくんはカメラに向かって「アリガトー」って言ってたのがよく分かりました。
意外だったのは、北米のキスクラがなんだか葬式状態で静かな感じだったこと。一番面白かったのは欧州チームのキスクラでした。
北米はバトルくんがいるんでもっと賑やかだろうと思っていたんですが、バトルくんも大人になったということかしら。
よく考えると、北米チームってリーダーシップ発揮しそうな人がいないんですよね。欧州はヤグディン、日本は本田くんが先頭に立ってる感じですけど。
この3つのキスクラ、対比すると

・欧州チーム:大人の雰囲気
・日本チーム:子供の雰囲気
・北米チーム:不思議な雰囲気

という感じでした。
欧州チームは、ヤグディンとランビエールが話し込んでる様子が大人って雰囲気だった。…ランビが老けてるわけじゃないぞ!
北米は皆個性的過ぎるのか、それとも皆優等生なのか、なんかこうチームでまとまって騒ぐって感じじゃなかったです。
こっちとしてはもっと賑やかなキスクラが見たかったな~。
バトルくん+ロシェできゃーきゃー騒いでくれないかしらと思っていたんですが~。
あ、バトルくんはロシェ演技後のキスクラでロシェの頭の後ろでVサインして、気づいたロシェに叩かれてました。

結果は日本チームが優勝。
ヤグディンは表彰台でも面白くて、本田くんがカップおいた後「こうしたほうがいいよ」みたいに置き場所を指図したり、隣にいた大ちゃんの腕をトンって押して「そっちに送って」みたいに言ってトンがどんどん伝播していったり(最後北米に辿り着いた時は意味が伝わってないのか微妙な雰囲気でした)、日本チームが優勝賞金80000ドルのボード受け取る時につかつかと表彰台の真ん中に行きボードを受け取ろうとして追い出されたり。
3位は40000ドルだったんですが、ボード受け取った後日本チームのボード(足元に立てかけられていた)とすすーっと交換し欧州チームで80000ドルボード掲げてたりとか。
表彰台でまで遊ぶとは思っていなかったんで面白かったです。
ヤグディン、よっぽど80000ドルが欲しかったのね(笑)。まぁ40000ドルと比べたら一人10000ドルの差があるしなぁ。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。