blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート世界選手権男子FS

2006/03/25(土) 01:20 フィギュアスケート

はてさて。
アイスダンスはどこに行ったのかね?
デンコワ/スタビスキー1位なんですけど~ベルビンたち一体何があったの~フジさんよ~映せよ~

フジで男子シングルFS見ました。
クリムキン映るとは思わなかったのでちょっとびっくりしました! 逆回転→順回転キャメルスピンを見ることが出来てよかったです。そこからすぐに3サルコウがあればカンペキなんだけどなー。
全般的に男子のFSは消化不良気味でした。良かったと思えるのはジュベールとランビエールだけですかね。

まず最初に挙げときますバトルくん。
あれはダメですね。出来の悪さはズボンが破けてしまったスケートカナダ並みでしょうか。
3A失敗しても2Aになるんだったら良かったんですよ。1Aって…
得点は3Aの場合7.5点。2Aは3.3点。それが1Aになるとたったの0.8点。 2回失敗したから本来は15点→実際は1.6点ですからね。これだったら跳ばなかったのとほぼ同じです。
調子が悪いのがジャンプだけならばまだよかったのに…。
ジャンプ失敗でジャンプにかかる時間が成功時とかなり変動したのか、振りが音楽とずれてしまい音楽に合わせようとした動きのために滑りの印象が悪くなってしまったように見えました。
またフェンス際でバランスを崩したり(リンクが狭かったようなので、フェンスが予想外に近くにあって驚いた?)、またスピンでポジションチェンジを間違えたように見えたり(以前の振り付けでのポジションを取ろうとした?)普通の滑りも彼らしくなかったです。
スケーティングの質自体は良かったと思うのですが、上記理由がマイナス要素となったかPCSは7点代半ばが多くなってしまいました。
FSのPCSだけの順位は4位です。ちなみに1位ランビエール2位ジュベール3位サンデュ。 個人的には妥当かなと思います。
FSの結果表見た時
「あれ?バトルくんいない…棄権した?…っていたよ!7位にー…」
という感じでかなりがっかりしてしまいました。地元だというのにベストな演技が最後まで出ず残念です。
でもまぁ前向きに考えると、TES50点台とかなり屈辱的な負け方だったので、このまま引退するのはいかん!と奮起してくれるかも?
来年3月東京で待ってます。

話は少し変わるのですが、「資料室ノート」でバトルくんが描く図形の多彩さについて触れられていました。
自分はトレースまでは見ていなかったのですが、そういうフィギュアスケートの基礎力がPCSできちんと評価されていることが分かり大変勉強になりました。
そういう話をフィギュアの番組でもやってくれれば、バトルPCS高すぎとかの話も少しはおさまってくれそうなんですけどねー…。
フジはせいぜいスピンの話が関の山でしょうか。

FS3位のライサチェクは、体調が悪い中で良く頑張ったなと思います。拍手。 彼はいつもFSがいいですね。
しかし、今まで彼のカルメンは雰囲気が出ていて合ってるなぁと思っていたのですが、今回はちょっと違いました。
おそらく今まで自分が「合ってるなぁ」と思っていたスパニッシュの雰囲気は彼の気迫から出るものが大きく関係していたようです。
病気のせいか、今回のFSはNHK杯やトリノほど気迫が出ていなかったみたいで。
つまりはちょっと退屈でした。要素以外の部分・音楽がカルメンである意味が結構薄いですねあのプログラム…
ムーヴインザフィールドなどでスパニッシュの雰囲気が出るようなステップなどを織り交ぜて、スケーティングからも雰囲気を作れるようになるといいなと思います。
ライサチェクはイナバウアー・スプレッドイーグル・ターンなど、つなぎのスケーティング技術の印象があまりないですね。
彼は手足が長いのでスパイラルやイナバウアーを効果的な場所で組み込めると見栄えがしそうですし、また今使っていないような雰囲気の曲でも魅せられるようになるのではないでしょうか。
正直今回のFSではPCSが7点台いくとは思いませんでした。
若いので技術を習得する時間はまだまだたくさんありますよね。期待しています。

織田くんはまたやってしまいましたねザヤックルール。
3A2回単独で跳んだらダメですよ…片方コンボ扱いですよ織田くん…コンボはあと2回しか跳べませんよ…
織田くんはちゃんとルールを分かっているのではと思っていたのですが、どうも中途半端に覚えてしまっているようですね。
自分で判断してコンボをつけたのでしょうが、肝心なルールが抜けていて。言われたとおりにだけ演技する人のほうが点の取りこぼしが少なかったかもしれませんね。
それでも初出場4位は素晴らしい。ジャンプ成功率は上位陣の中ではトップクラスですね。バトルくんに分けて…

ジュベールを見てまず思ったのは
「弾避けがなくなってる!!」
それが最初の感想って言うのもどうなのよ自分…(^_^;
マトリックスに戻してきたのは正解だったかなと思います。 ジュベールがクワド2回成功させたところって、私今まで見たことがないかもしれない…。
ステップはSP同様にサーキュラーステップが好きです。以前の振り付けとはステップは変わってましたね。
スピードの変化があって振り付けも印象的ないいプログラムだと思いますが、つなぎ部分は旧採点っぽいでしょうか。
スピンは速く回れるようになり、シットの低い変形スピンやひねったスピンなどポジションもいろいろ入っていました。 今季スピンがかなり上達していますが、プレーンなシットスピンで腰の位置が高いのがちょっとだけ気になります。

ランビエールは2連覇ですね。とても嬉しそうで良かった。おめでとうございます。
私が一番嬉しかったのはやはり3A成功。最初のジャンプはいつもどきどきしながら見てるんです。
クワドも2回成功していますし、あとは3連のコンビネーションジャンプが入るともっとTESが上がるかなぁ。
スピンは結構よく回っていたのが2回くらいあったでしょうか。 他のスピンはランビエールのスピンだと思うと速度がちょっと物足りない。

サンデュは、どっちかというと「いいサンデュ」だったと思うのですが、スピンなどで時折やる気なさげな感じが見えたような。
気のせいかな。
コーチ(?)と抱き合って喜んでたのが印象的です。地元で割といい演技が出来てよかった。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。