blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Show me your MAXIMUM

2006/02/25(土) 02:21 フィギュアスケート

はい、想像のとおり、昨日は朝から葬式状態でした。
非国民でも売国奴でも何とでも言ってください。

まずはサーシャ・コーエン。
どうしても、彼女はミスしてしまうんですね…
冒頭2連続は衝撃が強すぎて、「女子SPはかなりいい感じに終わったっぽい(仕事が忙しくてほとんど見てない)なぁ、女子は波乱なく終わるのかなぁ」なんて思った私がバカでした。

そしてイリーナ・スルツカヤ。
ソルトレークでは信じられないような逆転劇に泣いて、そのあとお母さんが病気になって、自分も病気になって、それを乗り越えてやってきたトリノ。
…どうしてそこでこうなってしまうんだろう…!
体調が悪化しているのか。最終滑走の緊張感か。トリノロシア全種目制覇の重圧か。ロシア女子シングル悲願の金へのプレッシャーか。
意外ですが、女子シングルでは旧ソ時代含めロシアの金メダルはありません。ウクライナのオクサナ・バイウルが金メダルを取った事がありますが、ロシアではないので。
後進の女子選手がぱっとしないこともあり、ロシアのスケ連もスルツカヤには過剰に期待していたのではと思います。

言いようのない虚無感や絶望感…と言ったら大げさでしょうか。
スルツカヤはこれからどうするんだろう。
3月のショーには来てくれるんだろうか。
私だったら絶対行かないけど。
アマチュアを引退してプロに行くんだろうか。
プロに行ったとして、オリンピックで金を取れなかったらからギャラはそんなにあがらないんだろうか。
お母さんの人工透析費用は大丈夫なんだろうか。
そしてスルツカヤの医療費も、大丈夫なんだろうか。
医者曰く、「スケートをやらなければ薬を服用する必要はありません」ということだったけれど。
家族とかいろんなもののためにこれからもスケートを続けるんだろうか。
文字通り命を削りながら。
…日が変わった電車の中でそんなことを考えていたら、切なくなりました。
コーチはどうかな。 そんなに無理しなくていいし、皆アメリカに行ってしまうから、スルツカヤにはロシアでコーチをして欲しいです。

荒川静香選手。
オリンピックという異質な空間でほぼノーミスの丁寧な演技が出来るのは素晴らしいことです。
でも感動はありませんでした。
ドルトムントワールドでのトゥーランドットは思わず涙が出るくらい心を揺さぶられたんですが。
あの時は挑戦者だった。攻めのスケートで、しかも絶対ミスはしないという気迫が感じられたドルトムント。
安藤美姫選手はクワドサルコウに挑戦した。
村主章枝選手はドーナツスピンをマスターしてトリノにやってきた。
荒川選手は…?
男子シングルの時と同じようなもやもや感が残ってしまいました。

「Show me your MAXIMUM」
タチアナ・タラソワコーチが荒川選手にかけた言葉です。
オリンピックという舞台で、最高の力を出すのがどんなに難しいことか。

…フジ、なんでコーエンの転倒シーンばかり流すんだ。信じられない。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

10 « 2017/11 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。