blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福の後の最大の不幸

2009/10/21(水) 22:33 体操

昨日、やっと体操世界選手権を録画で全部見たところだったんですが…
ユーリ・リャザノフ選手が亡くなったとのこと。絶句です。

体操=世界選手権銅メダルのリャザノフが交通事故死
世界体操男子個人総合の銅メダリストが事故死=ロシア

22歳のリャザノフはことしのロシア選手権の個人総合を制し、欧州選手権でも3位に入るなど、将来を期待されていた。世界選手権でメダルを獲得してから5日後の悲劇だった。

ロシアの方なので、もしかしてもしかするとアルコールが入っていたのかもしれませんが…
世界選手権で疲れて帰ってきて、だけど一刻も早く家族にメダルを見せたい、と急いでいるところだったのかもしれません。
メダルを取って、まだ5日ですよ!? そして、まだ22歳ですよ!?

ロシア期待の選手だったと思います。本当に残念です。
安らかにお眠りください。

…フィギュアのTEBはまだ全然録画を見れていません。ぼちぼち見ます。

スポンサーサイト

09世界体操競技選手権大会予選

2009/10/15(木) 00:07 体操

体操の世界選手権、予選が終了しましたね。
予想通りというか、内村航平選手が1位通過です。

日本体操協会の結果ページ
日本体操協会公式ブログ

点数の上では内村くんがダントツですね。1.6点ほど差をつけて独走しています。
田中さんも10位で個人総合決勝進出ですね。
日本選手の種目別は、個人総合で内村・田中、ゆかで内村・沖口、平行棒で田中、鉄棒で内村選手が決勝進出です。
日本体操協会公式ブログを見ると、関口さんは跳馬1本目が難易度下がっちゃったんですね。残念。
中瀬さんは平行棒鉄棒ともに失敗が目立ったようで、こちらも残念です。

今大会始まってみて残念だったこと…
やっぱりファービーの演技を見たかったな。北京オリンピックで悔しい思いをしたと思うので、今年は素晴らしい演技を見せてくれると思ったのですが…
ドイツはグエンくんが19位に入っているので、個人総合決勝進出したのはよかったなと思います。
あと中国のCHEN Yibing選手がつり輪の決勝に残れなかったこと…。彼の演技はとても好きなので寂しいです。
公式ブログによると、最後の伸身月面で途中で足がケーブルに接触してバランスを崩しちゃったんですね。北京オリンピックでの冨田さんのハプニングを思い出しちゃいます。つり輪も安定競技じゃないんだなぁ。
あと、肖欽出てないんですね。引退しちゃったのかな。こちらもあん馬を見たかったんですが…。
ヒポリトがゆかの決勝に残れなかったのも残念。きっとしょんぼりしてるんだろうなぁ、ヒポリト。
沖口くんが決勝に残れたのは嬉しいんですが、複雑です。

今大会、良い意味でびっくりしたのはドラグレスクが出場していたことです!
ドラグレスク、引退したんじゃなかったんですね。嬉しいなぁ。ドラグレスクのドラグレスクとゆかを見ねばー。
跳馬もゆかもしっかり決勝に残っているので、種目別決勝が楽しみです。

09世界体操競技選手権大会

2009/10/13(火) 23:59 体操

すっかり体操からご無沙汰していましたが、体操の世界選手権が始まっています。

■公式サイト:http://www.worldgymnastics2009.com/
■フジテレビ公式サイト:http://wwwz.fujitv.co.jp/sports/gym/world2009/

深夜になりますが、フジテレビで放送もされるようです。

10/15(木)男子個人総合決勝 26時30分~29時25分 LIVE 全国ネット
10/16(金)男子個人総合ダイジェスト 25時05分~25時50分 全国ネット
10/17(土)種目別決勝前半 24時15分~25時35分 全国ネット
10/18(日)種目別決勝後半 23時55分~25時25分 全国ネット

実況陣を見てがっくりしました。
塩原恒夫、吉田伸男、森昭一郎、竹下陽平、西岡孝洋。
…西岡さんが全部やればいいのに。特に塩原いらんって。JAPAN CUPでも不思議な実況をしてくれたなぁ。
何故フジテレビが放映権を買ったんだろうなぁ。NHKでやってくれればいいのにー。
あれ、でも今回ジャニーズはいないのかな?

ドイツのファビアン・ハンビュッヘン選手が欠場とのことなので、個人総合は内村航平選手が優勝に王手かなと感じました。普通にやれば…
既に個人総合予選は始まっていて、田中和仁選手が演技済みのようです。ゆか・あん馬にミスがあり1班終了時点で4位とのこと。
男子体操オフィシャルブログによると、坂本功貴選手はあん馬、関口栄一選手は跳馬、沖口誠選手はゆか、中瀬卓也選手は平行棒・鉄棒・つり輪の種目別予選に出場します。
男子blogではコメント欄で選手へのメッセージを受け付けているそうです。

09フィンランディアトロフィー男子シングル

2009/10/11(日) 22:18 フィギュアスケート

フィンランディアトロフィー、男子シングル終了しましたね。
結果サイトはこちら

高橋大輔選手はSP1位のFS僅差2位でした。動画を見ましたが、どちらもよい演技だったと思います。
SPでは最後にオチまで用意してくださって…(違)
ショーやさほど重要でない試合での大ちゃんのオチには結構期待しています。
FSは曲の使い方がバトルくんのラ・ストラーダととっても似ていて、もう少しでバトルくんのFSが脳内再生されるところでした。
スケーティングは軽くなったような気がしますが、ディープエッジはほとんど変わってないように思いますし、なんだか不要なアクが抜けたようで自分の好きな方向に変わっていたのでちょっと嬉しいです。
ただ、あのキャメルスピンの変形ポジションはイヤだなあぁ。あのキャメル、ホント好きじゃないんです。
スピンはレベルの取りこぼしが結構ありますが、これから詰めてくるのでしょうね。NHK杯に期待しています。
それでも大ちゃんは大ちゃんで、安心しました。
気になるのはキャリエール。FS調子悪かったみたいですねー。すっぽ抜けもあるし3Aちゃんと決まってないみたいだし。
あとは村上大介くん。ジャンプの数を数えましょう…。日本男子になったら村上くんまでザヤックにはまっちゃうのかしら…
違う意味で気になるのはヴォロノフ。FSではしっかり4T決めてきて1位ですねー。
すっぽ抜けがなくなってスピンのレベルが取れるようになって、コンスタントにいい成績が残せるようになれば上位にきそうだなと思いました。要求多すぎか…

なによりびっくりしたのは、現地に日本人の方が結構行ってらしたようなのと、観客からの歓声がものすごかったこと。
まだ他の選手の動画は見れていないので、他の選手でも同様な声援が飛んでいたのかもしれませんが、やはりFS最終グループ選手であり非常に個性的である選手に対する期待ってすごいものなのだなと。
これからオリンピックに向けて、大ちゃんにはとても大きな重圧がかかってくるのだろうなと思いますが、歓声を味方にして進んでいってほしいなと思いました。

YouTubeの高橋大輔選手の動画を貼っておきます。

■高橋大輔SP

■高橋大輔FS

フィンランディアトロフィーとマイズナーGPS欠場

2009/10/10(土) 01:18 フィギュアスケート

もうすぐフィンランディアトロフィーが始まります。
公式サイトはこちら。

http://www.stll.fi/finlandia_trophy/

とうとう高橋大輔選手の復帰初戦ですね。
他には村上大介選手、ブレジナ(えっネーベルホルンに続いてまた出るのかー)、ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン、リーバース(弟?)、ゼレンカ、ヴォロノフ、ベルントソン、キャリエールなど。
結構有力選手が出ますねー。W大ちゃん以外だと、キャリエールが何気に楽しみです。今年はどんなプロを持ってくるのか…
アメリカは有力選手がいすぎて、皆オリンピックに出してあげたいですよ。5枠くらいあげて欲しいです。
ライサチェク、ジョニー、アボット、キャリエール、ムロズ、ブラッドリー…5枠じゃ全然足りんわ。
女子はコルピ(こっちもネーベルホルンに続いてかー)、レピスト、ポイキヨ、マコーケル、マルケイ、澤田亜紀ちゃん、村主章枝さん、武田奈也ちゃん、ゲルボルト、レオノワ、ヘリゲッソン(2人もいるのか…)。こちらも結構面白そう。
個人的にはやっぱり、ミーシン先生に移った村主さんが気になる!
アイスダンスはバイアー組、カー組、プラトノワ/グラチェフ、あたりかなぁ。ペアはないのね。

高橋大輔選手については、公式練習の様子がニュースになっています。調子が良いようなので、あとはプログラムの出来が気になります。
高橋が復帰戦の公式練習で連続3回転成功
フィギュア高橋が痛めた右足で4回転着氷
高橋入念チェック、1年半ぶり復帰戦前に
1年ぶり実戦復帰…高橋、頂点へ「まず試合勘」(インタビュー。写真、いい顔してますね!)

また、キミー・マイズナー選手が右膝のケガのためGPSを欠場する旨が発表されています。
ロシアカップとNHK杯の出場でしたが、まだ代わりの選手は発表されていません。
元世界選手権覇者のマイズナーがGPシリーズを欠場
フィギュアのマイズナーがGP欠場

亀井広忠プロデュース能楽囃子舞台「三番叟」

2009/10/07(水) 02:02 野村萬斎

いろいろ職場で根回しして、10/5は久しぶりに能楽の舞台を見に行きました。

三番叟
三番叟:野村萬斎、千歳:竹山悠樹、笛:杉信太朗、小鼓頭取:大倉源次郎、脇鼓:鵜澤洋太郎/古賀裕己、大鼓:亀井広忠、後見:野村万作/月崎晴夫、地謡:深田博治/高野和憲/岡聡史
舞囃子「菊慈童」遊舞之楽
シテ:梅若玄祥、笛:杉信太朗、小鼓:大倉源次郎、大鼓:亀井忠雄、太鼓:観世元伯、地謡:梅若晋矢/観世喜正/山崎正道/谷本健吾/川口晃平
狂言「三本柱」
シテ:野村万作、アド:深田博治/高野和憲/月崎晴夫、笛:杉信太朗、小鼓:鵜澤洋太郎、大鼓:亀井広忠、太鼓:観世元伯、後見:竹山悠樹/岡聡史

5日と6日の2日間あって、本当は両方行きたかったんですが仕事上厳しいので、散々悩んだ挙句萬斎三番叟を選択して5日だけ見に行ったものの…やっぱり6日も見たかったです。
三番叟と舞囃子の間にMC(と書いてあったらしい…)があって広忠さんがおっしゃっていたのですが、今年の4月に会場の日経ホールが落成したばかりで、何かおめでたいものをということでこれらの曲を選択したそうです。
この催しがなかなか面白いコンセプトでした。
「日経新聞社様からこのお話を頂いた時に、野村万作師と野村萬斎師、亀井忠雄と私広忠の親子競演をお願いします、とご要望を頂きまして、5日に子の萬斎師と私の三番叟、6日に父の万作師と忠雄の三番叟を組ませていただきました」 と広忠さんはおっしゃっていました。
また、「明日もいらっしゃる方は…?」ときいて手を挙げた観客がいるのを見ると「どうぞ明日と比べないでください。自分が習った親を超えることは出来ませんので」とも。
さすがに親と子を比べてどっちが巧いなどという人はいないのではないかと…
年齢が違うと表現がどのように変わるかというのを見比べるのは面白いでしょうねー。つくづく、土日にやってくれればどちらもいったのにと…
あと知らなかったんですが、広忠さんちはお父様が能楽の大鼓方でお母様が歌舞伎の囃子方のお家なのだそうです。
で、長男の広忠さんが能楽の囃子方に行き、次男と三男は歌舞伎の囃子方に行ったのだとか。
生きる世界が異なっても、おそらく次男と三男にとって父は追いかけるべき存在なのだろうな、などと思いました。
そうそう、広忠さん、「独身でございます。弟二人は結婚しております」とアピールしてて面白かったです。アピールしてても話し方に品がある辺りがさすがだなと。

今回はカンファレンスなどにも使えるようなホールで、普通の劇場とは造りが違って面白かったです。
前の席の背もたれ部分に引き出し可能な机があるし(でも通行の妨げになるので使うなとアナウンスされました。番組表置くのにちょうど良かったのに…)、また電源のようなボタンもありました。おそらく手元で照明がつくのでしょうね。
椅子も、劇場の腰が痛くなるようなふっくらした椅子ではなく、個人的には座りやすかったです。
また照明の演出も少し入っていました。始まるまでは舞台に薄暗い青い照明が当てられていて、三番叟が始まると同時に通常の明るい照明になるという感じ。
そのほかは割と普通だったかな?
萬斎さんの三番叟は今年初めてみました。
毎年1回は見たいなーと今でも思っています。萬斎さんの三番叟は綺麗で躍動的でとても好きです。
今回観ていて、鈴ノ段で顔を上げている角度が綺麗だなーと思いました。揉ノ段も好きですが、個人的にはやっぱり鈴ノ段がお気に入りです。
三本柱も、何度見て万作さんの果報者がステキでした。
万作さんがこの曲のシテをされているのは何度も見ているのですが、アド3人が2本ずつ柱を持って帰ってきたところを見て表情がぱあっと明るくなって笑うところ、いつ見てもシテと一緒にこちらまで嬉しくなってしまいます。
普段の表情はどちらかというと厳しそうに思うのですが…万作さんの笑いの型のすごさでしょうか。
今回小鼓に大倉源次郎さんが入っていたのが嬉しかったです。源次郎さんが頭取でいらっしゃる時は何故かほっとします…
笛の方が妙に若いなーと思ったら、杉信太朗さんは1986年生まれなのだとか。そんな若さでこのメンバーに入るとは…とても巧い方なのでしょうね。

09Japan Open

2009/10/05(月) 00:20 フィギュアスケート

ジャパンオープンとカーニバルオンアイスに行ってきました~。
今回のJOはジャッジ側をとったのでキスクラウォッチングが出来なかったのが残念でしたが、オリンピックシーズンのプログラムを正面から見れたのは楽しかったです。
ジャパンオープンの結果サイトは以下です。
http://www.skatingjapan.jp/InterNational/2009-2010/jo/index.htm

サミュエル・コンテスティ選手。
まだまだ本調子じゃないんでしょうね。だんだんスピードや力強さが落ちていった感じがしたのが残念でした。
でも彼の滑りを初めて生で見れて、本人も楽しんでくれたかなーって感じもしたのが良かったです。
本田武史選手。
…JOで一番感動したのは彼だったかもしれません。
6分間練習で出てきたのを見て、現役時代そっくりのスタイルに戻っていたのでびっくりしました。
そしてそれよりもびっくりしたのは、ジャンプが現役時代そっくりの軽いジャンプだったこと。そしてあのアランフェス協奏曲を新採点用に違う構成で手直ししてきたこと。
JOに求めている楽しみが本田くんに全て詰まってて、どっちもとっても嬉しかったです。
メロディーに合わせて両手をあげるのとか、作り直しによって好きな振りがなくなっちゃってたりはしたんですけど、それでもいいんです。
4分半、たった年に一度の競技会のためだけに滑ってくれるのが嬉しかったんです。

それはバトルくんも同じことで。

ジェフリー・バトル選手。
当日まで、エクローグなのかアララトなのかそれ以外なのか…何を滑るのかいろいろ考えてました。
エクローグだったとしても、これまで見たことがあるショー用のエクローグとどれだけ変えてくるんだろうと。
全然違ってました、エクローグ。構成が。
音との一体感としてはショー用のほうがいいと思いますが、競技会用のプログラムとしてエクローグを観ることが出来たのが本当に嬉しかったです。
6分間練習では3Aも成功していました。本番でも決まっていればよかったですね。1つ目の2Aは確実に3A跳ぼうとしていたなーと思います。
ジャッジスコアを見ると、最後のスピンが0点になっていたんですね。これがカウントされていれば北米チーム優勝だったのに!
他のスピンもLv4取り逃していたりして、現役時代はこんなことはめったになかったのになーと思うと、プロになって競技から離れたんだなと実感しますね…
6分間練習はかなり久しぶりに見ましたけど、その時はそんなに感傷に浸らなかったんですが。ジャッジスコアを見て感傷に浸るなんてなんだかおかしいような、バトルファンらしいような。
本田くんとバトルくんと見て、ジャンプは現役のような高難度のものは跳べなくなってしまうけど、ジャンプの質そして滑りの質表現の質はプロになっても全然変わらないものだな、財産だな…とつくづく思いました。
音楽に後押しされて滑る、観客の完成に後押しされて滑る選手はたくさんいると思いますし、それらに後押しされるようなプログラムを選択する選手も多いと思います。
世界チャンピオンになった後にこの曲を選択したバトルくんは、それらとは一線を画して、音楽の響きと音の余韻を1つの作品として観る者に見せたかったのかな…と考えたりしました。
大興奮の中のスタオベもいいけど、目の前の作品に静かに涙を流しながらのスタオベっていうのも、フィギュアスケートに…スポーツにあってもいいでしょう?と言う。

小塚祟彦選手。
このフリー、私は結構好きです。ニュースで布袋と聞いていたのでどんだけロックな感じなのかと思ったら、全然違う雰囲気で。
出だしの振り付けが、とっても雰囲気があってステキだなと思いました。
なんとなく、演技がこれまでより外に向いてきた気がします。これからGPSが楽しみになるプログラムでした。
ステファン・ランビエール選手。
今シーズン、JO以外でも「選手」と呼べるのがなんだか嬉しいですねぇ。
彼のプログラムに関しては、これまでDOIとかのアイスショーでも散々見ていたので、ちょっと辛口になるかもしれません。
曲の雰囲気はどの選手よりも情感たっぷりだったなと思います。さすがプロを経験してきた人は違うなと。
ただ手のマイムが多いなと思いました。足元でも表現しながらのマイムだったらもっとよかったんじゃないかなと思います。
4回転はお手つきになってしまって残念でした。でもネーベルホルンからすぐだったのに来日してFSを見せてくれただけで嬉しかったですね!
ジェレミー・アボット選手。
友人から「最近FSを変えたばっかりらしいよ」と聞いてびっくり。
TV放送を見たら、3週間前に作ったばっかりなんですってね。それ以前にプログラムを仕上げて滑っていたのにもびっくりしましたが、3週間でここまで出来るのもすごいなと思いました。
NHK杯がとても楽しみになりました。結構好きなプログラムです。
しかし、オルガンのこともたまには思い出してくださいと言いたくなるような曲編成でしたね。安藤さんのオルガン付きもオルガンパートがほとんど無視されていたような…。
サン=サーンスのオルガン使いはフィギュアスケーター(というか振付師?)の琴線にはふれないっちゅーことでしょうか。

ベアトリサ・リャン選手。
ジャンプがほとんど決まらず残念でした。TES20点台は呆然ですね。SPじゃなくてFSだよね?とついつい確認してしまいます。
カットインされて映されていたバトルくんも残念そうだったなぁ。
エレーナ・グレボワ選手。
髪が金髪になっていてびっくりしました。雰囲気変わりますね~。
ローウエストで短いスカートのコスチュームがステキ。しかしスタイルが良くないと着こなせないコスチュームですね。
いきなり呼び出されて遠い日本まで来てくれてありがとうと思いながら見ていました。演技後の反応などを見ると楽しんでくれたみたいでなによりです。
中野友加里選手。
転倒後に肩の辺りを痛そうに押さえていたので、安藤さんとか荒川さんとかいろいろ思い出してとても心配になりました。
これから長いシーズンが始まるんだから棄権しても…と思いましたが、最後まで滑ってくれたその心意気に拍手。
肩のせいかジャンプがイマイチ決まらず点が取れていませんでしたが、これから詰めてくるのかなーと思いながら見ていました。
まだ要素をこなしたり振付を覚えている段階なのかなと感じました。
最初中野さんが火の鳥を滑ると聞いた時、これはジャッジを目で殺すんだろうなーと想像していましたが、予想通りジャッジを目で殺していて安心しました。あれはすくむな…
ジョアニー・ロシェ選手。
彼女のサムソンとデリラ、今回出た女子のプログラムの中で一番好きです。一番仕上がってましたね。スタオベしました。
見るものに訴えかける力も一番あった気がします。まさに女子シングルでの王道、でしょうか。
コスチュームもさすがはロシェ、キラキラしていて色も彼女の髪色や肌色に合っていてとてもステキでした。
ラウラ・レピスト選手。
何を滑るのかなと思ったらいきなりアディオス・ノニーノで、ロシェに引き続きついついバトルくんを思い出しちゃいました。
でも彼女とタンゴ、合いますね。滑りに雰囲気がある選手にはタンゴが似合うのかなと思いました。
3T-3Tに失敗して3T単独になったり、アクセルが抜けちゃったりしてしまいましたが、今後このプログラムを仕上げていけば面白いだろうなーと思いながら見ていました。
浅田真央選手。
ラフマニノフの「鐘」とは知っていましたが、どんな音楽かは調べていなかったので曲が流れてきて「これかー!」と心の中で叫んでしまいました。
バトルくんがナコイカッツィやった時のSPの曲ですね。
…バトルくんが滑った時も思ったんですが、暗いし重い。オーケストラの重厚な響きで、かつテンポもゆっくりな演奏なので重さが際立ちます。
これは曲にも観客にも後押しされて滑ることの出来ないプログラムだと思います。
真央ちゃんは曲や観客に(依存してはいないものの)後押しされて滑るタイプなんじゃないかなと思うので、彼女にとっては試練のプログラムになってしまう気がします。
せめてショートにしてくれれば…バトルくんがピアノ版をSPで滑った時も「暗い曲だなぁ」と思ったくらいなのに…
真央ちゃんもピアノ版にしてくれれば、今よりは多少でも彼女に合った感じがする気がします。
最近のタラソワさんはオーケストレーションされたものがお気に入りなのでしょうか。真央ちゃんは滑りが前とは変わったとはいえ、もう少し軽めの音楽がいいと思います。ピアノのような。
この曲は高橋大輔選手が滑ったら面白いような気がしました。

結果はなんと0.13という僅差で欧州チームの勝ち。
決定した後、北米チームからぬいぐるみが飛び始めたのが見えて「?」と思っていたら、バトルくんが立ち上がったらしく頭がひょこっと見えて、ぬいぐるみを投げまくっていました。
対する欧州チームはランビエールが投げまくっていたのかしらと思っていたのですが、TVで見ると欧州チームは皆で投げていたみたいですね。
北米チームも皆で投げまくりだったのかな?
枕投げならぬぬいぐるみ投げを見れてとても楽しかったです。
まぁ0.13差で20000ドル違う=一人当たり50万円違うんだったらぬいぐるみ投げたくもなるよねと友人が言っていて笑っちゃいました。
50万は大きいよね~確かに。
そういえばランビエールは、レピストがジャンプ成功したタイミングで超でかい「フォー!」って声を上げていました。
キスクラは見えていなかったんですが、あの声質はランビエールだと思います、確実に。

もうすぐジャパンオープン…

2009/10/02(金) 01:28 フィギュアスケート

今年のジャパンオープンは既に選手が2名入れ替わっていましたが、マイヤー選手も右足アキレス腱負傷の為欠場とのことです。
代わりはエストニアのエレーナ・グレボワ選手。
公式サイトにもアナウンスされています。サイトの写真は入れ替えられなかったみたいですが…
ネーベルホルンを欠場したのでケガ…?とは思ったのですが、やっぱりケガだったんですね。オリンピックに影響がないといいんですが。
プログラム披露も楽しみにしていたので残念です。
そういえば去年は6分間練習で動けなくなくなるような転倒があったのに本番は神演技だったなぁ。今回JO欠場したから、きっとオリンピックは神演技だ!

マイアーに代わりグレボワ=フィギュア

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

09 « 2009/10 » 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。