blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフリー・バトルアーティストブック告知サイト

2009/08/27(木) 23:58 フィギュアスケート

ジェフリー・バトルファンの皆さん、見ましたかこのページ。

■ジェフリー・バトル(Jeffrey Buttle)アーティストブック「chapter TWO」

フィギュア好きの友人からmixiのメッセージが届いたから何事かと思って見に行ったら…
真夜中に大爆笑しちゃったじゃないですか。なんですかこのサイト。
THE ICEの時に告知ポスターを見て、スケートしてるときの写真がたくさん載ってるに違いない…とか思った私がお馬鹿でした。半分以上オフアイスじゃないかー

「サプライズなギフト」
「絶対満足できるマスト・アイテム」
とか、なんだかターゲット層を大幅に間違えて読んでるんじゃないかと思う文句が並んでるのが気になります。学研さん大丈夫ですか。

深夜まで撮影に完全密着したメイキングDVD(彼の素顔に急接近できる、コメントいっぱいの映像集。テレビとはひと味違う氷上での滑りも堪能できます!)

ってのもなーんか外している気がする。多分、売り上げ倍増が見込まれるDVDはこんな感じ。5万円でも買いそう↓

現在までの全プログラムを完全収録した本人の解説つきDVD(彼の感性に急接近できる、解説いっぱいの映像集。現在とはひと味違う昔の氷上での滑りも堪能できます!)

何はともあれ、10/1発売予定だったのが9/25に発売が前倒しになったようです。
A4変型判/ハードカバー/88ページ/メイキングDVD付きで予価/3,990円(税込)。
楽天ブックス・7&Y・JBOOK・e-hon・ツタヤオンラインでオリジナル生写真つき先行予約をもうすぐ開始するとのことです。
10/3にJOで来日した際、サイン会とかやらないかなーなんて勘ぐっちゃいますね。
つかたまアリでサイン会開催しちゃったらいいんじゃないのみたいな。カーニバルオンアイスまであんまり時間の余裕がないから、無理かなぁ。
あ、今年はJO土曜開催だから、日曜に池袋ジュンク堂辺りでサイン会するといいのにな。
ついでにトークショーでもやってくれればより嬉しい。菅原さんのフィギュア写真集発売の時にトークショーやったスペースでやるってどうかしら。

スポンサーサイト

THE ICEの放送

2009/08/16(日) 22:22 フィギュアスケート

職人さんに感謝しつつ、某動画サイトでTHE ICEの映像を一部見ました。
芸能人をゲストに呼ぶと話をふらざるを得ないのかなーなんて思ったりしましたが、演技中には一言二言くらいしかしゃべっていなかったので、割と見やすかったと思います。

バトルくんのEclogue、顔のアップが時々あったので、その時その時の表情をしっかり作ってるんだなーというのが良く分かりました。
動画で見た限りでは、多少曲と振りがずれているかも?と感じたところもあったんですが、佐野さん曰く「隙がない」のはさすがだなと思いました。
4分20秒くらいあるのでEXにしては長いプログラムですが、心地のよい緊張感と牧歌的穏やかさが流れていて、透明な気持ちになります。
「真央愛してる」は鈴木明子ちゃんが書いてたんですねー。明子ちゃんの声がすごーく楽しそうだったな。雰囲気いいんですね。
アラジンのプログラムが終わった後、急いで早着替え部屋へ!ってとこで、早着替え部屋に入る前に既に上を脱いじゃってるバトルくんには笑っちゃいました。サービス?
バトルくんの衣装の場合は靴を脱がないとボトムが脱げないのかな? 真央ちゃんのは切ってホック留めあたりにしたおかげで、スケート靴脱がなくても大丈夫になったみたいですが。

残念だったのはやっぱり、テンくんのダイジェスト。
リッポンはフルで流れていたのでテンくんも見せて欲しかった。中京の場合名古屋の選手優先になるだろうから仕方がないのかなー。
ヒップな奴らが見られたのは良かったー。
ただ、ああいうグループナンバーっぽいのって、カメラワークが難しいですね。生で見たときの楽しさが半分も伝わっていなかったな。テンくんのクリムキンイーグルもリッポンのバレエジャンプも映ったけど…。
そうそう、ライサチェクさんの笑顔もあんまり映ってなかったなぁ。ステップの時めっちゃニコニコだったのにー。

あと、チュッキョ・フィギュアのスピン選手権も見ました。
ヤバイ、皆なんであんなに盛り上がってるんだ。小塚くんの指差しも面白かった、なんとなく彼らしくなくて。
リッポンのシットスピンのこけ方も面白かったなー。
あっそういえば、放送になった初日昼公演のスクラッチスピンの最後、リッポン怪しくなかったですか? 最終公演のコンビネーションスピンみたいに、なーんとなく自力で回っていたような…

アダム・リッポン執念のナゾ

2009/08/12(水) 23:18 フィギュアスケート

チュッキョフィギュアに8月12日放送「スピン選手権」の記事が載っていました。
THE ICEでのスピン選手権のお話です。

毎公演、最終的にはアダム・リッポン選手VS小塚崇彦選手の争いでしたが、後で聞いてみると、リッポン選手は6人兄弟の長男。
DSを兄弟分ゲットしたかったそう(笑)
そして小塚選手は、すでに持っているということなので、やはりプライドだったのでしょうか?!

リッポンがなんであんなに執念で回っていたのかよーく分かりました(^_^;
それだったら小塚くん、DSだけリッポンにプレゼントしてあげて欲しい気もー。

8/4BLACKBIRD

2009/08/06(木) 00:40 その他観劇

昨日は頭痛がひどくて更新できなかったんですが、8/4は世田谷PTまでBLACKBIRDを見に行ってきました。
出演はレイ(ピーター):内野聖陽、ウーナ:伊藤歩。あと中学1年生くらいの女の子。

(ホリプロサイトより)
15年前に未成年者に対する行き過ぎた行為で有罪判決を受け、名前も住む場所も変えて人生をやり直した男レイの元へ、ある日突然、一人の女が現れる。それは、その事件の被害者で、ずっと同じ町に暮らし、周囲から好奇の目でみられながら生きてきたウーナだった。
来訪の目的がわからず怯えるレイに、ウーナはこの15年間について、そして当時の‘こと’について話し始める。やがて明らかになるふたりの本当の関係と、意外な真実とは・・・

2人だけの舞台で、休憩なし2時間をもたせるってすごいですね。多少噛む・言い直すことはありましたが流れを止めるような部分はなかったです。
最初はウーナの話がまとまりなく噛み合わず、女が何故男を訪ねたのか、その意図が分からずにいたのでちょっとだれてしまいましたが、後半は過去の二人のいきさつがそれぞれの視点から明かされていくので引き込まれていきました。
12歳のウーナは世間を知らないためにただひたすらに男を愛し、男だけを信じて町中を探していたが、男は戻ってこなかった。
41歳のレイは世間を知っていたために周囲を恐れ、逃げ、少女が駆け出していった部屋で少女を待ち続けることが出来ず、ウーナが来るのではないかと思ったという異なる街(忘れた)で待っていた。
二人の年齢差がこの悲劇を招いたのか…と思ってました。ウーナもそう思っていた。
レイがウーナとの激しいキスの後に彼女を抱こうとしたが「出来ない」といって中断したのも、今は既に1つ年上のパートナーがいるから「出来ない」のだと。

ラストでピーターと名を呼びながらレイに抱きつく12歳くらいの少女の姿を見るまでは。

ぞっとしましたねー。
いや、ぞっとすると言う言い方は正しくないのかな。凍りつきました。
愛していたと言いながらウーナを抱けなかったのは、ウーナがもう少女じゃなかったから?
1つ上のパートナーがいると言ったけど、性愛の本当の対象はこの少女?
というか、1つ上のパートナーなんていなくて本当のパートナーってこの少女?
この子とも既に「関係済み」?
…と。
違う、この子は彼女の子だというピーターの台詞が空しく響き渡りました。
一度持ってしまった疑惑の念は消えませんね。ピーターは本当にパートナーの子供としか見ていないのかもしれませんが、真相は藪の中。

内野さんは安っぽいスーツを着せると冴えないオジサンに見えましたね。こういう人会社にいそうな。でも56歳にしてはちょっと若かったなぁ。
伊藤さんは細くて足が綺麗だったんですが、ポニーテールの髪形のせいか細い体形のせいか27歳と言うよりは20歳くらいに見えました。ホリプロサイトの写真は色っぽくていいんだけどなー。
もうちょっと女性らしい体形の役者さんの方が、ラストの衝撃ももっと大きくなったかも。

8/2N響ほっとコンサート

2009/08/03(月) 23:02 音楽

HACHI

8/2は久しぶりにN響ほっとコンサートに行ってきました。
指揮は現田茂雄さん、司会は黒崎めぐみアナウンサー。
右の写真は、帰りがけに寄った東急百貨店本店にいたHACHIのぬいぐるみです。おっきくてかわいい。

第1部:吹奏楽
祝典序曲(ショスタコーヴィチ)
吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」(伊藤康英)
吹奏楽のための組曲第2番(ホルスト)
アンコール:大河ドラマ「天地人」吹奏楽Ver.
第2部:オーケストラ
序曲「ローマの謝肉祭」作品9(ベルリオーズ)
バレエ音楽「恋は魔術師」から「火祭りの踊り」(ファリャ)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から間奏曲(マスカーニ)
交響詩「ローマの祭り」(レスピーギ)

N響最近良くないとかいうネットの評判を見ていたんですが、なんの素敵な演奏でした。
やっぱり金管が安心して聴けるのはありがたいです…
3年前のほっとコンサートの曲目&出演者が良すぎたので、大なり小なりガッカリするかなと思いましたがそんなこともなく。
「ぐるりよざ」コンクールでもよく聴く曲でしたが、全部聴いたのは初めてだと思います。冒頭の教会を思わせるチャイム&グロッケン(ビブラフォンかも)の音と、賛美歌を思わせる楽団員さんの歌が清浄な感じでとても雰囲気がありました。
「ぐるりよざ」ってキリスト教の聖歌「グロリオーザ」がなまったもの、だったんですね。初めて知りました。
途中ティンパニとトムトムかな?がすごくかっこよかったので演奏してみたいなと思いました。しかしティンパニ5つ並べるのは大変ですね。普通に並べたら180度以上体を回さないといけないだろうなぁ。
作曲者の伊藤さんが会場にいらしていたようです。
高校時代にホルストの組曲をやったことがあったんですが、第2組曲じゃなかったみたいです。初めて聴きました。演奏したのは第1組曲だったのかな…
天地人は実は一度もTVを見たことがないので全く聴いたことがない曲でした。知っていれば一度くらい見てから行ったのに。
「ローマの祭り」はやっぱり主顕祭に反応してしまいました。これも吹奏楽(コンクール)でよく聴いたんですが、どこでも主顕祭は外さないからいつの間にか聴きなれていたんですねー。
ローマの松と頭の中で比べてみて、「レスピーギサウンド」もあるんだなぁと思いました。
これまではバッハとモーツァルトくらいしか聴き分けられませんでしたが、レスピーギも聴き分けられるようになった気がします。
楽器体験コーナーも行きたかったんですが、人が多くて諦めました。すごい人でしたね。
演奏会途中で各パートの演奏者にインタビューがあったんですが、Tpの人すごい駄洒落好きでびっくりしました。飲み会でこっちが困っちゃうタイプのオジサマだな…(^_^;

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

07 « 2009/08 » 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。