blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAPAN OPEN 2009 / Carnival on Ice 2009

2009/07/30(木) 00:40 フィギュアスケート

【09/10/02更新】
出場選手を変更。サラ・マイヤー→エレーナ・グレボワ

【09/09/20更新】
出場選手を追加&変更


ある意味今更ですが、出場スケーターが発表になったので記事にしておきます。

■JAPAN OPEN 2009 / Carnival on Ice 2009

公式サイト
JAPAN OPEN…http://www.tv-tokyo.co.jp/japanopen2009/
Carnival on Ice…http://www.tv-tokyo.co.jp/coi2009/
開催日時
2009/10/03(土) JAPAN OPEN…12:00開場/13:00試合開始、Carnival on Ice…18:00開場/19:00開演
場所
さいたまスーパーアリーナ(埼玉)約15,000席
JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線「さいたま新都心」駅下車徒歩すぐ
JR埼京線「北与野」駅下車徒歩約7分
席種
JAPAN OPEN…SS-\19000 / S-\15000 / A-\10000 / B-\8000 / C-\6000 / D-\4000 / ペアS-\24000 / ペアA-\17000 / ペアB-\12800
Carnival on Ice…SS-\20000 / S-\17000 / A-\14000 / B-\10000 / C-\8000 / D-\6000 / ペアS-\27200 / ペアA-\22400 / ペアB-\17000
プレイガイド
チケットコール、 チケットぴあ(JAPAN OPENCarnival on Ice)、 CNプレイガイド(JAPAN OPENCarnival on Ice)、 e+(JAPAN OPENCarnival on Ice)、 ローチケ、 楽天チケット(JAPAN OPENCarnival on Ice
出場スケーター(予定)
JAPAN OPEN…日本チーム:浅田真央/中野友加里/小塚祟彦/本田武史、北米チーム:ジョアニー・ロシェ/ベアトリサ・リャン/ジェレミー・アボット/ジェフリー・バトル、欧州チーム:エレーナ・グレボワ/ラウラ・レピスト/サミュエル・コンテスティ/ステファン・ランビエール、ゲスト:荒川静香
Carnival on Ice…浅田真央/中野友加里/小塚祟彦/本田武史/ジョアニー・ロシェ/ベアトリサ・リャン/ジェレミー・アボット/ジェフリー・バトル/ラウラ・レピスト/サミュエル・コンテスティ/ステファン・ランビエール/アレクセイ・ヤグディン/荒川静香/高橋大輔/織田信成/安藤美姫

日本女子がまだ決まっていないんですね。安藤さんでも中野さんでも村主さんでも楽しみだけどな~
今年はカナダ組が来てくれたのが嬉しいですね~。去年はCSOIとかぶっちゃったんでしたっけ。
それにしても欧州男子、コンテスティが入ったか~。…濃すぎません?
何というか、誤解を恐れずに言えば親父っぽい人が揃ったと言うか…
女子が滑る番になったらキスクラ濃すぎて正視できないんじゃないでしょうか。去年はシュルタイスが緩衝材になっていたけど。
しかしカーニバルオンアイスではコンテスティが大活躍してくれそうな予感。面白そうなスケーターですよね~

スポンサーサイト

THE ICE 思い出し分。

2009/07/28(火) 22:59 フィギュアスケート

昨日書こうと思ってたのに何故か書き忘れているところが結構あったので記事追加。
なんか思い出したらこの記事を適当に更新することにします。

7/26昼のトークショーで、眞鍋かをりさんは安藤さん・小塚くんとともに変顔プリクラを撮ったらしいです。
これまで眞鍋さんは変顔で負けたことがなかったらしいんですが、安藤さんには敗北宣言していました。
確かに、この間のおしゃれイズムで電波にのっちゃったクラスの変顔だったら、なかなか安藤さんに勝つのは難しいですよねぇ。

7/26夜トークショー、ベルビンちゃんが日本語しゃべってました!
「日本語がちょっと出来ます」って。「ニホンゴガチョットデキマス」じゃないの。イントネーションが。
しかも澱みなくしゃべってたもんで、自然すぎて英語から日本語に切り替わったのに一瞬気づかなかったです。

7/26昼のテンくんのマイケル・ジャクソン、終わり方が印象的でした。
白手袋をはめて演技をしていたんですが、最後は止まって、両手を開いて手首の辺りで交差し、ひらひらとはためかせながら手を挙げていました。
天使が天に還っていくような感じ。

コラボでは個人的には若人三人衆の「Sexy Back」がすごく好きでした。スタオベしたかったくらい。
テンくんとリッポンはシースルータンクトップ+革ジャケで、革ジャケをチラッと脱ぎかけるような振付があってちょっとセクシー。しかもその振付がなんかハマってて。若いのに。
無良くんは出番終わってすぐだったんで、自分の衣装+革ジャケで出てきたのでちょっと残念だったんですけれども。
また演技終わってから、テンくんがリッポンの肩叩いて無良くんの肩叩いて、3人でつるんで帰っていくのが中高生男子の友情みたいな感じで雰囲気良かったんですよー。

フィナーレで安藤さん・ライサチェク・ベルビン/アゴストの4人はボレロにのって出てきたんですが、これも良かった。
ベルビン/アゴストがリフトやってるところでシングル2人はCiStを踏んでいたんですが、安藤さんは良く見れなかったんで分からなかったもののライサチェクさんはSlStのステップを織り込んでステップ踏んでくれてて。
普通のプロではストレートラインなステップがサーキュラーに変わっているのが面白いなーと。
多分安藤さんもSlStを少しだけでも入れてくれていたんじゃないかなぁ。
二人とも昨季ボレロで滑っていたので、振付師さんがわざとボレロをつけてきたのかな?と思いました。

7/26THE ICE

2009/07/28(火) 00:08 フィギュアスケート

THE ICE2日目分、書かずに1日置いたらやっぱり忘れかけてきました…(-_-;
ムリヤリにでも昨日書いておけばよかったな~
エクローグがかなり忘れられず、SOIinレークプラシッドのエクローグを見直しています。いいプロだなー。

2日目は昼公演がTV用の収録で、佐野稔さん(リンクに教えてきたのかと思うような格好だった)やウエンツ瑛士や眞鍋かをりさんなんかが来ていて、周りは盛り上がっていました。
「ウエンツー!」って女の子が呼んだらウエンツ反応して真顔でお辞儀していましたが…しゃべらないとさすがにイケメンでした。
眞鍋かをりさんはいつの間にやらギャル系?になっていてびっくり。明るい茶髪に化粧濃くなった…?
彼女は昼公演に限ってトークショーの司会もしてたんですが、かなり高めのヒール靴を履いていたので氷上を歩く時ものっすごい大変なことになってました。
終わってから帰る時なんて、わざわざ陸地に遠い場所から降りちゃったもんでマジコケしてました。膝をしたたか打っちゃったんじゃないかしら?大丈夫かなー膝出す仕事多いだろうに…

昼公演のトークショーは安藤美姫&小塚祟彦。今シーズンの目標に「全力で走り続ける」みたいなことをかいた小塚くんに安藤さんが、突っ走りすぎてボードに激突したりしているので気をつけてねーみたいなことを言っていて、姉と弟のようなコンビでした。
すると小塚くんがおもむろにボードをひっくり返したんですが…「激突注意」って書かれてました…
そういえばパトリック・チャンも時々ボードに激突していた気がするし、あの年代は突っ走りすぎる傾向があるんでしょうか。
夜公演は浅田舞&タニス・ベルビン&村上佳菜子の世代が違う美女3人のトークショー。
舞ちゃんは美女と言われてめちゃ恐縮していました。甘いものがすごい好きなので我慢しなきゃいけないんだけどなかなか我慢できないとか。 演技の上では背中で語れるように心がけているそうです。
今シーズンは9月から試合が始まるのでジャンプももっと跳べる様になって全日本に出られるよう頑張るとのこと。
ベルビン、美しさの秘訣は最初「beautiful parents」のおかげとか言っていましたが、いい恋をすることとかが秘訣らしいです。通訳に超はしょられていたので本当にそう言ってたのか分かりません…。
この時に本田アナが「去年いらしたサーシャ・コーエン選手は『美しさの秘訣はメーキャップよ!』と言っていたんですが」とか言ったらベルビンちゃんそれを聞いてすっごいびっくりした顔をしてました。サーシャそれ言っちゃったの…?って感じですかねぇ…
今シーズンの目標は、オリンピックで1位になって日本にもアイスショーでたくさん来たいとか言っていたようです。
佳菜子ちゃんは早く大人になってブランドバッグを買い漁りたいんですって。

個人的に今回の公演の目玉は、バトルくんや企画モノを除くとデニス・テン&アダム・リッポンの2スケーターでした。
公演回数をこなす毎に超大物感が増していったテンくん、彼はすごい。
家に帰るまでは遠足ですじゃないけど、裏に引っ込むまでが演技ですみたいな。村主さんもびっくりですね。
昼公演は「IN THE MEMORY OF MICHAEL JACKSON」、夜公演は「sing sing sing」でした。
マイケルジャクソンでは、途中引っかかって?転倒してしまったんですが上手くごまかし(?)、演技終了後の南へのお辞儀では転倒の時みたいなスライディングをしてからお辞儀してました。
そして引っ込むかと思ったら立ち止まり、かぶっていた帽子を幕の奥へ投げ入れ、ムーンウォークで帰っていきました。…とはいえなかなかすんなりとは帰らなかったですけど。
「早く引っ込んでください」とか言われなくて良かったよー。めちゃ面白かったけどちょっとだけはらはらしました。
観客がどんどん味方になっていくのが分かったんでしょうね。
リッポンは2日目は「Desperado」、これが彼に合っていてめちゃくちゃ良かったんです。
ながーいイーグルに高いバレエジャンプで魅せ、しっとりした曲の表現がとても素敵でした。1日目のニコニコな演技も良かったけど2日目はもっと良かった~。

この二人が競ったのが夜の部のスピン選手権でした。
昼の部のお題はシットスピンだったんですが、何故か「普段スピンをしない(byDJ)」カー組まで参加。しかも超やる気。姐さんカッコイイです。
最後までは残れませんでしたが、氷上にコケて終わる時もいろいろリアクションをしていて楽しませてくれました。
バトルくんが離脱しリッポンもコケ、最後に残ったのは小塚くん。すっごい嬉しそうで、何故か無良くんまでめちゃ嬉しそうで二人ガッチリとハグしていたような。
そしてその後小塚くんはリッポンともハイタッチ。目で会話していたように見えました。
夜の部はカー組の代わりに「自分の出番が迫っているのに参加してくれました(byDJ)」テンくんが参加。
引率者バトルくん、夜公演では引率しながらとても綺麗なS字をイーグルで描いてくれてめちゃお得でした。さすが千秋楽。
お題は足替えコンビネーションスピン。ただし足替えは1回のみの制限つき。
いつもの様にバトルくんの模範演技が始まったのですが、いつもプログラムの最後にやるながーい足替えコンボをやってくれたので「(足を折りたたんで手を上げるシットポジションで)まだ回りますか!」「(最後のスクラッチで)どこまで回るんですか!」とかDJに突っ込まれつつ1セット見せてくれました。
このDJさん、いろいろ突っ込んだりするけど選手のやりたいことを遮ることなく最後までやらせてくれるし(止めないし)、いいDJさんですよね。千秋楽フィナーレで順番を盛大にすっ飛ばしそうになったけどご愛嬌。
夜のスピン選手権で最後まで残ったのは小塚・リッポン・テン。…が、リッポンとテンくんは何だか回り方がおかしい。自分で何とか動力をつけて回っているだけのような…
そこでDJに促されて主催者判定。君達のはスピンじゃない!…という感じでテンくん、リッポンと次々突き飛ばしていったのですが、突き飛ばされてもリッポンはまだ回っていました。どんだけDS欲しいんですかー(DJ風に)
…というわけでまたまた小塚くん優勝。引き上げてからもすっごい喜んでいたようで、「喜びの声がここまで聞こえますねー」とかDJが言っていました。
正確に判定したら確かに小塚くん優勝だったと思うんですが(こういうとこがバトルくんって感じですね)、ここはテンくん優勝でも盛り上がったんじゃないかなーなんて思いました。さぞ面白いリアクションが見られたであろう。

無良くん、昼公演では何と4回転しっかり成功!ガッツポーズ出てました~。TV放送が楽しみですね。
夜も2回チャレンジしたんですが、両足&転倒だったかな、成功ならず。
安藤さんは2日目はどちらもレクイエムに曲目変更。レクイエム、放送されますね。
しかし昼公演ではSlSt入った直後に派手に転んでしまってびっくりしました。幸いケガとかはなさそうで普通にステップを開始していたので良かったですが…転倒なしの演技をTVで見たかったですね。
ライサチェクさんは昼公演の時に表側で見れたのですが、ジャンプはほぼノーミスだし(コンボの2ndがちょっと怪しかっただけ)、しかもすっごいニコニコ笑顔で滑っているのに気づいてとても楽しかったです。
太陽のような向日葵のようなとても素敵な笑顔でしたよー。 競技プロではこんな笑顔を客席に振りまきながら滑ったりしないですもんね。
しかし夜公演は疲れちゃったみたいでジャンプが半分くらい決まっていませんでした。プロの性質上、一人だけジャンプ跳んでる回数が格段に多かったですもんね、仕方ないよなーと思いました。たくさん要素を魅せてくれてありがとう。
カー組のみんなで踊ろうフィナーレ、昼公演ではシニードが近くて去年同様ノリまくりだったのがよく見えました。夜公演のフィナーレは、何故かジョンがコケていたよ?
オープニングで呼ばれるのを待っている時のバトルくんは常にカーブを描きながらノって踊ってました。見ていて楽しかったです。

7/25夜THE ICE

2009/07/26(日) 00:56 フィギュアスケート

【7/28更新】
メールで曲名の情報を頂いたので、不明だった部分をいくつか修正。


アーティストブック告知

THE ICE1日目の夜公演を見てきました。
今日はホテルでレンタルPCを借りられたので覚えている限りでレポ書いておこうと思います。
ネタバレあるので、嫌な人は読まないでください。あと長いので、長いの嫌な人も。
記憶違いがあったら明日帰宅してから訂正しておきます。
あと、右の写真は愛・地球博記念公園駅で貼ってあったジェフリー・バトルアーティストブック(仮)の告知ポスターです。10/1発売みたいですね。

まずはオープニング、お揃いの衣装で全員登場。去年までは確かいきなりスケーターごとの演技になったような気がするので、豪華になりましたね。
曲は確かSing×3だったかな?最初に真央・美姫コンビで出てきてからバトルくんとか外国勢が出てきて~という感じだったかしら。
いきなりバトルくんたちが周回し始めて、皆ニコニコしてすぐ近くを通り過ぎてったのでびっくり。不意打ちですよ! 振付師さんファンが喜ぶことよく分かってるなーってうなりたくなりました。
あ、そうそう、振付師さん(坂上美紀さん)には織田くん&織田先生親子からお花が届いていたな。
女性陣の背中が眩しかったです。皆さんいい背筋してます。
何グループかに分かれて演技をするんですが、他グループ演技中のライサチェクさんのノリが異常。棒っぽい人が暗闇で異常にのっていました。あの辺にいたお客さんが羨ましい。
バトルくんも張り合っていたような。

続いて中村愛音選手で「さくらさくら」。なんか、前見た時(いつだっけ)より体が一回り大きくなった気がする。
布を使った演出でで、パンフによると「笑顔で滑れるように頑張ります」とのことでしたが表情はまだ硬かったかな~。
彼女を見ていると、ステップとかは結構踏めているような気がするんですが、ジャンプ前だかにバックで滑ってる時のスケーティングがいかにも漕いでますという感じがして気になるんですよね。
ステップができるならスケーティングそんなにうまくないわけじゃないと思うので、振付をもう少し入れたらいいのかななんて思います。
曾根美樹さん、「マスク・オブ・ゾロ」。
これまで見てきた中で一番普通のスケートっぽいプログラムでした(^_^;
まずは男役で出てきて、途中でズボンを裂くとスカート+網タイツになり、途中でサーベル?を受け取ってステップなどを行うプログラムで、ドロビアツコ/ヴァナガスのパイレーツオブカリビアンEXに似た雰囲気でした。
曾根さん男装かっこいいから男装したままでもいいような気がしたなー。
水津瑠美選手「TANGHESTA」。いつの間にか名古屋に拠点を移していたんですね。
構成的にはSPっぽいのですが、今日見た限りではまだリズム・拍の表現が甘いようで、タンゴの雰囲気が出ていませんでした。ジャンプの失敗とかに気をとられてしまったか、音に遅れてしまって急いでいたのかな。
村上佳菜子選手「ミス・バルチモア・クラブ」。
これはDOIで見たときにも思ったんですが、チャチャチャのリズムがうまく取れていていいプログラムですよね。佳菜子ちゃんはリズム取るのうまいですね。
浅田舞選手「アランフェス協奏曲」。雰囲気が出ていて良かったです。
最初のジャンプは失敗気味で苦笑いだったんですが、その後のジャンプを決めて笑顔が出てからのった感じがしました。
演技後暗闇の中で舞ちゃんがポーズ取ってるの見えるなーと思ったら、いきなりアンコール。中から出てきたのはアゴスト。
アゴスト、やっぱりなんかエロくて18禁な感じがするんで舞ちゃんにーげーてー…と思ってしまいました。
でも大人の雰囲気でよかったです。舞ちゃんも立派な大人ですもんねぇ。しみじみ。
アダム・リッポン「I'm yours」。
出てくる時、両手で手を振っていたのが見えました。肘を曲げて、KABAちゃんがやるような、こうちょっとオネエっぽい感じで。
彼は卑怯です。振り向きざまの不意打ち笑顔にやられます。
楽しそうに滑っていてEXもうまい選手なんだなーと感じました。
無良祟人選手「エリーゼのために」。プログラムを見た時その曲で?と思ったんですが、男っぽいアレンジの曲でした。
ほぼ目の前で3A跳んでくれたのに感動しました。めっちゃ高い。迫力満点です。
ここで再びコラボ。アダム・リッポン&無良祟人&デニス・テンで「Sexy Back」。
いきなりテンくんに釘付けですよ。クリムキンイーグル綺麗すぎですよ。腕ブンブン振って客席を盛り上げまくりですよ。
リッポンも高くて綺麗なバレエジャンプを跳んでいてこっちもすごかった!無良くんは見そびれたので明日注目します。3Aとかやったのかな。
シニード・ケアー/ジョン・ケアー「The Boogie Bumper + Minnie The Moocher」。昨シーズンOD?
始まりまでに時間をかけて雰囲気を作っていて客席盛り上がってました。特に最後にシニードにジョンが頭下げさせられたとこでは笑いが。
相変わらずアメリカンな陽の雰囲気を持ったカップルですね~。相変わらずジョンかわいいしシニードかっこいいし。
スカートをたくし上げるような感じの振付が最初にあるんですが、なんか姉さんがやると男らしくてかっこいいんだよなぁ。もちろん逆リフトも男前でした。
鈴木明子「Caribe」。相変わらずステップとかすごいですが、今回はちょっとつまずきかけてたかもしれません。
終わってからのお辞儀の時にお尻を振りながら方向転換するようにしていてコケティッシュで良かったです~。
前半ラストは真央&舞コラボで「Lady marmalade」。
これまで二人が挑戦したことがないようなロックっぽい?かっこいい感じの振り付けがされていて、こういう曲でも滑れるようになると面白くなるだろうなぁと思いながら見ていました。

休憩中も休む暇がないのがTHE ICE。
まずは今後注目すべき男子3人衆のトークイベント。無良祟人&アダム・リッポン&デニス・テンの3選手と中京テレビの本田恵美アナウンサー登場。
登場するなり、紹介されてTVカメラで抜かれているにもかかわらずフリップで顔を隠したり出したり遊んでいるテンくん。大物だ。
そして本田アナは「これがデニス選手の声です!」「これがデニス選手の字です!」とテンくん日本のショー初参加をアピールしまくり。
お互いの印象はどうか?と聞かれた時、テンくんにはなかなか英語が伝わらず意味の合った答えが出るまで時間がかかってました。個人的には、今年も通訳が微妙な気がするんだ…。
今シーズンの目標を聞かれて無良くんはオリンピック出場をあげていたのですが、「今年は高橋大輔選手が戻ってくるので厳しいとは思うんですが…」と非常にリアルなお話になってしまい客席苦笑。「頑張ってー」と声がかかってました。頑張ってほしいです。
テンくんもオリンピック出場が目標なんだそうです。リッポンは全試合ベストを尽くして一生懸命練習して、あと何か挙げていたけどオリンピックについては書いていませんでした。ある意味北米人っぽい回答かな?
次は舞ちゃんVTRでフィナーレの振付教室。今年も「君の瞳に恋してる」で覚えやすい振付でした。
最後に真央&バトルのコラボ曲募集のトップ10発表。去年は演歌とか面白いのもあったけど今年は本気なリクエストばっかりだったんだとか。
ディズニーの曲とかタイタニックの曲とかオペラ座の怪人の曲とか真央EXタンゴとかが挙がってました。個人的にはもうちょっと音楽を長く流してほしかったな。今年も1位はフィナーレで発表。

後半冒頭ではジェフリー・バトル主催のスピン選手権が開催されました。一番長く回っていられた人が優勝で、任天堂DSプレゼント。
カナダ(チームの?)パーカーを来たバトルくんが卓上用のようなカナダ国旗を持って先頭に立ち、選手の皆さんを先導。先導しているだけなのにランするときもターンする時も止まる時もしっかりポーズが決まっていました。美意識か。
そして「Good Evening!~」とバトルくんが挨拶開始。「キャメルスピン」の単語が発せられた時、心なしか選手陣の一部にざわめきが。キャメル苦手なんですね。
挨拶が終わって皆散って~って感じでバトルくんが手で指示したところ、近くに来た鈴木明子ちゃんが「やーばーい、やーばーい」と言っているのが聞こえました。キャメル苦手なんですね。お客さんからも「明子ちゃん頑張って~!」の声。
そうそう、まず最初にバトルくんがキャメルのお手本?を見せたんですが、スタンダードなキャメルポジションがめちゃ綺麗でした。さすが。
で、スピン選手権開始。なぜか主催者バトルくんも参加。
頑張れー!…という声がたくさんかかったんですが、あえなく明子ちゃんは早々に脱落。…キャメル苦手なんですね。
最後はリッポン・バトル・小塚の3スケーターでの争いになったようでしたが、執念で残ったのはリッポン。回転速度が落ちたらドーナツにして回転力を保とうとしていました。こんなところでも柔軟性が重要なんですね…
優勝したことが分かったときのリッポンの嬉しがりようがすごかったです。やっぱりアメリカンだなぁ。そんなにDSが欲しかったのか…。商品手渡したバトルくんも笑っていたような。
参加選手は7選手だけだったんですが、ライサチェクとかテンくんとか後半出場スケーターも出たら面白かったのになー。ライサチェクさんのキャメルはさぞかし長かろう。主に手足が。

後半最初はチン・パン/ジャン・トン。曲は不明。
いつものドラマチック系な曲でした。近くでスロージャンプをしてくれたので迫力がすごかったです。できればもうちょっと違う角度から見たかったな。
デニス・テン「Sing×3」。少なくとも前半は、バトルくんがトリノで使ったときのアレンジでした。
ステップとかでの表現・アピールがすごいですよね。ホント大物。ソチが楽しみですよホント!
小塚祟彦選手、曲不明。
すごい近くを滑っていって、フェンスにぶつからないかとちょっとだけ焦りました。…あれ、なぜかプロの記憶が薄い。ジョンとのコラボのせいかしら。
小塚くんの演技の後はもちろんジョン・ケアードとのコラボ。今年はなんとひげ部でひげダンス。ジョンのひげダンスが見られるのはTHE ICEだけ!みたいな。
フラフープと水入りバケツ振り回し(マジック)でした。小塚くんができる子担当、ジョンがネタ担当。
舞ちゃん(もちろんひげ部)がアシスタントで出てきていて、マジックありのひげダンス&リフトでした。舞ちゃんと腕組んで踊ってるジョンが可愛かったです。
タニス・ベルビン/ベンジャミン・アゴスト「Bleeding Love」。手紙?を使った切な系プロ。
個人的には昨季ODとかを見たかったかな~。でもベルビンちゃん髪伸びちゃってたし。
相変わらず美しかったですが、近くにあまり来てくれずまじまじと見れなくて残念。東京世選でも近くで見たけど金髪じゃなかったからなぁ。
ジェフリー・バトル「ECLOGUE」。念願の初生鑑賞となりました。
これはやばいです。心を揺さぶりはしないけれど、心にしんみりと染み渡るプロ。
ライトアップされスポットライトが当たる中でスケートの綺麗さをじっくり見たほうがいいプロで、煌々とした明るさの中要素を詰め込んでどう点数が出るかを考えながら見るプロではありませんね…。
涙が出ました。
バトルくんって残響を表現するのが本当にうまいですね。だからこそ残響のゆっくりとした変化のあるピアノ曲が似合うんだろうなと思います。
パンフでは「ブレードと氷の接点から心象風景を紡ぎ出す奇跡のスケーター」と書かれていました。心象風景か…
安藤美姫選手「Bring in 'da Noise, Bring in 'da Funk」。赤ブラプロ。
エクローグの後にまるっきり雰囲気の違うプロが来たのでなかなか入り込めませんでしたが、DOIでは見れなかったので見れて良かったです。
だけどやっぱりレクイエムの方が好きかなぁ。
エヴァン・ライサチェク「ラプソディー・イン・ブルー」。昨季FSを後半そのままで。衣装は蝶ネクタイ。
EX用に構成を変えたりしていなかったのか、たくさんジャンプ跳んでスピン回ってステップしてましたねー。競技会構成でやるなら最初から見たかったな。王者凱旋って感じで。
浅田真央選手「Caprise」。24のカプリースなんですね。扇子を持ってのプロ。
いつ扇子を手放すんだろう?と思っていたらずーっと小道具持ったままで2Aとか3回転とか跳んでました。ちょっとびっくり。

フィナーレ。花火を幕開けにグループごとに揃いの衣装で皆さん登場。今年はお金かけてるな~。
佳菜子ちゃんとテンくんが中学生か高校生の制服のような格好で出てきたのが似合っていて可愛かったです。お似合いのカップルって感じでした。
女性豹柄衣装&男性が動物系マスク着用で出てきた組がありました。動物園??
シニード姐さんは豹柄似合いすぎです。無良くんはタイガーマスク、何故。トン兄さんは近くに来た時、がおーって感じでアピールしてくれて面白かったです。
馬がいたのでついつい彰生を思い出してしまった…
そして真央&バトルコラボは「アラジン」より「A Whole New World」。バトルくんはアラジンっぽい衣装。真央ちゃんの衣装は金属系の丸い飾りがついていて(リード組ODのキャシーのお金みたいな感じ)、動くたびにきらきら音がしてディズニー感出してましたね~。
今年はあんまり顔が近づかないからキスはなしかしらん。
そして最後は皆でダンス。ちゃんと覚えている人覚えていない人ノリノリの人多種多様で面白かったです。

09ジャパンオープン&カーニバルオンアイス出演者第1弾

2009/07/24(金) 23:05 フィギュアスケート

いよいよ明日はTHE ICEですね~
もちろん私も行くんですが(荷物の整理全然出来てないけどね)、その前にテレ東のMLでジャパンオープン&カーニバルオンアイスの出演者が発表になってました。

Japan Open:本田武史、ジェフリー・バトル、ステファン・ランビエール
Carnival on Ice:本田武史、ジェフリー・バトル、ステファン・ランビエール、アレクセイ・ヤグディン

バトルくんやランビエールは多分出るだろうなーとは思ってたけど、ヤグディンが来るのはちょっと驚き。
これで欧州チームのアマがプルシェンコだったりしたら…ないかな…
いやードキドキします。THE ICEも楽しみだけど、JO&カーニバルオンアイスも楽しみです。
残りの出場スケーターは7/30午前0時に発表だそうです。

あ、あと昨日のすぽるとを見ましたが、高橋大輔選手、もう普通にジャンプ跳べるくらいに回復していたんですね。3Aも軽々でびっくりしました。
プルシェンコの滑ってる動画もどこかに上がってたと聞きましたし、いよいよバンクーバーの役者が揃ったって感じですね。

7/20ダンス・オブ・ヴァンパイア

2009/07/21(火) 23:18 その他観劇

7/20はダンスオブヴァンパイアを観に行ってきました。

クロロック伯爵:山口祐一郎、アプロンシウス教授:石川禅、サラ:知念里奈、アルフレート:泉見洋平、シャガール:安崎求、 レベッカ:阿知波悟美、マグダ:シルビア・グラブ、ヘルベルト:吉野圭吾、クコール:駒田一、ヴァンパイア・ダンサー:森山開次、他

予習を全くせずに行った(正しくは友人から吹き込まれた変な情報のみで行った)のですが、思った以上に楽しめました!
何より皆さん歌が上手い方ばっかりなのがいいですね~。演技もほとんどの人が素晴らしかったし。
禅さんとクコちゃんが可愛かったです。禅さんは一部かっこよかったですね伯爵と対峙するところ。
クコちゃんのお掃除独り言は海の日に関するプチ雑学でした。しこたま雑学を語った後に「…しらねーなー」ってつけてました。
あれ毎日雑学やってるとしたらすごいですね。クコールに関しては、役の台詞覚えるよりお掃除タイムの台詞覚える方が時間かかりそう。
通路近くの席にいたのですが、良く客席を使う演出になっていたので面白かったです。安崎さんが通路を通り過ぎる時に「すいません」って言いながら通っていきました…思いっきり素じゃん。
セット、伯爵の翼がちゃちいのが気になりました。友人曰く「あのチープなのがいいんじゃない」だそうですが…
なんか伯爵の威厳が…ああそうか、威厳とのギャップに笑うところなのか…。
大塚ちひろ/浦井健治コンビも観てみたいなぁ。開演前と休憩中のアナウンスの浦井さんバージョンも聴きたいし。
お金さえあれば…って感じorz

09体操JAPAN CUP2日目

2009/07/20(月) 10:13 体操
■内村航平選手(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
ゆか
6.50
9.30
-
15.80
あん馬
6.00
9.15
-
15.15
つり輪
6.20
8.55
-
14.75
跳馬
6.60
9.65
-
16.25
平行棒
6.50
8.95
-
15.45
鉄棒
6.40
8.95
-
15.35
■HAMBUECHEN,Fabian(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
ゆか
6.40
9.20
-
15.60
あん馬
5.30
8.70
-
14.00
つり輪
5.90
9.25
-
15.15
跳馬
6.60
9.60
-
16.20
平行棒
6.30
9.15
-
15.45
鉄棒
6.60
9.10
-
15.70

2日目行ってきました。
個人総合って何人出るんだろう?と思いながら行ったのですが(事前に何にも発表ないってどうよ)、各国2人ずつでした。
2種目ずつの進行なので、ほとんどの演技を観ることが出来たのは良かったです。
…が、やっぱり12人(8人)だけってのは寂しいな~。外国選手の演技を見られる機会なんてそんなにないんだし3人くらいずつにしても良かったんじゃ。AAやれる人3人も連れてきてないのかもしれないけど…
あとは席数が少ない上にジャニ目当ての方々が相当数いたっぽいので仕方がないのかもしれませんが(何で1列目皆下覗き込んでんだろう、何で立ち見の人が一時的に増えるんだろう、と昨日は不思議でした)、選手席が少な過ぎじゃないかなと感じました。 2日目は各国2人以外は観戦なのに1日目と同じくらいしか選手席が用意されていなくて、ドイツチームとかロシアチームとかアメリカのスタッフとか全然座れてませんでしたね。
特にドイツチームはみんなで座れるところを探して放浪していたなぁ。
中国の陳・東両選手は選手席で並んで見ていたんですが、私服で「M」と書かれたお揃いのキャップをかぶっていました。…マリーンズ?
女子は鶴見さんの平均台が全然落ちなさそうな落ち着いた演技でよかったなーと思います。
ロシアのナビエワ選手の方かな?は脚力がすごくてゆかとか跳馬とかとっても見ごたえがありました。跳馬のひねりがすごい。
あとオーストラリア選手のゆか音楽が、誰の曲もちょっとお洒落な感じで好きです。
音楽と言えば、ゆかの音楽が始まったにもかかわらずDJがしゃべっていてイライラしました。すぐに止められたからいいものの、止める人が誰もいなかったらあのまましゃべり続けたでしょうねぇ…
体操を知らないのは仕方がないとしても、目の前の状況把握すら出来ないのかしら…
男子は内村くんが本当に安定していて驚きました。北京の時あん馬で落ちまくっても2位だったんだからあの時よりD得点上げて安定してきたら優勝は当たり前なのかなと感じました。
あん馬もつり輪も強化されてますよね。
2位はさすがのファービー。昨日個人総合やったも同じなのに今日も安定していました。相変わらず着地すごい。
そして会場の人気もすごい。アメリカのオーバーアクションなコーチ並みの人気。日体生からたくさん声がかかっていたけど、日体大で練習したりしていたのかな。
しかし鉄棒とか、彼ならもっとD得点上げてこれそうな気がするんですけどねー。
何はともあれ、選手本人も楽しそうに試合をしていたので良かったなぁ。
次回も是非来て欲しいなと思います。ファービー以外にもこれくらいのレベルの選手を、今後も集めて欲しいです。

09体操JAPAN CUP1日目

2009/07/19(日) 02:29 体操
■内村航平選手(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
ゆか
6.50
9.35
-
15.85
あん馬


-
15.15
つり輪
-
-
-
-
跳馬
6.60
9.55
0.10
16.05
平行棒
6.50
9.10
-
15.60
鉄棒
6.40
9.15
-
15.55
■陳一冰(CHEN,YiBing)(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
ゆか
-
-
-
-
あん馬
-
-
-
-
つり輪
6.80
9.40
-
16.20
跳馬
6.60
9.55
-
16.15
平行棒
-
-
-
-
鉄棒
-
-
-
-
■HAMBUECHEN,Fabian(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
あん馬
5.30?
8.05?
-
13.35
つり輪
5.90
9.25
-
15.15
跳馬


-
15.45
平行棒
6.30
9.25
-
15.55
鉄棒
6.90
9.20
-
16.10
ゆか
6.40
9.25
-
15.65
■BOY,Philipp(表記は演技順)
種目 Dスコア Eスコア 減点 合計
あん馬
5.60
8.65
-
14.25
つり輪
-
-
-
-
跳馬
-
-
-
-
平行棒
-
-
-
-
鉄棒
6.10
7.20
-
13.30
ゆか
-
-
-
-

体操ジャパンカップ見に行ってきました。
点数は控えられるところだけ控えてきました。世選みたいに固定された電光掲示板?だったので見えない種目は全然見えなかったんですよね。あん馬とか見えづらかったし跳馬は全然見えなかったです。
開会式、千葉県知事森田健作氏の挨拶とかがあったんですが、ドイツチームが中国チームに「オーロラビジョンに英語出てるよー」みたいな感じで教えてあげたりしていたみたいです。仲良しそうだった。
で、ボーイくんがなんかニコニコしてるなー客席に愛想振りまいてるなーとか思ったら、最前列にボーイくんのバナー持ってるファンがいたよ!びっくり。
国旗+名前で作られていたので一瞬「スケヲタですか?」と思ってしまいましたが、本人見つけてくれて良かったですね~。
ドイツチームは大会楽しんでるようでよかったです。
ハンビュヘンは鉄棒演技後にガッツポーズしたり、ゆかの演技後にゆか上で観客煽りまくってから前述のガッツポーズしたりしてて面白かった。ゆかの最終演技者であるのをいいことに12×12M独り占めで煽ってましたね。盛り上げ方が上手いです。
あ、観戦してた日本選手(沖口くんとか)が「ファービーがんばー」とか声かけしていたみたいで、ホントに日本選手と仲いいんだなと感心しちゃいました。ジェントルマンっぽいもんなーファービー。
マシューくんは全演技終了後帰り際に、通路近くの観客席に向かって投げキッスしまくってました。
あ、どうでもいいんですがグエンくんはイケメンだと思うんですけど見るたびにTOKI●のM岡さんを思い出すのがなんとも。似てますよね。

演技の感想。
日本の跳馬、山室くんに関口さんに素晴らしかったですね。特に山室くん、5種目出る大活躍で、国際大会でロペスを決められたのはすごい。
観戦してた沖口くんがどう感じたのか気になるところです。
跳馬といえば、日本の国内大会だとローチェ系はチャレンジする選手は多いもののなかなか決まらないという印象なんですが、今日はローチェやドラグレスクをやってる人が結構いたなーと思いました。
点数高いんで、ローチェ系出来る人が跳馬演技者に選ばれているのかもしれませんけど。
ファービーは6種目全部出てほとんどの種目で最終演技者で、本当にドイツのエースなんだなと実感しました。彼が出ざるを得ないんでしょうかね…。
最初の方は調子悪そう?と思ったりしましたが鉄棒やゆかはすごかったなと思います。ただ調子悪そうでも着地はほとんど決めてくるんですよね~。すごい。
ボーイくんは2つだけの演技で、しかも鉄棒では落下があって残念でした。あん馬は安定していたと思うんですけどね~。
テンハイビンのあん馬は腰の位置が高くて素晴らしかったなーと思います。
しかし演技で一番すごいなと思ったのはやっぱり陳一冰のつり輪。今日もすごかった。全然辛くなさそうですもんね。つり輪揺れないし、十字倒立も中水平もほとんど真っ直ぐだし。
体操協会ブログの男子選手記者会見を読むと、ロンドン五輪のつり輪の金メダル獲得を目標にしているとのことですが、本当に彼なら出来ちゃう気がします。
そうそう、女子と男子の間にエキシビションがあって、トランポリンの上山選手(合ってる…?)が演技してくれました。7Mくらい跳ぶんだとか。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2009/07 » 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。