blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物で缶コーヒー

2008/10/29(水) 01:04 野村萬斎

昼間までは「大ちゃんのFS道なんだ~バトルくん思い出す~」とかいう記事を書こうかと思っていたのですが。
よいやよいや会報で萬斎さんの新CMが流れると書いてあったので何のCMだろう?…と思っていたところ、今日の0:30頃テレ東でやっとCMに遭遇しました。
ファンサイトによると、10月中旬から流れていたみたいですね。

ダイドードリンコのサイトでCMが見れますが、最後に着物姿で缶コーヒーを飲む姿勢・表情が何ともいえず良い感じだな~と思いました。
缶コーヒーと着物と萬斎さん、合いますねぇ。
ほんのちょっとだけ裕基くんの稽古風景が映ってましたが、相変わらず稽古は厳しそうなパパさんです。
野村萬斎編とコラージュ編(30秒の方)で多少映像が違うんですね。出来れば野村萬斎編で30秒バージョンも欲しかったな。
しかし伊東美咲と野村萬斎のコラボは、何とも不思議な感じです。凛とした印象なのが似ているかも?

スポンサーサイト

08スケートアメリカその2

2008/10/27(月) 23:58 フィギュアスケート

スケアメ女子シングルFS、TVで見ました。
全般的に、GPS初戦で滑り込みが足りていないこともあるのか後半でバテ気味の選手が多かったですね。
あと表現がまだしきれていない選手が多いのではと思いました。まだ各選手のプログラムの色が見えにくいでしょうか。

スザンナ・ポイキオ選手、もうベテランって呼ばれるんですねぇ。個人的には良かったなーと思います。
ポイキオちゃんのスケートって、抽象的な表現であんまり良くないんですけど、すごく誠実なスケートだなと感じます。ミスがあっても他の要素は手を抜かず諦めず丁寧にこなして最後まで表現しきる。
私はベテランの選手には高得点を取ることよりもその選手のカラーを十二分に表現しきることを求めてしまうので、彼女はとても良かったなと思いました。
レイチェル・フラット選手は逆回転スピンにびっくり。スピードもあるし正確ですね~。ドーナツ→キャッチフットもできるとは。
キミー・マイズナー選手は調子が悪そう…。
1回目のジャンプの転倒の仕方がすごく痛そうで、その後の2Aもエッジが抜けたのか引っかかったのか降りてから転倒してしまいヒヤヒヤしました。ケガとかしたんじゃないかと。
後半のキレの悪さは転倒による疲労のせいもあるでしょうね、きっと。
ずっとせかされているような滑りだったのも気になります。転倒で遅れたのを取り戻そうとしていたのかもしれませんが、アダージョのテンポとスケーティングのテンポが全然合っていなかったのでもやもやした印象になりました。
あとはもう少し、要素の入りと抜けに気を配れればもっと綺麗になりそうだなと思います。特にスピンがぞんざいかな…
長洲未来選手は衣装がめっちゃ可愛い。本番では失敗してしまったけど、練習映像でのSlStは可愛くて萌えステップな予感なのでNHK杯に期待しています。
映像より先にジャッジスコアを見たので「何このDGの嵐…」とびっくりしていたのですが、確かに映像で見ると回転が足りなそう。
しかし今シーズンになっていきなりDGに厳しくなりましたね。男子のDGも昨シーズンより厳しかったように思いますし。
来シーズンはジャンプの何が厳しくなるのか今からドキドキです。とうとうフルッツがフリップに、リップがルッツに判定されてしまうのかしら…
中野友加里選手はスケーティングと曲がマッチしていて良かったですね~。
これまで中野さんの演技は要素をこなしているという印象が強かったんですが、今シーズンのFSはトランジッションでの滑りのテンポが曲に合っているなと思います。
ジャッジスコアを見ると後半のジャンプが2つしかないようなので、少し要素構成を変えた方がいいかもと思いました。
安藤美姫選手は中野さんと曲がかぶったものの表現が違うので面白かったです。
しかし衣装は似たような形、バレエのジゼルってきっとこういう衣装で踊るんですね。
トゥに引っかかったようなところがスパイラルとスケーティングの部分にあって残念です。きっと本人もあれ?と思ったでしょうね。氷が悪かったのかな?
ヨナ・キム選手は相変わらずセカンド3Tが高い。
3Tを2回入れているので一見効率の悪い点の取り方に思えるんですが、彼女の場合3Tはどちらも評価の高いセカンドジャンプに入れているのでわざとなのかもしれませんね。
質のよくない高度な3回転を跳ぶよりも、セカンド3T2つで確実にGOEでプラスを取っていこうという戦略かなと思いました。

あとすこーしだけデロベル/シェーンフェルダーのFDとサフチェンコ/ショルコヴィーのFSが映りましたね~。
オリヴィエさんの服装が普段着っぽかったけど、友人が普段着言ってたのはFDの衣装だったのかしら。それともODの衣装も普段着風味だったのかしら。
FDではベルビン/アゴストのほうが1位でしたが逃げ切り優勝になりました。
サフチェンコたちもオリヴィエさん同様シンプルな衣装でしたね。今シーズンはどんなプログラムを作ってきたんでしょ、放送が楽しみです。

08スケートアメリカその1

2008/10/26(日) 22:31 フィギュアスケート

スケアメ、TV放送で見ました。
スケアメの結果サイトはこちら

男子シングルでびっくりしたのは小塚くんとライサチェクですね~。
小塚くんはなんだかすごくしっかりしてきたように見えます…。これまでいろいろやらされた恥ずかしEXが効いたとか?
SP・FSともにこれまでのプログラムより印象に残るプログラムだなーと思いました。
これまでのプログラムはあっさり感が強かったんですけど、今回もあっさり感はあるものの表情だったりイーグルだったりが印象に残ります。
ライサチェクさんは髪形と衣装(特にFSの蝶ネクタイ)がなんだかカッコ可愛くなって個人的には好きです~。
イケメンがカッコイイことしてても何も面白くないや、と思う性質なので私(キムタクとか何も面白くないしカッコイイと思わないです)。
こちらもあっさり感はまだ残っていますが「これはタラソワさんだ…!」と思う振付やステップが随所にあってこれまでより印象的でした。私がタラソワさんの振付好きなせいも多分にあると思うんですけどね。
FSでは随分低いTESがついてしまって残念でした。DG結構取られているんですね。
小塚くん陣営&テレ朝陣営の盛り上がりと裏腹に、すっかり静まり返った会場が違った意味で印象的でした…

女子でよかったのは安藤さんかな。
これまでと雰囲気の違う、戦メリのような曲に助けられない曲調なのでちょっと心配しましたが、SlStのコケ以外は問題なく笑顔も出ていたので安心しました。
あのような棄権になってしまった世選以来の国際大会だったので緊張してるだろうなーなんて思っていたので。
マイズナーがちょっと心配です。今回もジャンプの転倒があったし、なんだか下降線をずっと辿っているような気がして…
彼女の清楚な雰囲気と演技と演技が終わってしまえばやっぱりアメリカンなところが結構好きなので、もっともっと輝いて欲しい選手です。
転倒と言えば、珍しくヨナちゃんも転倒がありましたね。イナ・バウアーから入れるくらい得意な2Aで失敗かぁ。
今回の衣装は腕が覆われていたので結構好みです。ヨナちゃん腕が相当細いんで、腕を出した衣装だと少し痛々しく感じます。
中野さんもダブりがあって珍しいなーと思っていたら、荒川さんの解説によると東京ブロックでも失敗してたんですかね?

ペア。早く放送してくださいテレ朝チャンネル。
SP終わってムハルトワ/トランコフが1位だったので何事~!?…と思ったのですが、最終的にはサフチェンコたちが優勝でしたね。
しかしムハルトワたちがFSで4位ディダクション3とかついてるのにはびっくりしましたよ。何だろうSP調子よくいってプレッシャーかかったのかなあ…
ジャッジスコアを見ると3STh以外のジャンプはミスったみたいですね。最初転倒して怪我でもしてその後の演技が上手く出来なかったのかしらと思いましたが、最後のジャンプが跳べているので怪我はなさそうでしょうか。
しかしペアのジャッジ、J2っていうんですか?左から2番目のジャッジ、かなり個性的な点数のつけ方をしていますね。
例えばムハルトワ組のFSの場合、他のジャッジだと+1つけたりしてる要素に対しても-2とかつけたりしています。何このはずれ具合は。
よくよく見てみるとJ2は他の選手のところの点数もヘンなんですよね~。SSよりTRに高い点つけたりとか、FS3位のブンタンたちのTRに3点台つけたりとか。
かなり点差をつけているんですよね。正直なのか…良く分かっていないのか…どっち?

アイスダンスのほうでびっくりしたのは、ODでベルビン/アゴストが3位だったこと。
正直カー組より下に来るとは思わなかった~…!
ストリーミングで見ていた友人の話だとオリヴィエさんの衣装が普段着みたいだそうで、それも気になります。まぁトリノシーズンの光GENJIのようなハチマキ衣装よりひどいことはないでしょうが。
CDの燕尾服は最高なのにな…
あぁどうしてNHK杯は最後なんだろう。絶対CDがワルツにならないのが悲しすぎます。今年はCD見れるのに…
現在5位のキャロン/ジョストにも頑張って順位を上げて欲しいです。今シーズンのはまだ見ていないんですが、昨シーズンはかなり好きなプログラムを滑っていたので期待しています。

ステファン・ランビエール引退

2008/10/17(金) 00:20 フィギュアスケート

ランビエール、やっぱり引退だそうで…
大阪出張から帰る新幹線で友人達からのメールを見てびっくり。倒れてもいいですか。
mixiコミュから出典を拝借。

■Two-time world champion Lambiel retires at 23
■ランビエールがけがで引退表明

彼のアマチュア歴の終焉はフィギュアスケート界にとって大打撃だ。
ランビエールは競技でできるだけ多くの点数を得ようとするのではなく、観客を楽しませることを第一に考える数少ないスケーターの1人だったからだ。
過去2年間に披露した、真の芸術作品ともいえるフラメンコ・プログラムはその最も良い例といえよう。
このプログラムのためにランビエールは全精力を投入した。

2番目の記事で上記のように書かれていますが、本当にそうでした。
ランビエールやバトルくんのプログラムを見るのが毎シーズン楽しみでした。もうその期待感が味わえないかと思うと本当に残念だし、寂しいです…
バトルくんの件があって、「あ、バンクーバーまでやらずに辞めてもいいんだ」という思いもあったんじゃないかなーと思いましたが、実際はどうなんでしょう。
それにしても、こんな時期にどんどん引退情報が出るなんてこれまではなかったのになぁ。

ステファン・ランビエールGPS欠場

2008/10/15(水) 00:30 フィギュアスケート

友人からびっくりのニュースが飛び込んできました。
ランビエール、グランプリシリーズ欠場って…

証拠品のエントリーリスト(PDF)

10/15現在、スケカナのランビエールが取り消し線で消されています。もう1箇所エントリーしていたはずですが、もうエントリー消えているようで見当たりません。
ブログとか検索すると、icenetworkにケガのせいでGPS欠場するかもって記事はあったようですね。 本当に欠場になってしまったと言うことでしょうか。
よ…よく分からないけど、このままい、引退とかじゃーないっすよね…?
バトルくん引退しちゃってさ、ランビエールまで…なんてなったら倒れますって。ホントに。

NHK杯のエントリーも割と変わってるなぁ…。オスマン来るのかースイス国旗持って行くかー。
あとでNHK杯エントリーの記事直しておきます。

NHK杯30周年記念番組公開録画

2008/10/15(水) 00:19 フィギュアスケート

ご存知の方も多いかとは思いますが、NHKでNHK杯30周年記念番組の公開録画があるそうです。

■華麗なる銀盤の軌跡~NHK杯フィギュア30年~

情報ページ
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0012061/index.html
http://www.skatingjapan.or.jp/cgi-bin/news/usrNewsView.cgi?10843
日時
2008/11/15(土) 開場18:00、開演18:30、終演予定20:00
会場
NHKみんなの広場ふれあいホール
出演
ゲスト:伊藤みどり(プロフィギュアスケーター)ほか 司会:刈屋富士雄
入場申込
郵便往復はがき(私製を除く)に以下を明記のうえ宛先まで申し込み。
【往信用裏面】に、郵便番号・住所・名前・電話番号
【返信用表面】に、郵便番号・住所・名前
宛先
〒150-8001
NHK放送センター ふれあいホール事務局
「NHK杯フィギュア30年(11月15日)」公開係
締切
2008/10/28(火)必着
放送予定
2008/11/22(土) BS1 19:10~20:00

刈屋さん来るなら観に行きたいなーと思っているんですが(日本人外国人選手問わず熱く語ってくれそうなので!)、どれだけ葉書を出したら当たるのか全く読めません。
選手は出ないけどそこそこ応募がありそうだよなーと。
東京ブロックはすごかったみたいですねー。入場規制なんて…

08グランプリシリーズ放送予定

2008/10/13(月) 00:18 フィギュアスケート

テレビ朝日関係のサイトを見て、フィギュアスケートグランプリシリーズの放送予定日を漁ってみました。

■テレビ朝日放送スケジュール
■BS朝日放送スケジュール
■テレ朝チャンネル放送スケジュール

現時点ではどこにもアイスダンス・ペアの放送予定が上がっていないのが不安です…
テレ朝チャンネルのほうには「男女シングルの試合はもちろん、ペア、アイスダンス、エキシビションまで全競技をお送りします」と書いてあるので放送自体はあるんでしょうけど。
いつ放送されるのか、それが気になります…。
どうしようNHK杯終わる頃になってやっとダンスとペアの放送が始まったりしたら! CSはお金払って見るんだからちょっとは考えて欲しいですね~。
今月分のお金を払わなくていいのはある意味良いのかもしれませんが…あーでもテレ朝チャンネルだけ契約だったらたった630円だし、今月放送してくれた方がありがたいなぁ。

10/12ソワレ「ミス・サイゴン」

2008/10/12(日) 23:52 その他観劇

指揮者の塩田さん楽、観て来ました。楽だなんて知らなかったのでカテコでびっくり。

エンジニア:橋本さとし、キム:知念里奈、クリス:照井裕隆、ジョン:坂元健児、エレン:シルビア・グラブ、トゥイ:石井一彰、ジジ:池谷祐子、タム:中西龍雅、アンサンブル:青組の皆さん

本日はB列下手側での観劇でした。9/30といい、前方席での観劇が続いているので細部までよく見えて&聞こえて楽しかったです。
中でも友人から良い良いと聞かされていた知念キムが凄く良かったです!
これまでの知念さんは高音が辛そうなのがどうしても気になってしまい苦手気味だったのですが、今日はお芝居が細かくて感情表現も豊かで感情移入してしまいました。
ドリームランドではずっと怯えている感じ。エンジニアに「仕事したいといってただろう、やって見せろ、さあ!」と言われた後は自分に言い聞かせるように何度も頷いてクリスと向き合い、でもダンスタイムになるとやっぱりオドオド…という辺りが本当に17歳の戦争孤児という感じでした。
ラストのシーンも、タムに言い聞かせる声は涙声で(でもタムの方を向いてる時は笑顔だったと思う、見えなかったけど声色的に)タムをクリスに引き取ってもらえることと最期にクリスに会えたことをただ喜んでいるような声で歌っていて、あのドリームランドで怯えていた子がこんな人間になるのかと。だからこそ余計に悲しいラストシーンでした。
一番良かったなーと思ったのはトゥイとの対決から1幕終わりまで。
トゥイを撃ち殺してしまった後は、銃声でやっと我に返ったような表情になりトゥイを抱きとめ、横たわったトゥイを揺すり息絶えたと分かると手を合わせて何度も何度も謝っていました。
でもタムを見つけた時に表情が一変するんですよ。タムをつれて逃げなきゃと、たくましい母の決意の表情に。
続くシーンの命をあげようは、鼻をすすりながらの歌声でした。でもタムを愛おしく見つめるまなざしがとても優しくて、それだけで泣けました。
我が心の夢でジジが歌う「お金もある 子供達は 両手にアイスクリーム 夢の暮らし」
キムにとっての夢はタムとクリスと親子3人一緒に暮らすこと、ただそれだけだったのに、今の時代だったらそんなことは夢でもなんでもないのになと思うと涙が出ました…
個人的には知念さんを観る時には前の方がいろいろやってるのが見えていいですね。
よくB席で見るんですが、どうしてもオペラグラス覗いてるんで舞台の一部しか見えず、知念さんの姿は見えず声だけって場面も多くなるので。ちゃんと見てないと魅力が半減しそう。

照井さんはすごく久しぶりに見ました。
すごく優しそうでいい人そうな普通の人って感じのクリスで、キムいい人見つけたじゃん良かったねと思ってしまうようなクリス。
歌と声は一番好きなんですよねー、照井さん。
でもお芝居はちょっと薄味? 知念さんが凄かったからちょっと空気っぽく感じました。影薄め…
坂元さんも久しぶり。
ブイ・ドイが良かったですね~。声量が凄くあるので確実に生声が聞こえました。スピーカーの音大きいから前方席で聞いてもほとんどの人は生声聞こえない(私は)んですけど。
しかしクリスもジョンもあまり身長が高くなかったので、ドリームランドでエンジニアと3人一緒になると一番背が高いのがベトナム人のエンジニア…というのが不思議なビジュアルでした。トゥイとの対決でもクリスよりトゥイのが高かったしな~。
石井さんは対決が新鮮でした。タムを見て崩れ落ちて下むいちゃうのが、人間の弱さを感じるトゥイで。
泉見さんも崩れ落ちたと思いますが、目はタムに釘付けのままだったと思いますし。
悪夢での亡霊トゥイは登場シーンがホラーでした。首がかっくり垂れてるし手もブラーンだし…確実に幽霊です…

さとしエンジニアはまた演技が変わってましたね~。
お遊び箇所が前観たときより減ってました。
取引の場面は白刃取りも何もしてなかったし、トゥイをキムに会わせる場面の「さあ、出てゆけ」のあとの「はい」がおちゃらけなしの「はい」だったし、トゥイに2日でキムを探して来いと言われて下がる場面はギラギラした目でトゥイを見据えていて鬼ーみたいなポーズはなくなってたし。
しかし「生き延びたけりゃ」の最後やオーナーとのやり取り場面はネタありのまま。
「生き延びたけりゃ」最後は「はいホーチミン♪…やっほー!…(会場と塩田さんからちょっとこだま返しあり、すると塩田さんの方を指差して)さすが分かってるねー(←違ってるかも、うろ覚えすいません)…やっほー(会場から大きなこだま返し)…返ってきた!」
オーナーとのやり取りはすごい長かったです。長くて忘れかけています。
これグダグダモードになるんじゃ…と危惧していたら「(大きなくしゃみをして)俺の鼻水綺麗だろう、お前の鼻水は汚いんだってな、混血だからよぉ。ウッハッハッ」と何とかまとめてました。
こういう「混血」の言い方は機転が利いてるなーと思いましたが、もうちょっと短い方がいいなと。所詮ネタですし長いとダレるかな。
でもこのオーナー、ジョンと一緒に部屋にいるキムを見つける場面でも帰る時に「ベトナム人が」とか何とか言ってるんですね。今日初めて聞こえたんですが、移民を蔑んでいて尊大な性格が出ていていいなと思いました。
カテコでは「今日は指揮者の塩田さんの千秋楽です!」と言って皆でヒューヒュー言ってました。
さとしと塩田さんで何やら言いあってお客さんも沸いていたけど自分には良く聞こえず。何で盛り上がってたの…?
本当にさとしと塩田さんは仲良しですね~。このコンビでの帝劇サイゴンが今日で最後だと思うと寂しいです。
追い出しの命をあげようでは、大きな拍手が起きてその後手拍子になり曲の終わりと同時に大拍手。塩田さんお疲れ様でした。
カテコアンコールではタムの帽子をかぶったさとしがズサーと滑り出て(でもちょっと体勢崩れて失敗気味)
「タムの帽子、ちっちゃ!」
周りはヒューヒュー大盛り上がり。自分も大盛り上がり。
その後ガッツポーズの体勢で拍手を手拍子に変えて、ジャンプして締め。
「皆サイコー!」(客席ヒューヒュー)「オケと塩田さんサイコー!」(客席ヒューヒュー)「僕は?」(客席「サイコー!」)
皆さんノリ良すぎです。確実にライブのノリだなと思いました。周り皆さとしファンだったのか?
それは謎ですが、自分もヒューヒュー言ってサイコー言って楽しかったです。
さとしエンジニアの日はカテコアンコールで盛り上がれるので、本編後の心の重さがちょっと軽くなるような気がします。

09 Stars on Ice

2008/10/12(日) 00:26 フィギュアスケート

■Stars on Ice Japan Tour 2009

開催日時
大阪公演:2009/01/10(土)14:00開演、2009/01/11(日)14:00開演、2009/01/12(月祝)14:00開演
東京公演:2009/01/17(土)14:00開演、2009/01/18(日)14:00開演
会場
大阪公演:なみはやドーム(大阪市営長堀鶴見緑地線門真南駅 2番出口徒歩1分)
東京公演:国立代々木競技場第一体育館(JR山手線原宿駅 表参道口徒歩5分、東京メトロ千代田線明治神宮前駅 1番出口徒歩5分)
席種
大阪公演:アリーナSS…\25000、アリーナS…\20000、スタンドSS…\15000、スタンドS…\10000、スタンドA…\6000
東京公演:アリーナSS…\25000、アリーナS…\23000、SS…\19000、S…\16000、A…\13000、B…\10000、C…\6000
一般発売日
2008/10/26(日)10:00~
プレイガイド
チケットコール、チケットぴあ(大阪公演東京公演)、e+(大阪公演東京公演それぞれプレオーダー10/11 12:00~10/21 18:00)、CNプレイガイド(大阪公演
出場予定スケーター
ツアーメンバー:イリヤ・クーリック/トッド・エルドリッジ/マイケル・ワイス/佐藤有香/シュエ・シェン&ホンボー・ツァオ/マリー・フランス・デュブレイユ&パトリス・ローゾン/ジェニファー・ロビンソン/サーシャ・コーエン/ジェフリー・バトル(東京公演のみ名前あり)/他
ゲストスケーター:未定(日本人選手)/他

なんか東京公演にバトルくんの名前があるんですが!!
バトルくん来るなら観に行くさ。でもホントに来るのかな~。いきなり名前消えたりしないかな…
それにしてもチケット代、高。
SS席でも19000円か…足元見られてるよーIMGめー…

OLにっぽん

2008/10/09(木) 01:34 雑談

井上芳雄ファンの友人からメールをもらって思い出し「OLにっぽん」見ました。
芳雄さん、想像以上に出番が少なかったですね~。でもかわいい後輩って感じでこういう後輩いたらいいなと思いました。
「歌が抜群に上手く、その才能を生かした仕事を夢みていたこともある」という設定を生かす日はいつになるんでしょうねぇ。
飲み会とかで歌っちゃうのかな?と思ったんですが、リストラの恐怖によるヤケ酒の場とか今週出てもおかしくないのに出なかったし。
しかし、集合写真撮るところでは芳雄さんが大きく見えなかったので面白かったです。中国人や東幹久が大きいし、観月ありさも大きいし。
個人的には、東幹久と阿部サダヲが良かったな~。東幹久はこれまでのイメージとかなり違う役で気になりました~。

だけどこのドラマを見てると身につまされるようで微妙な気持ちになってしまいます。
うちの会社も製造やソフト開発の工程は中国だったりインドだったりにアウトソースしているけど、自分の職種もコスト削減の考え方の元にアウトソースされる日が来るかもしれないなぁとか思ってしまいました。
一般職はマニュアル化しやすいと思いますけど、総合職の中でも柔軟に考え対応しなければいけない職種だって人間の思考方法の下に成り立ってるもの=突き詰めればマニュアル化できるような気もするし。
次回予告を見ると中国人の後輩を助けようと奔走する神崎って雰囲気に見えたので、もうちょっと見易くなるかなぁ。

09/30ソワレ「ミス・サイゴン」

2008/10/01(水) 01:56 その他観劇

芳雄さん楽、観て来ました。

エンジニア:橋本さとし、キム:笹本玲奈、クリス:井上芳雄、ジョン:岡幸二郎、エレン:鈴木ほのか、トゥイ:泉見洋平、ジジ:菅谷真理恵、タム:首藤勇星、アンサンブル:赤組の皆さん

本日はさとしFCに感謝。初めてA列での観劇となりました。
前に遮る物がないって素晴らしいですね。本当に見やすかった。臨場感があった。マイクのない喋りも良く聞こえた。
しかし悲しいかな、役者さんが凄く近いのでかえって物語に入り込めないところもあり…。「●●さんが近い~」ってついつい思ってしまうんですよね…。

帰ってからFCサイトをチェックしたら、29日にさとし日記が更新されているのに気づきました。
芳雄さんが楽だから最高最強のサイゴンで送り出したい08サイゴンの熱を残してやりたい、という意気込みが書かれていて、観劇前にチェックすれば良かったなとちょっと後悔しました。
それくらいエンジニア、熱かったです。これまで観たどの回よりも熱さと必死さと胡散臭さと湿った暗さが感じられたように思います。
芳雄さんとの漫才もとい取引の場面もエンジニアがクリスをひょいとかわせばクリスも銃を白刃取り?しようとするエンジニアをさっとかわして、エンジニア思いっきりずべっと腹ばいになってました。
これはカテコでの芳雄さん挨拶によると、さとしがこれまでで初めて「今日の取引の場面やけど~」と打ち合わせにやってきたそうで初めての2人での仕込みだったそう。でも腹ばいになっちゃった直後のエンジニアの歌は何故か笑い声でした。
…普通仕込んだら笑わないんちゃうのか?

他に今日観て良かったなーと思ったのはジジの菅谷さん。
我が心の夢で、最初はケヴィンなどGIへの怒りが感じられるんですが、歌が進むにつれて表情が少女のような表情になっていったのがよく見えて。
コンテストでミス・サイゴンに選ばれるくらいのジジなのに、夢を語る時にはキムが椅子の上で夢があると語る時のように無垢な表情になるんだなぁと。しかもジジの語る夢って言うのが、お金があって子供がアイスクリーム食べられることという今の自分たちにとっては夢でもなんでもないことなのが…
また結婚式でもキムを羨む様な様子ではなく、あの子だって夢を掴んだんだから自分だってきっと夢を掴めると信じているような勇気付けているような様子だったのが印象的です。
あとトゥイとクリスが銃口を向けた後に部屋から出て行く時、ドアを掴んだままなかなか出て行かず、パニックになるでもなく最後まで3人を心配しているような表情をしていたのも良かったですね~。
今日の菅谷さんは純粋な姐さんという印象でした。

クリスの井上さんはいつも以上に気合が入っているように見えました。
神よ何故?の後とかエレンへの告白のシーンなど、前に見た時と挙動が違っていたように思います。神よ何故?の後は椅子に座るのではなく段々キムに近づいていって、エレンへの告白のところでは床に座り込んでしまいエレンも一緒に座り込んでいいのよもう一度~と歌っていました。
岡さんのジョンは、間近で観たら1幕はワルっぽい感じで2幕は正義感溢れる感じに見えました。
ブイ・ドイ、結構客席手前の方を見ながら説得するように歌うんですね岡さん、反則です。自分が説得されているようで説得されかけました。あの岡さんの朗々とした歌じゃあ説得されますわそりゃ…
トゥイの泉見さん、これまではキムヘの愛情が感じられるのでいいなーと思っていたんですが、エンジニアとの取引の場面やその後の全員で歌う場面とか、口元がにやりと上がっていてちょっと怖いんですね~。一筋縄ではいかない感じ…

カーテンコールでは井上さんが出るたびにキャストがひゅーひゅー言って盛り上げてました。
橋本「井上芳雄くんが…引退するそうです!」
芳雄「引退はしません、もうちょっと役者やらせてください」
橋本「一旦引退するそうです!クリスから!まだ博多残ってますけど!」
とかいう掛け合いの後に井上さんからながーい挨拶あり。
クリスはやる度に新しい発見があること、新しい発見といえばトークショーとかイベントとかでよく一緒になる橋本さんと今日初めて取引の場面の打ち合わせをして打ち合わせって大事だなと思ったこと、これからもサイゴン1ヶ月続くけど今が一番脂がのっているときだと思うけど自分が今抜けられたのは良かったのかなとか、そんな感じのことを言っていました。
途中橋本さんのちょっかい?つっこみ?に「関係ねぇ!」とマジつっこみしていたのが印象的でした。芳雄さんにブラックな要素は必須ですね♪
あと岡さんが橋本さんに何やら話しかけて、二人して客席を見ながら笑いながら話をしているのでよく聞いてみるとスタオベのことでした。
その後、今日は皆さん全員スタオベですねぇとかなんとか、マイクありで話していたような。
(9/20のトークショーで「今日は珍しくスタオベもなく!」と橋本さんが言って笑いを取っていて、また9/21夜の東京會舘トークサロン(橋本・塩田・岡組)でも岡さんに「今日のマチネはお客さん皆スタオベでしたよ!」とかいじめられていた)
カテコのアンコールは橋本・井上コンビでズサーと滑り込み、また最後に押し出された芳雄さんが「僕の得意技を披露することになりました」とか言ってフィギュアスケートで言うところのバレエジャンプを披露して締め。
しかしズサーといった井上さん、その後背中までぴったり床につけていたので体柔らかいんだなーと感心しちゃいました。芳雄ファンの友人によると、足首を首にかけられるくらい芳雄さんは体が柔らかいんだとか。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

09 « 2008/10 » 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。