blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪人

2007/07/31(火) 22:00 その他観劇

名古屋から帰ってきました。
まずはTHE ICEの感想をアップしようかなと思ったのですが、レ・ミゼラブル公式ブログを見たら7/27トークショーの映像がアップされていたのでついつい見てしまいました。
橋本さんがトークショーに出ると言うので見にいきたかったのですが、ちょうど夏休みの直前だったので休みが欲しいと言える状態ではなく観にいけなかったので…ついね…

マリウスの藤岡正明さん、ギターお上手…!
そういう特技がありそうには見えなかったのでびっくりしました。リトルコゼットの歌は優しくも哀愁が漂ってて叙情的ですね。
エポニーヌの新妻聖子さん、ガブローシュの歌めっちゃかわいい。「ご機嫌いかがです警部殿♪」の皮肉っぽさ加減が好きですこの曲。

そしてバルジャンの橋本さとしさん…
おーっちゃーん!
おっちゃん…飛ばしすぎよ…!
リアルで噴いたわ。新妻さんと東山さんが一瞬「ん…?」って考えてたっぽいところもツボです。
死ぬ前のすっかりいい人になっちゃったバルジャンの格好で、何やってるんですかおっちゃん。
東山さんの「ちょっとマイク止めてー!」「『そら』て!」というツッコミがとてもステキ…
Sっぽい東山さんのツッコミに正直惚れました。
続きを歌い始めた橋本さん、興に乗ってきてどんどん前に出てくるし…新妻さんと東山さんがひそひそひそひそってしててこれも面白かったです。
ものっすごいベタなネタがどんどん出てくるあたり、大阪のおっちゃんという感じで面白いです橋本さん…!
しかしこの映像、表情が良く見えないのがとっても残念です。
藤岡さんが一体どんな表情でギター弾いてたのか気になる…。 案外にこにこしながら弾いてそうな気もしますけれど(^_^;

アンジョルラスの東山義久さん。
東山さんも大阪人だったのですね。「突っ込んだからには突っ込み返されないといけない」って感じなんでしょうか大阪人的には…(^-^;
ダンスと呼べるのかどうかすら怪しいものを披露してくれて、橋本さん「そんなんオレでもできそうや」
この映像のおかげで橋本・東山コンビがものっすご好きになってしまいました。
このコンビでもう一回レミゼ観たいですねー。あーでも観たら思い出して噴きそうかも…

スポンサーサイト

バルジャンとジャベール

2007/07/30(月) 01:21 その他観劇

28日ソワレ感想を書いた後、理解が浅いジャベールを理解すべくバルジャンとジャベールについて考えていて。
バルジャンがジャベールに言うセリフがキーになってるのかなーと思いました。

「職務の奴隷か」
「君の職務だろ」
「見ろジャベール、死にかけてる」

真っ当な人間になれという言葉から、バルジャンは考えた。老いて死ぬまでの間をどうやって生きて行くか、自分で考えて道を見つけた。
ジャベールは法に従って正しく生きることが神の道だと思っている。法に従わないやつは悪。
それは法律だったり職務だったりするもの。
法律や警察の職務そのままにお堅いジャベール。 他人が用意した制度をそのまま受け入れるのではなく、自分で考えて、自分の意志で人として生きる道を見つけて歩いているのか?とバルジャンは問うているような気がします。

間接的に問い詰められ続けるジャベールはたまったもんじゃないでしょうが…
ジャベールが死ぬシーンを見るたびに
「殺すには惜しい男よのぉ」
と思います。
バルジャンに出会っちゃったばっかりに頭の中をぐちゃぐちゃにされてしまった。
自殺するんじゃなくてバルジャンの姿を見て自分がどう生きていくか考えてくれればなぁ、もし自殺しなかったらどんな人になったのかなぁと考えてしまって。
面白そうなのに、つくづく惜しい。

さて今日は名古屋に行くのでそろそろ寝なければ。
THE ICE、バトルくんやランビエールはいるものの、なんだか微妙な感じみたいでがっかりです…
ミライちゃんとひつまぶしとモーニングを楽しみに行って来ます。

7/28レ・ミゼラブル(ソワレ)

2007/07/29(日) 14:01 その他観劇

3回目のレミゼ。
初見のキャストが多かったのですが、面白い舞台になりそうな気がして、この回だけS席を取ってました。
大当たりでした。素晴らしい舞台だった!
歌が聞き取れていないところはまだあるんですけど、「あーなるほどこういうことか」と。
レ・ミゼラブルの良く分からん部分がすっこーんと落ちた感じ。とてもすがすがしい気分です。
歌はどうだか分からないのですが物語が良く伝わってきて、「よく分かるレミゼ」でした。

ジャン・バルジャン…橋本さとし、ジャベール…岡幸二郎、エポニーヌ…笹本玲奈、ファンテーヌ…シルビア・グラブ、コゼット…菊地美香、マリウス…藤岡正明、テナルディエ…駒田一、テナルディエの妻…瀬戸内美八、アンジョルラス…坂元健児

まずは今回気づいたものリスト。

  1. 銀の燭台を手に座り込んでいるバルジャンはほんの少し震えている
  2. バリケードでアンジョルラスが「死のう」と言ってる時バルジャンは首を横にゆっくりと振っている
  3. エポニーヌが死んだ時、ジャベールだけはエポニーヌを見ない。「彼女がこの戦いでの最初の死者だ」みたいな台詞を聞いた時に初めてエポニーヌを見る
  4. 酒瓶持った学生さんはガブローシュと超仲良し。ガブローシュが死んだ後の慟哭が凄い
  5. マリウスが撃たれた時の銃声は他よりも大きい
  6. バリケードでお酒か何かが出された時、バルジャンは断っている。マリウスは一気飲み。
  7. 工場でファンティーヌは市長バルジャンに手紙を見せに行き助けを求めているがバルジャンは工場長に行けと指示
  8. 最後にエポニーヌが出てきた時、マリウスとコゼットを優しく見ていた
  9. カフェソングで出てきた学生たち、酒瓶持った人のマリウスを見る目が笑ってはいないんだけどめちゃくちゃ優しかった

自分は宗教が好きじゃないんですよね。
仏教は自身の修行・鍛錬が目的みたいなイメージがあるのでまだしも、キリスト教とかは偶像崇拝イメージが自分の中ですごくあったので、初めてレミゼを見た時も
「なんか面白いねぇ、でも宗教が絡んでなかったらもっと良かったな。宗教嫌いなんだよね」
なんて思っていたものでした。
バルジャンが冒頭で「神父から」感銘を受けると言うあたりで妙な先入観を持ってしまったのだと思います。
それ違うわ、と28日の公演で思いました。

銀の食器を盗んだバルジャンに銀の燭台まで渡した神父が言った言葉は
「これを使って真っ当な『人間』になりなさい」
自己を否定され他人が信じられなくなっていたバルジャンが、他人に愛されることで「他人を愛すること」が真っ当な「人間」として生きる道であると悟ったのだろうなと感じました。
その後出会ったのが娼婦ファンティーヌ。
すっかり荒んで「死んで」しまっていた彼女は、まるで神父に出会う前のバルジャンのよう。
その原因が、工場長に行動(ケンカの裁量)を任せてしまった自分にあったと知ったバルジャンは「信念のために自らが行動しなければならない」と言うことも悟ったのかなと思いました。
信仰心がないわけじゃないんでしょうが、祈ったりするのはあくまで他人を愛したり行動を起こしたり、信念を確認したりするためのエネルギーを得る方法にしか過ぎないように見えました。
その後のバルジャンはどんどん行動を起こして生きていく。時々道を塞ぐジャベールは都度何らかの方法で排除し、そして自分の道に戻っていくのですね。

また、レミゼ群像劇であると言うことも良く分かりました。どのプリンシパルのキャラクター像も鮮明に伝わってきて。
これまであまり注目していなかった学生たち、方法は稚拙であったけれどもフランスや市民を愛して行動を起こしていたのですよね。
今回1本芯の通ったキャラクター像が初めて伝わってきたのはコゼットでした。
母や義父やマリウスの愛をたくさん受けた、義父の信念を通す性格を受け継いでいそうなコゼットで、好感が持てました。
藤岡さんマリウスも熱演。前回見た石川さんに続き、セリフがぐっと心に響きました。
笹本さんのエポニーヌもマリウスを全身全霊で愛していたのがすごく伝わってきました。ON MY OWNはもう泣くしか。
今回は特にバルジャン・マリウス・エポニーヌのセリフが心に直接響いてくるように感じて素晴らしかったです。
橋本さんはわざと歌の部分を普通のセリフ調に言っているところがありますよね。これまで培ってきたメソッドで観客に届けようとしているのだろうなと思いましたが、ミュージカル好きな人は歌えって思うかもしれないですね…。私は全く問題ないのですけど。

そして、橋本さんのバルジャンを理解出来た(ように思えた)のには、なんと言っても駒田さんのテナルディエの存在が大きかったです。
これまで見たテナルディエはちょっとイマイチただの脇役と言う感じ。 友人に駒田さんいいよーと言われていたので楽しみにしていましたが、駒田さんはテナルディエのこの物語での存在意義みたいなものを存分に感じさせてくれて、個人的に大ヒットしてしまいました。
あちこちに目を光らせて、客に愛想を振りまいたかと思うとすーっと笑顔が引けて冷めた表情を見せ、ぼーっと考えもせず酒を飲んでいるだけの客から金品を巻き上げていく。
落ちぶれた後でも下水道でもその行動は変わらず。死人の金歯まで金になるからと抜き、それの何が悪いわけ?とでも言いたげ。
生きる道を塞ぐ者はたとえ愛娘であっても許さない。
そんなテナルディエが最後に出てくるところは結婚式、マリウスにたかったり金目の物を盗もうとしてばれるにもかかわらず、最後は出席者を巻き込んで皆で歌い踊って楽しく終わるのですよね。
明日を一生懸命生きていくための利己主義を肯定しているのかなと思いました。
駒田さんは歌もメリハリが効いていて、テナルディエのこの物語での立ち位置が存分に伝わってきました。
バルジャンの反対語はテナルディエだなと分からせてくれた駒田さんの演技でした。

そんな中異質な存在だなーと思うのはジャベール。
彼は物語の最初から生きる道を見つけていて、その道を歩んできていたのだと思いますが、バルジャンに出会ったことで信念が揺らいじゃって自殺に追い込まれてしまう。
彼はまだまだ理解が難しいです…。一番難しいキャラクターだと思うので、それを演じている役者さんたちはすごいとしか言えません。
それでもちょっとずつ分かってきているような気はするので…最後に見るまでにもうちょっと分かればいいなぁ。
今回はバルジャンに切られた縄が首から外れちゃったので、去り際の縄ピシッが見られませんでした。残念…。
岡さんがジャベールだとそこに期待してしまう自分。ジャベールSっぽくていいんですもの…

カーテンコールでは橋本さん頑張ってました。
最後のカテコでリトルコゼットちゃんとリトルエポニーヌちゃんをそれぞれ片手で抱き上げてました。
…がしかし、いいポジションに収まってなかったみたいでずるずるーっと子供たちが落ちてきちゃって、それを止めようとした橋本さんも腰砕けっぽくなっちゃって会場笑いでした。
おっちゃん欲張りすぎよ…
(「おっちゃんよー使わんわ」発言を聞いてから、失礼ながらおっちゃんと勝手に呼んでます…)

飲酒運転

2007/07/28(土) 10:40 フィギュアスケート

織田信成選手の飲酒運転の件。
昨日の朝はほとんどTV番組を見ずに出社したので、Yahoo!のトップニュースになっているのを見て目が点に。
そしてその後いろんなポータルサイトを見て歩いたら、どこもトップにタイトルが載っていて蒼くなりました。

記者会見の記事などを読んでみるとすごく反省しているようですね。
スポーツ選手も普通の人間ですが、どうしても清廉潔白なイメージ(もしくはそうあって欲しいというこちらがわの想い)があるので、こういうニュースが飛び込んできた時の衝撃は大きいですね。芸能人がやったとかよりも…
今はフィギュアスケートがすごく注目されている時なので、他のスケーターに同様の事件がないかどうかマスコミが嗅ぎ回りそうな気がします。他のスケーターに飛び火しないことを願っています。
大ちゃん真央ちゃん安藤さん、もしかするとバトルくんあたりまで?マスコミにこの件のコメントを求められたりしそうですね。野辺山とか名古屋とかで。
何ともすごい時期に来日することになったなぁ。
織田くんの処分は来週決定されるそうです。今回は他人を巻き込んでいないので軽めの処分になるでしょうか。
フィギュアスケートでこういう問題が公になったことは記憶にないので、どのような処分になるのか想像がつきません。
スピードスケートの選手が銭湯の覗きで捕まった時はどんな処分になりましたっけ。

村主章枝インタビュー&橋本バルジャンの声

2007/07/24(火) 02:30 フィギュアスケート

早稲田のOB・OGインタビューに村主さんが。
なんだか見るたび大人っぽく綺麗なお姉さんになっていくような。
最後の段落の言葉が印象的でした。
村主さんは待った経験があるのでしょうか。結構突っ走りそうなタイプに見えるなーと思っていたのですけれど。

ブログとか漁ってると、橋本さとしバルジャンは声が調子悪くなっちゃったみたいですね…
橋本・岡強化週間としか思えないスケジュール、2公演チケット押さえているのですが。
橋本さんは声がとても好きなので、観にいってあの声が聴けなかったらとても悲しい。
普通の(声楽で習うような歌い方でない)歌い方をしているように聞こえるので、長丁場になると喉の負担が大変なのかと思いますが、博多まで頑張って欲しいです。
早く良くなりますように。

07Dreams on Ice(BSフジ)

2007/07/23(月) 00:17 フィギュアスケート

中野さん始まりだったので「もしや地上波と一緒…!?」と諦めモードだったのですが、いざ見てみたらシンクロ以外アンコール含めて全員放送、地上波ではなかった人のインタビューもついてる!
疑って悪かったBSフジ。フジの中ではこれまでのどの放送よりも良かった放送でした。

地上波で見れなかった人の感想。
小塚くん。 映ってよかった!
これSPと言う話なんですけど、なかなかチャレンジしてますね。
競技会でやるプログラムって感じがしなくて。衣装は変えてくれるのかなぁ。銀色…
中庭くん。来たよマンボ!
真面目に滑ってるけど面白かったです。胸元はあれ以上開かないのね。
南里くん。イノキー!
ホントに一体どうしたんだって感じです。曲中にアントニオ猪木の詩?が入ってるのもなんだか面白い…
いつもながらすごいハイウエストですね。最近こういう衣装多いような。
鈴木明子ちゃん。ステップすごかった!
彼女のステップは、予想してなかった方向にターンしていくんですよね。難しいターンがたくさん入ってるんだろうなぁと感じます。それでもほとんどスピードが落ちない。
見ていて荒川さんを思い出しました。曲が同じせいではないと思います。
町田くん。
自分が思っていたよりも小さく見えてあれ?って感じでした。何故だろう…。 髪形のせいかな。
EXはまだ慣れていないのかなーという感じもしましたが、今の日本選手は皆EX上手いので、町田くんもどんどん上手くなりそうですね。
無良くん。
帽子を使って、ちょっと踊ったりして上手く雰囲気を出していました。
ショーには大分慣れたのでしょうか。彼らしいEXで見ていて面白かったです。
デンコワ/スタビスキーのアンコール。
二人ともかなりノっていて楽しい!
そしてリベルタンゴではあまり気にならなかったのに、アンコール&インタビューでは気になってしまったスタビスキーの体形。
お腹も気になるし、インタビューでは顔の大きさが気になりましたぞ。デンコワさんと全然違う…

地上波で放送があったけどあまりきっちり見ていなかったスケーター。
村主さん。シカゴ好きです。
彼女のようなスレンダーな体形の人がやるからいいなーと思うんです。フィギュアスケートの場合。
グレベンキナとかドムニナとかがやったらある意味放送禁止かと思うんで…
Paint it Black以来、村主さんのきりっとした表情が好きなんですよねー。
ランビエール。
ロミジュリいいですね! 地上波の時はあんまりきっちり見ていなかったけれど、ムーブインザフィールドがいいなぁ。
長いイーグルが入ってるのがいい。しかもそのままスピンに入るところが。
最近バトルくんがイーグルあまり長くやってくれないからなぁ。イナバウアーはやってくれるけど…自分はイーグルの方が好きで。
最後は仮死状態のジュリエットを胸に抱いて毒を飲んだ、と言う感じなのでしょうか。
ユナちゃん。
ピンクが似合うっていいですなー。安藤さんのチア見た時と同じ「かーわーいーいー」という印象です。
溌剌とした感じのEXにチャレンジしてきたのですね。かわいくて良かったと思います。
まだバンクーバーには間があるので、今のうちにどんどんチャレンジしているんでしょうね。
大ちゃん。
ビョークプロ好きです。やっぱり面白いなーこのプログラム。
滑りやステップが上手くて雰囲気を作れる人だと、宮本くんの振り付けも映えるように思います。

今回の放送、惜しむらくはXPで録画したせいで音声切り替えが出来なかったことです。
TSで録れば、確か音声切り替えが出来たはず。副音声が会場音のみなんて素晴らしいことをフジが思いつくとは思っておらず…やられました!
再放送希望してくるかなー。

人間国宝!

2007/07/21(土) 20:59 能・狂言

萬斎さんのファンサイト開いたら、超ビッグニュースが…!

人間国宝、新たに狂言の野村万作さんら7人 文化審答申

マジですかー!
1流派から人間国宝は1人だけ…と聞いた気がするんですけど、そうじゃないんですね。
ご兄弟で人間国宝なんですよねぇ…。すごい。ものすごい感動してます。
万作さんほんとにほんとにおめでとうございます!
これからもずっと、素晴らしい舞台を見せていただければ嬉しいです。
人間国宝記念公演とかやらないかなぁ。

フジのDreams on Ice放送…

2007/07/18(水) 00:28 フィギュアスケート

今日は研修で、久しぶりに早く家に帰れた(なんと18時台帰宅。ありえない時間です)のでDOIの放送を楽しみにしていたのですが…

男子が…
デンコワさんたちのアンコールが…

小塚くん・中庭くん・そして南里くんと皆頑張っていたと聞いたので楽しみにしてました。
「上記で小塚くん以外はBSじゃないとフルで映らないかもしれないなー」と思っていたのですが、小塚くんまでダイジェストでした。
うっそぉ…と言う感じです…
デンコワさんたちはアンコールでまるっと1曲椅子プロをやってくれたと聞いたので、是非映像に残したいなと思ったのですが…COI放送なかったし…
うーん。女子は結構映ったのに、やっぱり男子はあまり映らないのですね…。要らない映像があったなぁ…

詳しい感想はBSを見たら書こうかと思うのですが。
中野さんと織田くんはEX変えたんですね。 中野さんはいつもの路線かな、織田くんはまた雰囲気を変えてきて。
PIW横浜公演で見た時は二人とも新しい雰囲気のプログラムに挑戦してきたんだなぁと思ったので、今回のEXも良かったんですけど、前のEXを続けていったらどう進化していくか楽しみでもあったので少し残念です。
中野さん、ドーナツスピンで周りまくっていましたね。織田くんは日本人選手なのに客いじりが出来てて面白いです。
村元さんは少し緊張してるように感じました。少し硬かった様な。
水津さんは踊れますね~。雰囲気が大人っぽいし村元さんと対になる感じで面白い。
奈也ちゃんは満面の笑顔でしたね。ポーズ取る所がかわいい。
村主さん、最初の衣装ってあんな感じでしたっけ?少し変わった?
大ちゃんはちょっとお疲れ気味にも見えましたが、あのEX雰囲気が面白いですね。顔の表情はロクサーヌ路線っぽいのですが曲がそういう雰囲気じゃないし滑りの内容もなんか面白い。
COIでは足元が見えなかったので分からなかったのですが、今まであまり見ないような滑り方だった様な。振付師が違うのでターンとかが違うのかな…

海外勢。シェン・ツァオは随分早いご登場で。順番操作しすぎ…。
衣装がピンクっぽい衣装に変わっていましたね。
ユナちゃんは真央ちゃん特集のうちにご飯用意してたらリアルタイムで見れなかったです…。でも18時のニュースに出てたのでちょっと見ました。ライバルは?とかの誘導尋問を上手くかわしてましたね。
ランビエールは相変わらずお客さん煽ってますね。上体の動かし方が上手いなーと感じました。スピンはちょっと遅い?
フラメンコはやっぱり最初から見たいです。頭から通して一つの作品になるように作られているように思います。
最後フィナーレで周回している時妙にノリが良くて笑ってしまいました。とても楽しそうでした。
そしてデンコワさんたちのリベルタンゴ、ODで滑ってた時と変えてきましたね~!
曲が変わって、リフトがしがみつくタイプに変わって、ステップはちょっと簡単になったように見えて、あとFDでやっていたスタビスキーがデンコワさんの周りを回るやつが入っていたように思います。
返す返すも、アンコールを見たかった…。
フィナーレでの群舞、デンコワさんが映りまくってて嬉しかったです。デンコワさんはいい!大好きです。

7/15レ・ミゼラブル(SP)

2007/07/17(火) 00:06 その他観劇

レ・ミゼラブル、2回目観劇行って来ました。
SPキャストはやっぱり上手いのだろう、観てみたいなぁと思っておけぴでチケットを探していたのですが、さすがにSPの場合チケットが譲渡に出てもすぐに決まってしまって…。
これは15日の観劇はムリかなと諦めかけていたのですが、ありがたいことに友人がチケットを見つけてくれて観ることが出来ました。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎、ジャベール…岡幸二郎、エポニーヌ…島田歌穂、ファンテーヌ…今井麻緒子、 コゼット…辛島小恵、マリウス…石川禅、テナルディエ…徳井優、テナルディエの妻…瀬戸内美八、アンジョルラス…岸祐二

やっぱりSPキャストは良かったです。
エポニーヌは初見でも感情移入できましたけれど、今回のエポニーヌも素晴らしかった。
1部の頃はそんなにすごいとは思っていなかったのですが、ON MY OWNの「愛してる…」がもう反則です。涙腺が…
そして石川さんのマリウスが凄かった!
初見では「はじめから最後までただのボンボンで甘ちゃん」という印象だったマリウス。
恋をして、そして多くの友人を亡くし自分だけが生き残るという経験をして、どんどん人間が変わり子供から頼れる大人の男性へと成長していくのが感じられました。
カフェソングというんでしょうか、一人椅子に座り散っていった仲間が1列に並んで出てくるところ、マリウスの激しい感情がひしひしと伝わってくる素晴らしい歌でした。
石川さん結構甘い声なので、これでどうやってジャベールになるんだろうと思ったのですが、既に石川ジャベール観劇済みの友人によるとジャベールは全く違う声で聴かせてくれるとのこと。
一体どんな声なんでしょう…。声色が自在に変えられる人は大好きなので、石川さんのジャベールが気になって仕方がありません。

SPキャストのほかの感想。
バルジャンの山口さん、凄く人気のある方というのは知っていたのでどんな方なのかと思って楽しみにしていました。
個人的には歌い方が時々ヘンに聞こえるところがあってあれ?という感じでした。
スタッカート気味に切って少々のっぺりとした歌い方を時々すると思うのですが、ちょっと気になります。 あと声が前に響かないところがあったような。
自分は素直な歌い方をする人のほうが好きなようです。
リトルコゼットを抱き上げた後、止まらないんじゃないかと思うくらいぐるぐるぐるぐる回りまくっていたのは面白かったです。目は回らなかったようで何より(^_^;
そして友人オススメのジャベール、岡幸二郎さん。
最初に出てきた時「なるほどこれは姿勢が良すぎスタイル良すぎ」と感じました。目立ちますね。
何故かおもちゃの兵隊さんみたいだなと思ってしまったのですが、怒られるの覚悟で友人に言ってみたら、背が高くて姿勢がいいからじゃないか、との返答。おもちゃの兵隊さんも真っ直ぐなのでとのこと。なるほど…
声を聞いたら確かに美声でした。
初回観劇の印象が強いのか、ジャベールは岡さんのジャベールほどスタイリッシュじゃない、もう少しどっしりとして人間臭いイメージだったので少し違和感がありました。
しかしバリケードで縛られ、バルジャンに出くわしたあたりで目の色がさっと変わったのがツボでした。凄くギラついた目で悪人バルジャンに殺されると疑っていないのが、自我崩壊への始まりを感じさせましたねー。
あとは個人的にファンテーヌが良かった。
初回観劇時は工場や娼婦宿?のあたりのやり取りが良く聞き取れずファンテーヌがどういう位置づけなのか分からなかったのですが、友人にあらすじを聞いたりしたせいか今回は良く分かって。
今井さんのファンテーヌは線が細いし美人だし、外見はファンテーヌにぴったりだと感じました。歌にも感情がのっていて気持ちが動きました。
そして、初回観劇時いまいちリーダーっぽさが感じられなかったアンジョルラス。岸さんはリーダー!って感じでよかったです。
聞いた話だと以前戦隊モノのレッドをやってらしたと言うことなのですが、まさにレッド。
今回アンジョルラスとマリウスがしっかりしたキャラを持っていたように見えたので、相乗的に学生たちやエポニーヌ・コゼットが魅力的に見え、初回観劇以上に面白かったです。
そうそう、結婚式のところでテナルディエたちが盗もうとした食器類を落とすところ、取り落としたお盆だかお皿だかが転がってしまってオーケストラピットにin。給仕が帰る時にはオーケストラの人が舞台に戻して、給仕が持って帰ってました。

SPキャストでかつ台風と言うこともあってか、カーテンコールでは山口さんの挨拶あり。
「お足元が悪い中、台風にもまけず…」とかなんとか、ウケました。
島田さんと石川さんのじゃれあいも面白かったです。石川さんが島田さんをお姫様抱っこしてくるくる回ったかと思うと、島田さんが石川さんに勢いよく飛びついておんぶ。
石川さんが不意に抱き上げたように見えたので、石川さん驚かしちゃえ!って感じで跳び乗ったのかなーなんて思いつつ見てました。
エポニーヌとマリウスがラブラブなのはいいですねー。劇中ではエポニーヌかわいそすぎなので…

7/14国盗人(昼・夜)

2007/07/15(日) 02:16 野村萬斎

運良くチケットを譲っていただけて、7/14は昼夜ともに観劇する事が出来ました。
3時間×2は意外と体力がきつかったですが、国盗人楽しかったです。…夜公演始まる前は思ったより疲れてないやーと思ったんですけど、いざ公演が始まったら肩とかあちこちが辛くなってきました(^_^;

昼公演ではよく目立つところに万作さんが座ってらして、思わずぎょっとするくらい驚いてしまいました。
予想だにしていなかったので…
会場内は外よりも暑かったのですが、ネクタイをきっちり締めてジャケットを着て脚を組み扇子で扇いでらっしゃる万作さんからは何とも言えない品が。
万作さんは客席から見てらっしゃるのに、なんだか後見座に控えているように思えてきてどきどきしました…どの批評家の意見よりも万作さんの批評が気になります。
夜公演では受付付近に翻案の河合さんがいらして、まるでお客さんを出迎えているようでした。
また、どこから見ても衣装の人関連だろうと思しき風貌の団体がいて、案の定その団体さんの一人が河合さんとともにカテコでステージにあがってらっしゃいました(顔知らなかった)。
楽のカーテンコールは1回多くて、萬斎さんだけ出てきました。出てきた萬斎さんは皆を呼ぼうとしたんですが誰も出てきてくれず、見事な放置っぷりが見てて面白かったです。

昼公演は前6/28とほぼ同じ角度の席から見ていました。
前回は筋も知らずに見にいったのでどうしても悪三郎中心に見てしまっていたのですが、今回はちょっと余裕があったので御簾(?)の裏の方とか影法師とか、その場の中心からちょっとそれたものも見れました。
夜公演は、国盗人では初めて上手側少し後ろの方で見たので、これまでと見え方が違って面白かったです。

結局3回観たのですが、自分どうにも鈍いようで、意図のある演出に気づいてないところが結構ありそうです。
3回目にして初めて、最後の方の太郎冠者が援軍を求めに来るところで太郎冠者が観客の方を向いているのは何故か気づけたような気がしますし…。玉座についてくれ嘆願の時以外でも、観客を参加させていたのでしょうね。
カーテンコールで白石さんが出てくるところの曲がシューベルトのアヴェマリアなのも2回目で初めて気づきました。
きっとTV放送見ながら「あーここってこういう意味だったのか!」って言ってるんだろうなぁ。演出ネタばらしを聞いてみたいです。
あと、やはり1日2公演は大変そうですね。次の舞台まで2時間しかないですし、メイクと衣装直してちょっと休んだらすぐ次ですよねー…。
シェイクスピアはセリフが多いので口が疲れて回らなくなるのか、しゃべるのが大変そうでした。
そんな中クオリティー変わらず明朗快活な台詞回し、と思ったのは今井朋彦さん。理智門余裕ありまくりでかっこいいし。
白石さんは杏の演技を昼と夜で変えていたように思います。悪三郎に口説かれるところ、「希望は誰にでも持てよう」のあたりから。
いろんなパターンを持ってるんでしょうか。東京公演最後で変えるとは思わなかったので驚きました。
萬斎さんは木魚パフォーマンスがパワーアップしてました、夜(^_^; 叩きまくってる…

同じ席で見たわけではないので意味を成さないかもなのですが、今日の公演はどちらかというと昼公演の方が良かったような気がします。
万作さんの後見座効果だったりして。

またGPF呼ぶのん?

2007/07/13(金) 02:02 フィギュアスケート

真央ちゃんがらみの記事は本当にたくさん出ますね。
それ以外にもニュースが最近結構あったのでまとめておきます。

真央、左ひざ痛める 14日からのアイスショー欠場
浅田真央・浅田舞姉妹がDreams on Ice欠場とのこと。代わりに(?)キム・ユナ選手が出るんですね。
DOIの記事、修正しておきます。
真央ちゃんは6月下旬から3週間、舞ちゃんは今月中旬までドクターストップらしいので、7月下旬のTHE ICEには出場してくれるということでしょうか。
「新たなショートプログラム(SP)の振り付けで浅田舞とともにロシアなどに滞在中」と書かれているんですが、本当にタラソワさんの振り付けになるのかしら。ローリーではないのは確実?
ロシア「など」って書かれているが気になります。
ついでにEXも新しいの作ってきて欲しいです。THE ICEは二人ともEXプロ変わってるといいなぁ。
…THE ICEの方、澤田亜紀・武田奈也・曾根美樹3選手が加わってますね。THE ICEの記事も修正しておきます。
真央、ショパン・幻想即興曲で勝負!! トリノ五輪で荒川静香が使用!
真央ちゃん今シーズンのFSは幻想即興曲ですか…
なんとなく、昨シーズンのチャルダーシュのような感じになりそうな気が。荒川さんの幻想即興曲っぽくなるとも言う…かなぁ…。
幻想即興曲って、フィギュアスケートで滑るのは難しいと思うんですけどどうなんでしょう。
うまくやらないと、曲が完全にBGMになってしまうんじゃないかと思うんですが。音が多いピアノ曲は合わせるのが難しそうです。
フィギュアのプルシェンコがひざを手術
プルシェンコ、膝手術したんですね。
ミーシン曰く「彼がいつ練習を再開できるかは分からない」ということですが、特に何とも書かれていないということは無事成功したと思っていいんですよね、きっと。
無事成功したからといって完全に安心して良い訳ではないと思いますが…フィギュアをやる以上は…。 膝の手術というとランビエールを思い出してしまいます。
確かヤグディンも手術をするとかどこかで読んだような。ヤグディンは大丈夫なのでしょうか。こちらも心配です。
フィギュア 日本が09年ファイナル招致
え、またファイナル招致っすか? この間やったばっかりなのに?
…テレ朝の差し金?(←同じ疑惑を持った人はたくさんいるに違いない…)
しかも、代々木はいいとしてさいたまスーパーアリーナも開催地候補に挙がってるってどんだけ人入れる気なんですかねぇ。
この間の世界選手権、東京体育館で狭いんでチケット取るのは大変だったんですけど、その代わりと言うかコアなファンが多くて盛り上がったし邪魔な声も少なかったしで良かったなーと思っているので、たまアリはちょっと不安です。
あと、ファイナルもいいんですけど四大陸も呼んでくれないでしょうか。

国盗人関連記事

2007/07/12(木) 01:05 野村萬斎

萬斎熱が冷めないうちに、見つけた記事を貼っておく事にします。
見つかる記事がどれも結構古くて、どんだけ自分が萬斎情報集めてなかったかよく分かりました…

読売の国盗人紹介記事:野村萬斎が主演・演出「国盗人」 「リチャード三世」翻案
読売の国盗人批評:[評]国盗人(世田谷パブリックシアター)
大倉源次郎さんの国盗人感想など:国盗人続 国盗人

読売の批評、全般的に好意的な記事ですね。
「前半は単調な部分もあるが」と書かれていますが、自分は前半結構好きでした。萬斎さんの語りが観ても聞いても面白かったなと思って。
萬斎さんの声はあんまり通る方ではなさそうなので、前の方で観ていたから面白かったのかもしれませんが…

最近は源次郎さんのblog全然読みにいってなかったです…源次郎さんの記事かなり好きなのに。
「国盗人」の記事では「なかなか面白く仕上がっていました」「サービス精神一杯の楽しませる舞台」とのこと。
しかし感想の後に続いた内容+「続 国盗人」の記事がとても興味深かったです。ご自分の能楽師としての生き方についていろいろと考えていらっしゃる…
知らなかったのですが、源次郎さんって能楽普及のためにいろいろと趣向を凝らした活動をされていたのですね。 最近ではポルトガル公演もなさっていらしたそうですし、なによりも「ライブハウスで演奏&トーク」とはびっくりします。
萬斎さんの世田谷PTでの企画モノや特に三番叟の公演など源次郎さんがよく出られているので、
「お囃子にいらっしゃるのを見ただけでとても安心するくらい素晴らしい方なのによく萬斎さんの企画に嫌な顔もせず付き合ってくださるなー…」
なんて思ってしまってました。
でもみつをの真似(その1その2)して遊んでいらっしゃるのとかを見ると、そういう活動が好きでいらっしゃるのも納得がいく気がします。ステキなご宗家様です。

『人殺しいろいろ』

2007/07/11(水) 00:00 野村萬斎

「大悪党」に魅せられて 狂言師・野村萬斎

6/22の記事なので今更なのですが、ついさっき初めて気づきました。
「シェークスピア生没年(1564~1616)の語呂合わせは、『人殺しいろいろ』。」
という記事の出だしと、萬斎さんの写真が秀逸だと思ったので載せておきます。
この萬斎さんの写真、どうやって撮ったんでしょう。鍵穴みたいに見えるけど…

最近レミゼに連れて行かれて、なかなか面白かったので何回か見てみたいと思い、行ける日の中でいい役者の組み合わせの日はいつか思案したりどこかにいいチケットが出てないか探したりしていたのですが、今日もそんなことをしながらふと思ったのは

「国盗人(の萬斎さん)観たいなー…」

レミゼは群像劇だそうで、確かに主人公のジャン・バルジャンが出てこないシーンも結構あって、主人公以外の登場人物のキャラがすごくたっているんですよね。
国盗人はある意味真逆で、たくさんの人は出てくるけれどもあくまでスポットは悪三郎に当たったまま(個性的な登場人物もいますけど)、彼が舞台上にいない時間はそんなに長くないしいつでも目を惹く位置づけにいるのは悪三郎。
そのギャップのせいなのか、それともやっぱり萬斎演出は面白いと言うことなのか。
7年ほど萬斎さんの舞台を観続けていますが、役者としての舞台はともかく、彼が企画したものはなんだかんだいって面白くないと思ったことはなかったなぁ。
うーん…やっぱり萬斎さんのアイディアには人を惹き付けるものがあるんでしょうね。

国盗人も今週末で東京公演終了。
自分が次に見に行くのは、14日の前楽。とても楽しみです。

わんこ捕獲失敗…

2007/07/10(火) 00:26 体操

【体操】DJ具志堅でアゲアゲ試技会「緊張感があってよかった」

久々に体操の話題。
8日に公開試技会やってたんですね~。全然事前に情報をキャッチできず、徹夜仕事明けで爆睡してました。
NHK杯パンフレットの沖口くんの笑顔が気に入ったらしい友人に、沖口くんのわんこな笑顔…じゃなかった素晴らしいゆかや跳馬を見せられるチャンスだったのになぁ。
N杯後は日体大で何かやらないかなーとかあちこち探したりしていたんですけど。こんな中途半端な時期に沖口くんを見るチャンスがあるとは。
友人を体操にはめるいい機会だったのに、失敗です。

しかし…今回のサンスポの記事のタイトルには唖然。
体操界のミニモニと言い…最近のマスコミは何だか狂ってるような気がします。何があったんでしょう?

7/7レ・ミゼラブル(ソワレ)

2007/07/08(日) 13:20 その他観劇

7/7にレ・ミゼラブル(ソワレ)を観に行って来ました。
主なキャストは以下。

ジャン・バルジャン…橋本さとし、ジャベール…阿部裕、エポニーヌ…坂本真綾、ファンテーヌ…渚あき、
コゼット…辛島小恵、マリウス…泉見洋平、テナルディエ…徳井優、テナルディエの妻…瀬戸内美八、アンジョルラス…東山義久

誘ってくれた友人は「全編歌ってるから初見だと何言ってるのか聞き取れないかも」と心配してくれていたのですが、結構歌詞は聞き取れて、面白く観ることができました。
橋本さんの歌詞はほぼ全て分かりますね。女性は結構ビブラート効かせたりしていたせいか聞き取れないところも結構あったのですが、橋本さんはあんまりビブラート使ってなかったのでしっかりはっきり。
一番びっくりしたのは子供が上手いことです。学生たちのレジスタンス?の中にいた子供が子供とは思えない…
普通の合唱なんかじゃ、今回の役のような激しい感情を歌であらわにしたりする方法は習わないと思うんですけど、ミュージカルの先生とかに習うんですかね?
弾を拾いつつ死ぬところなんかも上手いなぁと思いました。
エポニーヌはかわいそ過ぎて泣けます。最期にマリウスにやっと気持ちが通じたのは良かったと思いますが…マリウス鈍感すぎる…
エポニーヌの「ON MY OWN」と言う曲は、誰でもピカソで本田美奈子.さんが歌っていた回を見てたので馴染みがあってちょっと嬉しかったです。友人の話だとフィギュアスケートでクワンが昔使っていたとか。
友人はアンジョルラスが結構好きらしかったのですが、今回のアンジョルラスはあまり印象に残らなかったです。
B席で見ていたので表情とかがよく分からなかったせいかもしれないのですが、あくまで学生の中の1人と言う感じでリーダーっぽいカリスマ性というか何と言うか…があまり感じられなかったかなぁ。
バルジャンやコゼットの人生のターニングポイントとなった、銀の燭台や人形がずっと大事に持ち続けられていたのが印象的でした。

出演者の色紙 アンジョルラス役の衣装 早変わりの小ネタなど 司教館食事シーン再現

カメラ持ってなくて携帯で撮ったので非常に画質が悪いんですが、レミゼ日本初演20周年のせいか会場にはいろんなものが置かれていて、開演前も終演後も会場でいろいろ見ているだけで面白かったです。
1枚目は出演者の描いた色紙。橋本さんがロックンローラー(内田裕也風に)な感じだ…
橋本さんってたしか昔ロックバンドとか組んでたような記憶があるんですが、ロックじゃなかったでしょうか?
でも色紙はロックっぽい。
友人オススメの岡さんの色紙は、上のほうにある上に達筆で長いので思わず「読めねーよ」と突っ込んでしまいました。
岡さんって面白い(ちょっと変わってる?)人なのでしょうか。
2枚目3枚目はアンジョルラスの役の人がやる全ての役の衣装。たくさんの役をやるようで、結構たくさんマネキンが並んでました。
数十秒の早変えもあるようですし、ちょっとしかやらないとはいえ役を掴んどかないといけないのでしょうからアンジョルラス役の人は大変ですね。
4枚目は最初の方に出てくる、司教館での食事シーンの再現。
自由に空いてる席に座っていいらしいですが…個人的にはあまり座りたくな…
写真とか撮ったら、なんだか変なものが写ってしまいそうな気がします…

友人オススメ岡さんのジャベールを観てないのと、初ミュージカルだった「OUR HOUSE」で声がいいなーと思っていた今井さんのバルジャンを観ていないのと、もう少し近い席で表情を観たいのとで、機会があればあと何回か観てみたい舞台でした。
B席は、細かいところを観たければオペラグラス使って全体を見たければ外して…と好きに見れて良かったのですが、細かい表情とかになるとオペラグラスでも見づらかったですね。
また友人の話で、テナルディエを羅生門の婆のように薄ら寒い感じに演じる人もいるというので(今回はコミカルだった)、それにも興味があります。

ぜひぜひロシアカップにも

2007/07/03(火) 01:34 フィギュアスケート

プルシェンコが後半戦から復帰へ

ロシア国内選とヨロ選と世選には出ると明言したとか。
「モスクワで開かれる11月のロシア杯出場にも意欲を示した」とのこと。もう一声!でロシアが予想通り豪華になりますね。
しかし、「世選には出る」とは…確かにあのプルシェンコに勝てそうなロシア男子は見当たりませんけどね…
体型がちょっと丸くなったと言う話ですけどどうなんでしょうか。ヤグディンやバトルくんと一緒で伸縮自在?

あとは大ちゃんがJOCシンボルアスリートになって、村主さんが解除になったとか。
でもJOCシンボルアスリートってCMとか全然見ないんですよねぇ…。
CMで露出してくれないと意味ないんじゃないでしょうか? JOCにお金入らないわけですし。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2007/07 » 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。