blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dreams on Ice 2006

2006/07/19(水) 01:44 フィギュアスケート

17日は「Dreams on Ice 2006」に行って来ました。
3階だから大丈夫かなぁなんて思っていたのですが、やはり新横浜は寒かった…。
客層はそろそろ一般人が減ってきたようで、フィギュアスケートファンの人がほとんどだったんじゃないかなという印象です。 著名度には関係なく、楽しませてくれる演技への反応が大きかったと思います。
以下、印象に残ったスケーターの感想です。順不同。

井上はるか
踊れて魅せることの出来る女子シングルの選手を発見!と嬉しくなりました。 これまでだと日本女子で踊れるって言うと奈也ちゃんくらいかなーと寂しかったのですが、井上さんいいですよー。井上さん本人も明るくてとても魅力的。
今回のプログラムは宮本賢二くんが振付けてくれたんだそうです。
澤田亜紀
笠(円錐っぽい形のじゃなくて、フリスビーのような形の笠)のようなものを両手に持って登場。 最初2つだけかと思ったら重ねていただけで、2つそれぞれに笠が3つ4つ連なった小道具でした。
それを持ったままスタンドスピンとかしてて、綺麗でした。
いつもどおりニコニコ滑っていてかわいかったんですが、今回のプログラムはかわいいだけじゃない、溌剌としてるだけじゃない、ちょっと大人の雰囲気というか、いつもの亜紀ちゃんの雰囲気に何かがプラスされたように感じました。
魅せ方もうまくなってきたような気がする!
南里康晴
なんか、大ちゃんに似てきませんでした?南里くん。
髪形もそうなんですが(^_^;、ジャンプとか腕の使い方とかかなあ、大ちゃんっぽい!と思いつつ見ていました。
でも表現とか出来てきてておっと思いました。去年まではちょっと、物足りないと感じるところもあったので。
中庭健介
海猿。ワタクシは見たことがありませぬ。
最初出てきた時、「この衣装は…?ウェットスーツ?」と思いました。
中庭くん、アクターですよね。おかげさまで、海猿を見たことがない私には何を表現しているのか分からないところも結構ありました。
ソルトレークオリンピックでのヤグディンの「仮面の男」なんかも私は見たことがなかったんですけど、意味が分からなくても面白く見れたんですよね。 中庭くんもヤグディンもアクター系なのに何が違うんだろう?と考えたのですが、その場面を表現するフィギュアスケートならではのポージングの美しさとかが中庭くんにはまだ改善の余地があるのかなと思いました。
柴田嶺
相変わらず柴田くんらしい選曲に振り付けだなと思いました。
顔はカッコイイ(ジャニーズにいそうだと思う)のに、線が細くて滑り始めるととても中性的。もっと言うと女性的でなんかかわいいのでそのギャップがいいなーと思ってます。
バックスパイラルにI字スピンにビールマンスピンですか、柴田くんの魅力全開でした。 この路線、個人的には絶対変えないで欲しいです。男らしくするぞー!とか考えなくていいよ~。
ただ気になるのはスケーティングの粗さ。滑っている間中ガサガサとエッジの音がします。3階まで聞こえるのはちょっとまずいなぁ。
太田由希奈
由希奈ちゃんおかえりなさい!
何よりもそれを言いたくて言いたくて。紹介アナウンスの時既に会場から拍手が起こっていました。
足首のケガでほぼ2シーズン試合に出られなくて…日本のリンクに戻ってきて、シングルとして滑っている姿を見せてくれるだけで本当に嬉しかったです。
ジャンプはダブったり両足になったりしてカンペキではありませんでしたが、会場からは大きな拍手が起こっていました。 跳んでちゃんと着氷できているのでだいぶケガは回復したんでしょうね。
イナバウアーは相変わらず綺麗なポジション。
渡辺心/木戸章之
ロックンロール。相変わらず衣装が蛍光色でした(^_^;
ランチョンパーティーにいった方に伺った話だと、渡辺/木戸組も恩田さん同様、今シーズンで現役引退なんだそうです。
今後日本のアイスダンスはどうなるんでしょう…宮本くんに早く相方が見つかるといいのですが…。
アイスダンスは組んですぐに何とかなるって競技ではないでしょうし、ちょっと心配です。
恩田美栄
いつもの恩田さんの、ジャンプ中心の元気な演技とはちょっと路線が違っていました。 スケーティングとかも見せてくれて、よかったですよ~。
パンフレットによると、ストローキングとかを練習してきてその中からチョイスして自分でEXを作ったんだそうです。
高橋大輔
シースルーだけど、あの柄は確かにシマウマ!
…第一印象がそんなのですみません。髪を切ってほしいなぁ。長くなりすぎて結っていたような。
織田信成
今までのプログラムとは印象が違うプログラム。なんか大人っぽいというか…
衣装も黒のシックなもの。髪形も曲に合わせて落ち着かせている??うーんこのあたりは自信なしです。
村主章枝
開演前、盲導犬募金のためのTシャツ販売を手伝っていた(Tシャツにサインを書いていた)村主さん。
オープニングでも手抜きなく、雰囲気を作って踊りステップを踏んで楽しませてくれました。
プログラムはカルメン。相変わらずスピードがあるサーキュラーステップは見ごたえあり。
小道具を使ったり花を渡したりとお客さんを楽しませることも忘れないし、見たことがあるプログラムでしたがやはり楽しかったです。
安藤美姫
うーわこのステップまさにモロゾフだよー!…というのが第一の印象。
このプログラム「I believe」を見るのは2度目ですが、ストレートラインステップが変わっていました。
あの腕を振り回す振り付けは、どっから見てもモロゾフです。
やはり安藤さんは自分のカラーを持っていないだけで、振付師の要求に応えられる十分な身体能力を持っているんだなと感じます。
ウィルソンが振付師ならウィルソンカラーに。モロゾフが振付師ならモロゾフカラーに。
どのように身体を動かしたらどのような雰囲気が作れるのか、演じるとはどういうことなのかが分かればもっともっといいスケーターになれると思います。
荒川静香
やっぱりこの「アヴェ・マリア」、中途半端なプログラムだと思います。
荒川さんのいいところは滑りの良さとかスパイラル、ステップだと思うのですがどれも「もっとやって!」というところで終わってしまいます。
手をついて回る振りとか、別に面白くないし…
ステップはまず入っていないし。 スパイラルは「おー綺麗」って思い始めたところで終わってしまうし。 イナバウアーもすぐ終わりますしね。
一般の方が減ったようで皆さん結構反応がシビアだったと思います。拍手は結構贈られていましたが…トリという感じではなかった。
エレーナ・ソコロワ
かわいい。ソコロワ髪形変わってまた一層可愛くなってた~。
ソコロワこそ年齢に逆行してかわいくなってるような気がします。
相変わらず笑顔が可愛いし、プログラムもキュートな感じで彼女らしくて良かったです。
ジョニー・ウィアー
ものっすごい盛り上がりでした!
ジョニーファンの皆さんに感動してしまいましたよ~。あんなに反応して盛り上げてくれたらスケーターはホントに嬉しいと思うわ。
すごいご機嫌だったのが伝わってきたし、観客の方に視線投げたりいろんな表情見せたりすごいサービスしてくれてた。
プログラム終わって挨拶する時もスタオベすごかったしすっごい嬉しそうだった。
奥に引っ込む直前で振り向いて、四方八方に投げキッスしまくってました!
プログラムは「マイウェイ」。最初の方はゆっくりな滑りで、そんなにエレメンツも入っていないだけれどもとてもジョニーらしい雰囲気の滑りで退屈しませんでした。
後半になるにしたがってどんどん滑りのスピードを上げジャンプも入れてきたりと、盛り上げ方も上手いです。
シュー・シェン/ホンボー・ツァオ
中国のペアではやはりこの組が一番雰囲気があって滑りも上手いと思います。 パン/トンもジャン/ジャンもまだまだ滑りが粗いですね。
ケガはもうだいぶ良くなったようで何よりです。相変わらずスロージャンプ高かった。
ステファン・ランビエール
本日のお目当て、2連覇中の世界チャンピオン登場。
プログラムは「Fix You」。真っ白な仮面を小道具に使ったプログラムでした。
後半に、噂の超超長いスピンがありましたよー!
しかもそのスピンでは初出?のスピンあり。バトルくんやサンデュがよくやる、フリーレッグをまっすぐに伸ばしそのつま先をつかんで回るスピン。
ランビエールは本当にスピンだったら何でも出来そうだなーと思いました。次は是非ウィンドミルも入れて欲しい!
やっぱりランビエールは滑ってる間中ずっと愛を振りまきまくっていて、色男っぷりを発揮していました。
ランビエール、またかっこよくなったなーと思います。
やっぱりジョニー同様ご機嫌で、滑り終わって挨拶する時普通の選手は真ん中で身体の向きだけ変えて挨拶するところを、わざわざ四辺のお客さんのすぐ近くまで寄っていってお辞儀していました。
しかも南側ショートサイドへの挨拶が終わって北側に向かうとき、いきなりトラベリングからのフライングシットを披露してくれました!
いきなりのプレゼントに沸きました!

私が行ったのは最終公演。
…ということで、フィナーレ終了後スケーターは早速お遊びタイムに突入。
お客さんからプレゼントなどをもらい終わった選手からリンクに再び出てきて集まり、毎度恒例シンクロナイズドスケーティング開始。
まずは隊形を円に。次に4つか5つに分かれて風車の形。そこから再び円に近くなり、渦巻きの形を作って大拍手!
円で滑っている時に一人がこけちゃって形が崩れたりしましたが、お遊びタイムだからご愛嬌。むしろあったほうが面白い!
外国のスケーターも、シェン、ツァオ、ペーゼラさんとかが入っていて一緒に盛り上がっていました。
ランビエールはいたかな? ジョニーはまだファン対応してました。彼が一番プレゼントとかたくさんもらっていたなぁ。
あとは、荒川・中野コンビでジャンプコンビネーション大会。荒川さんを見ていたのですが

3T(?)→2T→2T→2T→2T→2T→(中略)→2T→2T→2T→2T

とかいう、永遠に跳び続けられるんじゃないかと思ってしまうほど長ーいコンビネーションジャンプを披露していました。びっくり。
自分が数えた時は12連続だった気がしたのですが、14連続のコンビネーションジャンプだったようです。
荒川さんは跳んでも跳んでも着氷が流れていくので、いつまででも跳び続けられるような気がします。
それに対抗して今度は大ちゃんがアクセルジャンプでジャンプシークエンス挑戦。

1A(2Aすっぽ抜け)→2A→2A→2A→2A→2A→2A→2A(尻餅ついて背中までコケ、会場爆笑)

だったようです。10回跳んだ気がしたんですが8回だったそうで。
面白かったです~結構皆何回も連続でジャンプ跳べるんですね。
次に織田くんが出てきて、3-2-2ジャンプかな、を披露。
すると大ちゃん、戻ってくる織田くんの気配を感じたのか、ファン対応中だったところをくるっと振り向き

「フーーーー!」

と超デカイ声で叫んでました。再び爆笑。
あとは中庭くんがピンで出てきて、おっこれはもしやと思っていたらやっぱり4T挑戦!2フットだったけど一応立ってたと思う。
ランビエールが飛び出してきて、「皆来いよ!」って感じで何人か手招きしスピン大会とか。やっぱりランビエールは回転速い~。
女性陣4人くらいで(荒川・安藤・恩田・中野かな?)皆でひとつの円を描いてスパイラルとか。
最後に皆揃って記念撮影、と言うことになったのですがいまだにジョニーと村主さんがファン対応中。
「ウィアー!ジョニー!ジョニー!」と呼ばれまくってやっとジョニーが気づき、ファンからのプレゼントを持ったまま記念撮影場所へ。 そんなジョニーにプレゼントおいてきた村主さんがかぶさるようなポーズになって記念撮影。
ジョニーやランビエールはご機嫌でファン対応もすごく良かったです。
ランビエールは写真を頼まれると必ず女性の肩を抱き寄せてポーズだし、ジョニーはプレゼントもらうとチークキスしてたし。
正直ちょっと羨ましいぞー。

という感じで、とっても面白かったDOI最終公演でした。

スポンサーサイト

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

06 « 2006/07 » 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。