blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操ジュニア合宿と朝日新聞の塚原選手記事

2006/02/19(日) 23:36 体操

最近ずっと体操の記事を書いていなかったのですが、体操協会に男子ジュニア強化選手海外合宿(1月24~2月4日)のレポートが来ていたのでちょっとだけ感想。
まずすごくどうでもいいことなんですが、トロントなんて羨ましい! …とバトルファンとしては言っておかねばなりますまい(^_^;
参加選手スナップ。よく見る塚原さんのコーチを発見。なるほど内村選手についてトロントに行っていたんですね。
記事の中で気になった箇所がひとつ。

…世界的に優秀な選手を育てたコーチに、日本の選手・指導者が直接指導をしてもらえる合宿が出来ないかと考え、今回ヤロフコーチに講師を依頼し、合宿に臨んだ。
今まで各所属で注意されていることと全く反対のことを言われている選手もおり、…

全く反対の事を言われるって、問題じゃないですかね?
考えられるパターンとしては3つあるかなと思うんですが、

  • 所属先のコーチの指導が間違っている
  • ヤロフコーチの指導が間違っている
  • 適切な指導は各選手によって違い、選手によって変更する必要がある

どれなんでしょう。気になるところです。
なるべく早く改めたほうがいいと思うのですが…

あと、前に「また後日」と書いたっきりだった朝日新聞の塚原直也選手記事感想。
本当はもっと早くに書こうと思っていろいろ考えていたんですけど、いまいちまとまらなくて。 結局今でもうまい書き方が見つからないんですけどね。
うん、「1位になりたい」って言葉が聞けてよかったなぁと思いました。
ミスのない体操や美しい体操をすれば結果はついてくる。 それでももちろんいいんですけど、逆に誰かに勝ちたいって気持ちがミスのない美しい体操に繋がる事もあるんじゃないかなと思っていまして。
特に塚原さんってすごく負けず嫌いそうに見えてたので「○○には負けたくない」とか言っちゃえれば、もうちょっと楽になるんじゃないかなーなんて勝手に思っていました。
言葉を飲み込んでるんじゃないかなとか感じることもあるし。本当はどうだか分かりませんが。
それに、今の状態でのモチベーション維持にはもってこいだと思うんですよね、ライバル心。
今の塚原さんは1番じゃないですからね。国内でさえ。
ちょっと煮つまり気味だったのですが、ロンドン五輪までやりたいとのこと、応援していきたいです。

スポンサーサイト

トリノオリンピック・フィギュアスケートアイスダンスCD

2006/02/19(日) 17:52 フィギュアスケート

長年使ってヘタれてきた枕を買い替えに行ったら、ちょうど2000円引きタイムセールやってました。
最近失敗したかなーって言う日が続いていたけど(状況はまだ良くない気がしますが…うぅぅごめんなさいスミマセン…)今日はなんだかいい日です。

そうそう、思ったんですけどね。
実況の口数が多くてもいい競技と、少ないほうがいい競技があると思うんですよ。
フィギュアスケートって音楽かかってるじゃないですか。 で、大抵の選手は音楽を表現したりその曲の映画・バレエ・オペラの内容などを演じたりしようとするじゃないですか。
実況、静かなほうがいいです。
ペアの刈屋アナ時から「うるさいなー」とは思っていたんですけどね。 「フィギュア知らん人に興味持たせるにはこれまでの選手の経歴とか紹介した方が感情移入して見れる人もいるかもしれないし…」とか思うことにして。

でもアイスダンスコンパルソリーの実況はだんだんイラついてきました。
アイスダンスやコンパルソリーやラベンズバーガーワルツの説明してたと思うんですよ。 私もアイスダンスというか、アイスダンスのスケーティングの良し悪しとか分かってなかったんで、最初は「うんうん」とか思いながら聞いていたんですよ。 何拍目にツイズル持って来るかとかいちいちチェックしてから見ないですし。
でもね、同じ話を何回も繰り返してましたよね。
途中からコンパル見始めた人へにも分かるように喋ってるのかなとも思うんですが、最初っから見てる人にとってはミミタコになります。
ワルツのリズムが123だなんてこと誰でも知ってると思うしね。
とうとう最終グループのホフマン/エレクの時

「123123123123123123…」

なんかの呪文かと思いましたよ…(-_-
コンパルソリーってフィギュアの全種目の中で一番実況解説が難しい種目だとは思います。 ジャンプとか派手な技ないし、皆同じことやってるし、上位組なんて技術力拮抗してほとんど差がないですしね。
だからこそ喋るんであればちゃんと分かるように説明して欲しいわけですよ。 分からないなら解説に振って実況は黙っててもらったほうがいいし。
解説の五十嵐さんがもっと援護してあげればよかったんですけど、煮え切らない感じの解説でしたね。
個人的には、アイスダンスの解説は樋口豊さんがいいです。 要素のレベル解説や足元の解説など、結構分かりやすくて。
どうして今回樋口さんじゃないんだろうなー。 男子アイスダンス両方樋口さん解説でも良かったんだけどなー。

さてコンパル感想。上記みたいな理由でよく分かっていないのでちらちらとだけですけど。
個人的に上手いなーと思ったのはグルシナ/ゴンチャロフ。 滑りが滑らかで、グルシナさんのツイズルもシャープでよかったと思います。
ナフカ/コストマロフもさすがです。でも思ったよりは上手いなーと思わなかったかなぁ。
ベルビン/アゴストはベルビンがもうちょっと頑張らないといけないですね。 アゴストはともかくベルビンはまだ足元が不安定な感じ。
でもベルビンは相変わらず美しくて衣装も綺麗だった~。
フーサルポリ/マルガリオは1位の価値があったかどうかは? マルガリオがおっかなびっくり滑っているように見えるのは私だけでしょうか。
そしてマルガリオの退化がすごい(^_^;
4年前はイタリア男だなーと思ったんですが今回はただのおっさんに見えてしまいました。月日は無情ね…(-_-
衣装もワルツとは思えない衣装でびっくりです。おっさんマルガリオの胸元ガバって開いてるんですけど。
デンコワ/スタビスキーは去年のNHK杯では調子が上がってない感じだったので気になっていたんですが、点数的には復活してきたようで良かったです! これでますますメダル争いが分からなくなってきましたね~。
衣装も相変わらずオリジナリティあふれる衣装でよかったです。 抹茶色×紫とはなかなかすごい配色ですが結構まとまっていたような。 淡いピンクのバラもついてて綺麗だった。
チャイト/サフノフスキーはただただ気の毒でした。スピードもあって結構よかったのにね~…何に引っかかったんだろう。
スパンコールのせいだとすると…大量についていたナフカ?ってつい思ってしまうんですけど。
ナフカ、04NHK杯のODでは羽根バラまいて滑っていて「危ないなー」と思っていたのですが…CDは全員同じ図形を描くので引っかかる確率もOD・FDより高いですよね。CDの衣装だけでも何とかならないものか…
チャイトの衣装、すごく綺麗でしたね。チャイトの髪形+ドレスの色が好きです。あのドレスの色、なかなか見ませんよね。 あえて言えばソルトレークシーズンのサラ・ヒューズのベロア衣装が似ていますが、ヒューズのはもっと濃い目の色だった気がする。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

01 « 2006/02 » 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。