blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノにベルビン・アゴスト組が参戦…!

2005/12/23(金) 12:11 フィギュアスケート

すごいニュースが飛び込んできました。

ベルビンに米市民権 トリノ五輪のメダル候補に

トリノに出られないのは残念だなーと思っていたベルビン・アゴスト組の参戦がほぼ決定です…!
俄然面白くなってきましたね。ナフカ・コストマロフ組に迫れるのは多分このカップルだけでしょう。
個人的予想では

1位:ナフカ・コストマロフ組、2位:ベルビン・アゴスト組、3位:激戦すぎて予想不可

3位は誰が来るでしょう。
デンコワさんたちは応援してるんですが怪我の事もありあやしいなぁ。
グルシナ・ゴンチャロフ組とデュブレイル・ローゾン組あたりが来るでしょうか。
復帰したドロビアツコ・バナガス組はどれくらい新採点に対応しているのか? 映像を見ていないのでさっぱり分からない。
ソルトレイク銅メダルのイタリアのフーサルポリ・マルガリオ組は復帰するという噂があったけど復帰するんでしたっけ?
うわー、アイスダンスわからんなー。

しかし、アメリカこんなぎりぎりになって特例で市民権認めてきましたね。
金メダル候補のためならなんでもしますな。

ともかく、トリノでベルビン達が見られるのは嬉しいです。
アイスダンス見たことない!って人には「ベルビンって言う超絶綺麗な人が出るから彼女を見とけ!」と勧められそうです(そしてアイスダンスにはめたい)

スポンサーサイト

グランプリファイナル・その他小話

2005/12/23(金) 12:01 フィギュアスケート

最後にグランプリファイナルの演技以外で気になったところを。

  • 男子シングル表彰式。終了後リンクを回ったりカメラマンの写真撮影に応じたりするのですが、バトルくんとランビエールはなにやらおしゃべりして仲良しさん。
    で、大ちゃん微妙にハブ…。
    大ちゃんは英語はそんなに上手くないらしいですが、外国の記者との記者会見で答弁できるようにはなってるらしいんですよね。
    JICの時(表彰台はバトルくん・大ちゃん・織田くん)はバトルくんと同じリンクで練習している織田くんが間に入っているせいか3人でほのぼのって感じだったのですけど、今回はちょっと寂しかったです。
    「ダイスケと仲良くしてると日本の異常なマスコミが寄ってくるしなぁ」とかだったら泣ける。
  • バトルくんとランビエールがが何語で喋っているのかとても気になります。
    公式サイトによると、ランビエールは母国語がフランス語で、他にドイツ語英語ポルトガル語、あと少しイタリア語を喋れるそうな。 5ヶ国語って…何リンガル?
    そしてバトルくんは英語圏のカナダ人なので母国語は英語ですが、フランス語圏のカナダ選手と喋る時はフランス語を使っているらしいです。 他にもなんか喋れた気がするのですが忘れました。
    英語圏の人って他の言語勉強しなそう、とか勝手なイメージがあったのですがバトルくんはそうじゃないんですね。
  • 3/4-5日に有明コロシアムで「ニチレイアセロラ presents Theater on Ice 2006」というアイスショーがあります。
    「メダリストが集結」と書いてあるので「トリノのメダリストが来ないでロロとか来たらどうする?」なんて笑っていたのですが、どうもトリノのメダリストが来るそうな。 ニチレイのニュースリリースによると他にも「歴代メダリストおよびプロスケーター」を呼ぶらしい。
    オリンピック直後、世界選手権前ということでどれくらいメダリストが来てくれるか激しくナゾですね。
    金メダリストは世選に出ないで引退、という人も結構いそうなんですが…いかんせん疲れてるだろうしメディアの取材も殺到してるだろうしなぁ…
    「メダリスト」ということで今から交渉しにくいところも気になる。
    日本選手には是非外国選手と仲良くなって、「タケシが『長野来ないの?』って言うから来たんだよ!」とヤグディンが長野世選に来たように「ダイスケが『日本来ないの?』って言うから来たんだよ!」とかなって欲しいわぁ。
  • 表彰式の国旗掲揚、なんと代々木は手動でした。人があげてるよー!とか思ってしまった。
  • 女子FS前に、お付きの人とともに琴欧州が選手・関係者席に出現。琴欧州はコートを羽織っていましたが、お付きの人は着物オンリー。相撲取りとはいえ寒くないの…?
    FS終了後お母さんと観戦に来ていた織田くんはスタッフっぽい人に連れられて琴欧州に挨拶していました。
    しかし一旦席に戻ったもののまた琴欧州のところにやってきて。
    何をするのかと思ったら、手の平を合わせてもらってた(笑
  • 選手・観客席に赤い帽子をかぶった人がいるなぁ、と思ったらサンデュでした。コーチと一緒にずっと観戦していました。
  • 逆に落ち着かない観戦をしていたのはバトルくん。
    ペアの競技中に現れると、関係者席の一番後ろの通路にリュックなどの荷物をどかっと置いてコーチの隣に行き観戦。 鞄は席まで持って行こうね…最後列の人「何これ?」って感じで振り返っていたよ…(^-^;
    しかし1組か2組だけ見て撤収。一体何しに来たんですか。
  • 真央ちゃんのFS終了後は観客席のスタオベがすごかったですが、全員総立ち状態になっていたのは選手・関係者席でした。
    サンデュももちろん立ち上がって拍手。
    女子FS時は他の競技は全て終了していたので関係者席は人がみっちりだったのですが、大盛り上がりでした。
  • すぐに観戦終了してしまったバトルくんですが、席に座るとサンデュと同じ赤いキャップをかぶっていました。 これってカナダ帽?

グランプリファイナル・アイスダンスOD

2005/12/23(金) 01:37 フィギュアスケート

今日ふと思い立ち、gooのブログ検索で「ジェフリー・バトル」を検索してみたら、最近のものが大量に引っかかってびっくり。
やっぱりEXの放送でファンを増やしたのね。綺麗だったしねぇ。 FSは映らなくてよかったですが、SPはなかなかよかったので地上波でも映して欲しかったです。
しかし、バトルくんが「王子様」と書かれている記事が結構あって驚きました。
王子様か~…。
私のバトルくんイメージは

大口開けて「hahaha!」と笑ってる北米人(しかもなんか食ってる)

なので、王子様って感じはしないです。バトルくんは突っ込みどころも多いですし(^_^;
確かにあの放送のアヴェ・マリアだけ見たら、王子様っぽいですかねぇ。んー。

さて、アイスダンスODレポ。
05-06シーズンのODは「ラテン・コンビネーション」でリズムはチャチャ・ルンバ・サンバ・マンボ・メレンゲ・サルサ。 速いテンポでのたたみ掛けるような情熱的なダンスを期待。
まず全体的な感想。
FDの時には書かなかったんですけど、今年のアイスダンスを見ていてよく思うことは

ダンススピンが汚い

です。何が汚いって、中途半端に脚が上がってない姿勢でのビールマンスピン。なんじゃありゃ。
あんなん全然綺麗じゃないんだから、ジャッジにはGOEでマイナスつけまくって欲しいです。
仰向けキャメルスピンも上半身起き気味とか軸足曲がってるとか結構あって、キャメルじゃない!と叫びたくなります。
あと、ODがラテンということで男女ともにセクシーな衣装が多いですね。
個人的には、男性の胸元ガバッ衣装はあまり好きではないのですが。女性がセクシーなのはよいよい。
TVの実況・解説は落ち着いた感じでかつ初心者向けにアイスダンスの見方などを解説していて好感持てました。

Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(RUS)
リズムはルンバ-サルサ。
私、スローテンポでのミッドラインステップはもっさりした感じがして好きではないのですよね~。 特に今シーズンはラテンでテンポが速いのを期待しているので消化不良感が。
01-02シーズンのロバチェワ・アベルブフ組のような速くてカッコいいミッドラインステップが見たかったのですよ。
この組はダンススピンが遅いので余計にもっさりした印象を受けました。
ダイアゴナルステップはよかったと思うし、雰囲気もよいカップルなので今後に期待したいです。 まだ二人とも20歳位で若いカップルなんですね。
Isabelle DELOBEL / Olivier SCHOENFELDER(FRA)
何と言っても最大の関心ゴトはオリヴィエの衣装でしょう!
「もうちょっと似合う衣装に変わってるといいなー」と思っていたら、変わっていましたよ服が。
服は白シャツに白パンツ。そして黄緑+白のバンダナ。 …やっぱりバンダナは健在なのね…(-_-
ダンス自体は二人ともこなせると思うんですけど、いかんせんオリヴィエの見た目がね。 衣装もそうですけど、ラテンって風貌じゃないんですもん。
さて演技。リズムはマンボ-ルンバ-マンボ。
…オリヴィエに何が起きたんでしょうね…。
ミッドラインステップのシンクロナイズドツイズル部分で、逆回転の時にコケて思わずうなってしまったんですが、ダイアゴナルステップのラスト、ターン後RBOで滑るところでエッジが抜けるような感じで転倒。 ダンスホールド状態だったんで、デロベルも一緒に転んでしまいました。ディダクション2決定…。
録画したものを見返したら、ミッドラインステップのツイズルでは逆回転ツイズルへの移行の段階でバランス崩しちゃってるんですよね、オリヴィエ。
靴に何かあったのか、それとも代々木の氷が合わなかったのか…。
転倒の少ないアイスダンスではかなり致命傷。どんなにFDがよくても最下位決定かな…とひたすら残念でした。
あとダンススピンでのデロベルのビールマン、先シーズンまではもっと脚が高く上がっていた気がするのに高さがなくなってる。 明らかに劣化してるじゃん…
Galit CHAIT / Sergei SAKHNOVSKI(ISR)
リズムはチャチャ-ルンバ-サンバ。
このカップルは激しいというか…少々粗い感じのするカップルなので、ラテンは似合いそうだなーと思っていました。
チャイトは赤茶の髪の色が似合ってるし衣装のスカートがふわふわでかわいい。これってマンボで使う衣装でしたっけ?
ミッドラインステップはやっぱりシンクロナイズドツイズルが鬼門。チャイトがバランス崩し。
ダイアゴナルでもちょっとバランス崩しているなぁ。
全般的にノリノリで動きが速く、ラテン!という感じがして好きです。
Elena GRUSHINA / Ruslan GONCHAROV(UKR)
リズムはサンバ-ルンバ-サンバ。
グルシナさんの衣装が非常に露出度が高くてセクシー! 彼女はスタイルがいいから似合います。大人の女性の色気ですねぇいいですねぇ。
ミッドライン・ダイアゴナルステップはいろいろ入れているせいか進むスピードが遅くてちょっと不満あり。
でもグルシナさんが踊るの上手いので好きなプログラムです。ゴンチャロフももっと踊ってほしいなぁ。
Marie-France DUBREUIL / Patrice LAUZON(CAN)
リズムはサルサ-ルンバ。…とあったけど、サルサ-ルンバ-サルサな気がする。
最初のリフトはデュブレイルの姿勢が綺麗で、すごく好きです。
サルサの雰囲気がすごく出ていていいんですが、なんかちょっと物足りない感じがするかな。
ところで、デュブレイルの衣装、綺麗なんですけど動いた時に胸が見えるんじゃないかとはらはらするのは私だけでしょうか。
Tatiana NAVKA / Roman KOSTOMAROV(RUS)
この組といえば、まずナフカの衣装の露出度が気になるというのは私だけではないはず。
今回は「ナフカにしては」露出度抑え目の衣装でしたね。グルシナさんのほうが布地少ない。
しかしヒョウ柄に水色を合わせる大胆なデザインの衣装、しかもバンダナしてるのにオリヴィエほど変な印象がないのはナフカの外見のおかげなのだろうか。
リズムはチャチャ-ルンバ-サンバ。
ナフカたちって、去年のODもそうでしたが、ミッドライン・ダイアゴナルステップはそんなに速度の速くないところに入れてきますよね。 今回はミッドラインがチャチャ、ダイアゴナルはルンバで入れていました。
これはやはり、シンクロがずれるのを目立たなくさせたいからなんでしょうか?
彼女たちは上手いから、速いステップも見たいんですけどねー…。
この組は距離のとり方・二人のシンクロっぷりがすばらしいと思います。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

11 « 2005/12 » 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。