blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ボケ&JIC

2005/09/30(金) 21:47 フィギュアスケート
「今日は東京の会社のフロア引越しだ!明日はJICだ楽しみ(^0^)」と思っていたら大ボケをかましてしまいました。
19時からの読売日響の演奏会のチケット買ってたの忘れてた…新宿よって家に帰ってから気づいた…
悔しいので今日は何のプログラムだったのか調べてみた。

指揮:オスモ・ヴァンスカ
■バーバー: 弦楽のためのアダージョ
■ベートーヴェン: 交響曲第5番 ハ短調 op.67〈運命〉
■ニールセン: 交響曲第5番 op.50

…アダージョ楽しみにしていたのに…うおぉぉぉぉ。

さてさて気を取り直して明日10/1はJIC。
TBS公式サイトによると最終的な出場選手は以下のようです。
当初予定されたプルシェンコと村主さんはケガで欠場とのこと。

■女子シングル
日本勢:荒川静香(WSTD1位)、安藤美姫(WSTD2位)、恩田美栄(WSTD5位)
外国勢:イリーナ・スルツカヤ(ロシア、WSTD4位)、ユリア・セバスチャン(ハンガリー、WSTD6位)、スザンナ・ポイキオ(フィンランド、WSTD9位)

■男子シングル
日本勢:織田信成(WSTD19位)、高橋大輔(WSTD21位)、本田武史(WSTD37位)
外国勢:ジェフリー・バトル(カナダ、WSTD2位)、ジョニー・ウェア(アメリカ、WSTD7位)、チェンジャン・リー(中国、WSTD5位)

■エキシビション
タチアナ・トットミアニーナ/マキシム・マリニン(ロシア、WSTD1位)、浅田真央(WSTD20位)

今回は日本勢VS外国勢で団体戦もあるのですが、女子は日本勢優勢、男子は外国勢優勢ですかねー。
TBSで15:00~16:54に放送ありです(関東のみ?)。中継なのが残念だけど、フジよりはまともな放送をしてくれることを期待します。なんと田村岳斗が解説。

男子はバトルくん、女子はスルツカヤと荒川さんが楽しみです。
皆今シーズンのFS滑ってくれるといいなぁ。
ファンサイトによると、バトルくんのFSは「クラシックベースの8曲をピアノで仕上げている」らしいのでどんなものになっているのか気になります。8曲繋ぐってすごすぎ。

明日は会場で応援してきます!(^0^)
当日券もあるそうですが、S(15000円)・A(12000円)が完売しないと立ち見(3000円)は出ない模様なのでご注意。
スポンサーサイト

十六夜記プレイ中

2005/09/29(木) 22:32 ゲーム

十六夜記、黙々とプレイ中です。おかげで毎日寝不足です。

今、十六夜記のノーマルED?(「凍れる魂」のスチルが出るやつ)見て、2章に戻って時空跳躍し「違うのか!」と驚いたところです。
最初は攻略サイトを見ずにやる予定。 どうしても詰まっちゃったら見に行くかもしれませんが、まずは自力で!
狙っているのは銀(か知盛。全クリ直後のデータでMIXJOYしてるけど、知盛落とせるのか?)です。
偶然の産物で景時の蜜月が満ちたんですが、景時蜜月EDにはならなかったです。 最初は必ずあのEDになってしまうのか、それとも知盛たちと一緒に行動したのがまずかったのか。 前者かなぁ。
これまでプレイしてきた感想は以下(微妙にネタばれあり?なので注意)。

続きを読む≫

全日本班編成とスイスカップ派遣

2005/09/28(水) 12:50 体操
第59回全日本体操競技選手権大会の班編成が発表になりました。
男子班編成:http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/2005/infor/pdf/05na_mli.pdf

塚原さんはI班5組とのこと。
第7回常務理事会で救済の承認がおりたそうで。
名前があったからといって安心してはいけないですけどね(^_^;
塚原さんを見たくて行った大会、全て名前しか見られなかったので全日本は行くかどうか迷い中。
自分が行ったらまた出られなくなりそうな気がして…疫病神なんじゃないかしら自分。

あとメモリアルアーサーガンダー杯兼スイスカップ(2005/10/24-31、スイス)への派遣も承認されたそうです。
スイスカップ、全日本から10日くらいしか離れてないんですけど。ハードスケジュールですねー。
お、日程見たら1週間もやるんですか。長。新体操も体操も一緒にやるのかなぁ。

WILLCOMの新端末!!

2005/09/27(火) 21:41 雑談

とうとうきました! WILLCOMの新端末発表!!

http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/index.html

京ぽん出たときはOpera搭載に惹かれて買おうかどうか迷い、結局SDカードが入れられなかったんで買うのやめたんですが、待っててよかった(^0^)
今回の端末はどれもデザインがいいし、ちゃんとコンセプトが分けられているのでどれを買おうか迷っちゃいます(既に買うこと決定)

最大の悩みはJAVAを取るかBluetoothを取るかと言うこと。
あまりケータイでゲームしたりはしないと思うんですけど、Bluetoothもどれだけサービスが出てくるか謎ですしねぇ。 Bluetoothはかなり前から話題にはなってるけど、いまいち流行ってない印象。
あとはブラウザの問題。Operaを取るか、NetFrontを取るか。
最初NetFrontと聞いたときは、「え!?cHTML!?」と思ってしまったんですが、フルブラウザのNetFrontを搭載するようで。
Operaはjavascriptはある程度動くのかなーと思うのですが(京ぽん所持者に聞くか…)、NetFrontはどうなのかな?ちゃんと動くのかな?
ケータイ以外のNetFrontは最近見ていないのでどうなっているのかよく分かりません。 以前はモバイル関連部署にいたのでPC用のNetFrontとか触ったんですけどね。

後は忘れちゃいけない新料金プラン、「データ定額」。
WILLCOM同士の通話と、メール(相手のキャリア問わず)が2900円で使い放題となるWILLCOM定額プランのオプションとのこと。
1050円からの定額なんですが、PCに繋いで使ってもMax6300円しかかからない、ということは…

WILLCOM同士の通話+メール+端末とPCからのネット接続し放題で月額9200円

すごー。
携帯+WILLCOMのPHSの2台持ちする人増えるかなー。

WILLCOM2005年モデル(京ぽん2 etc)まとめページによると発売は11月予定らしいですが、今から楽しみです。
ホントは引越し後ネット環境が整うまでの間に使いたかったんですけど。
ちょっと遅いわWILLCOMさん…

十六夜記やっと入手~

2005/09/27(火) 21:15 ゲーム
やっと今日、アキバのヤマギワソフトで十六夜記を入手しました。
これから早速やってみます~
それにしても、発売日新宿でまったく見かけなかった十六夜記、ソフマップやメッセサンオーなんかにはなかったんですけどヤマギワソフトは3つもありました(通常版)。
まだ手に入れられていない方、ヤマギワソフトに残ってるかもしれないので電話してみるといいかも。

A.リード死去…

2005/09/26(月) 08:52 音楽
少々古い話題なのですが、吹奏楽の作曲家として知られるアルフレッド・リード氏がお亡くなりになったそうで…
春の猟犬もアルメニアン・ダンスも大好きだった!エル・カミーノ・レアルも!
来日して指揮をなさることもあって、一度でいいから彼の指揮で演奏してみたいなぁと思っていたのですが…

本当に残念です。
すばらしい曲たちをどうもありがとうございました。

http://music.yahoo.co.jp/classical/music_news/cdjournal/20050922/cdjent006.html
http://www.api-inc.co.jp/REED/R-Reed.html

2005年国際ジュニア・フォトギャラリー

2005/09/25(日) 10:46 体操
国際ジュニアのフォトギャラリーが更新されていました。
いろんな選手の写真があるのですが、中島選手の写真は表彰台の3人で写ってるやつしかない…何故?
動きが速過ぎていい写真が撮れませんでした!…なわけないですよねぇ。
見た目好みなのはイサイェフ選手とボーイ選手とタラヌゥ選手なのですが(ロシア系とドイツ系が好み)、タラヌゥ選手の顔がよく見えません!
ボーイ選手の、上のほうの髪だけが金髪なところはフィギュアのバトルくんを思い出させますねー。

http://www.jpn-gym.or.jp/goods/photo/2005/ij/00.html

読書の秋。

2005/09/24(土) 22:38 雑談
欲しかったゲームが買えなかったおかげで3連休が暇になってしまいました。
図書館から借りてた本を返さないといけなくなったので返しに行くついでにまた2冊ほど借りてきました。連休中に読み進める予定。

結局、「吾輩は猫である」は1ヵ月半も借りていたけど挫折しました。
駄目でした。どうしても読み進められなかった…
あとは塚原さんの名前でGoogle検索していて見つけたんだったか、「敗れざる夏」という本を借りていましたが塚原さんの部分だけ読んで返しました。
どっちかというと著者で売ろうとしたスポーツコラムだったのかな。あまり面白いことは書いてなかったです。アンドリアノフさんの話でした。
塚原さん目当てならば借りるほどの本ではないと思います。

次に借りてきたのは川端康成「伊豆の踊子・禽獣」と司馬遼太郎「竜馬がゆく1」。

川端康成、本当は「雪国」が借りたかったんですけど行った図書館にはなかったので予約だけして「伊豆の踊子」を借りることに。
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」
雪国はこのフレーズを読んでみたくて。
借りた本は伊豆の踊子だけ読みましたが、人物の心情描写が独特ですねー。よくこんな描写を思いつくものだなぁと感心してしまいました。

司馬センセ…とうとう手を出してしまいました「竜馬がゆく」。
この本に手を出したら先が長いので時間がある時に借りようと思っていたのに!
行ったら棚にぽんと置いてあった…思わず借りてしまった…
やはり司馬センセの歴史小説は面白い。面白いよ~
…引越し先も近所に図書館があるといいなぁ。そしたらすぐ次を借りられる。

う…売り切れ!?

2005/09/22(木) 22:45 ゲーム
本日は「十六夜記」の発売日~ということで新宿に寄ったんですが…

う、売り切れですか!?

何箇所か回ったんだけどどこに行っても「売切れてしまいました」の言葉ばかり。
コーエー、出荷数いくらにしたんだろう?
ちょっと少なすぎたんでない??

明日はあちこちに電話掛け捲る予定です。
どっかに残ってて取り置きしてもらえるといいなぁ。
3連休はゲームで引き篭もろうと思っていたのに…予定が狂いました。

JIC代替選手とMOI2005

2005/09/21(水) 23:57 フィギュアスケート
10/1に東伏見で行われる「Japan International Challenge」、不参加となったプルシェンコの代わりに派遣される選手が決定したようで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050920-00000150-mai-spo

チェンジャンかぁ。
チェンジャン、今年のNHK杯も来るんですよねぇ…去年も一昨年も来たんですよねぇ…。
違う選手は断られちゃったのかな。
個人的にはジュベールかゲーブルさんかランビエールがよかったんですけど。

あと、12/25全日本選手権後の壮行エキシビションが決定したそうですね。「ALL JAPANメダリスト・オン・アイス2005」。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20050921035.html

え、ヤグディン来るの!?
嬉しい!嬉しいけど!

ドリカムも…?

何曲も歌われてライブになりスケートが見られなくなっても困るし、1曲だけだったらだったでそれだけのためにギャラがチケット代に上乗せされるの?と思うと微妙。
ただでさえフィギュアはチケット代高いんだし…JICはA席でさえ12000円なんですけど。
特にファンじゃないので、お金出してまで見たいとは思わないです…ドリカム。

元シークレットバトン ~青春編~

2005/09/21(水) 23:16 雑談

バトンなるものが回ってきました。
あまり面白いネタはないと思いますが…

小・中・高の中で1番、思い出深い時期は?
んー、高校2年の時かなぁ。次点が中2。
高1の冬~高2の秋に県で国体があり、あちこちの開会式などに演奏しにいってた。パーカッションだったせいもあり他校の友達が結構できて。
コンクールやアンサンブルコンテンストでは皆ライバルだったけど「よかったよぉ!」とか言い合ってて青春だった。先輩も面白い人たちでとにかく部活が楽しかった。
中2の時はクラス替え後の席替えでちょっと怖そうというか乱暴そうな男子の隣になってしまってビビっていたら実はイイヤツで、もうひとり同じ班の男子と3人でよく遊んでいた。授業中とか(コラ)。
授業中に「うるさい」と先生に注意されたのはあの年くらいだ。
あとは内緒。
UK時代を文字で表すと?
UKって何。
得意だった科目は?
小中時代は特別得意とかはなかった気がする。
高校時代はやはり大学受験があったので得意なものを覚えている。国語と英語。
好きだったのは物理。先生が大好きで、先生がいた進路指導室に赤本片手によく遊びに行っていた。事象を頭で想像しやすく、方程式数個覚えるだけで問題が解けるという点もよかった。
あ、そうそう、物理は計算式は文字がほとんどなので、どうでもいいような計算をしなくてよいのも好きだった。化学のモル計算とかはこんなもの機械にやらせとけばいいのにと思いながら計算していた。
では、苦手な科目は?
体育と社会。運動オンチで器械体操は恐怖だった。なので体操選手は尊敬する。
社会は日本史は好きだけど記憶力がないので駄目。年号とか覚えて一体何の役に立つのか?
大学になってからは一気に物理が嫌いに。私は偏微分方程式を解きたいんじゃない!とにかく偏微分方程式ばかり見ていた気がする。
思い出に残った学校行事を3つあげてください。
学校行事? 部活やりにいってたから部活しか覚えてないんだけど…
1:高1冬の冬季国体スキー会場開会式
2:高1冬のアンサンブルコンテスト
3:高2くらいのときの打楽器セミナー。国体の練習でお世話になった先生が来ていて友人と先生と3人でびっくり!他校の人と一緒に学校にないいろんな楽器を叩けて面白かった。
学生時代は、クラスではどんなキャラでしたか?
真面目な子でしたよ!
学生時代の友達からの呼び名は?
女子からは名字や名前から1、2文字くらい取ってちゃんづけ。男子からは中学時代は名前呼び捨てで高校時代は名字+さん。
好きな給食のメニューは?
うーん、秋刀魚の蒲焼?
学生時代に出会った友人は、あなたにとってどんな存在ですか?
小中高の人とはもうさっぱり会っていないので存在していないのと一緒かなぁ。大学時代の友人は何人か今でも会っているので大事な存在です。
次にバトンを渡す5人
ここでお仕舞。

2005国際ジュニア体操競技大会2日目

2005/09/19(月) 23:04 体操

2005国際ジュニア体操競技大会2日目行って来ました。本日は種目別。
技とかよく分かってないの多いし、すでに体操協会のサイトにレポートが来ているので、優勝者の構成などはそちらを参考に。
http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/2005/report/data/05ij2.html
では本日の感想。男子中心です。
今日は人が少なめで、開場後に着いたのにかなりいい位置で見られました。

演技系

ゆか
  • 渡邊選手:ラインオーバーあり。8.800。
  • 中島選手:結構うまいなーと思いつつ見ていました。ラインオーバーとかはなかったのですが、あまり前に進まないタイプのようで対角線を十分に使いきれていなかった感じがありました。もうちょっと進むと見栄えがよくなりそうですね。
  • BOY選手:最初のシリーズで観客を沸かせました。協会レポの「前宙1回ひねり~前宙~前方2回宙」かな。
あん馬
とにかく落下多し。
  • BOY選手:途中でバランスを崩してしまった。終末技でも停滞してしまい、8.850。
  • URSACHE選手:最後の最後でバランスを崩してしまい、終末技にも響いてしまい残念。降りは倒立移動ひねり降りかなぁ。華やかでいいですよね。8.650。
  • LIANG選手:明らかに旋回が他の選手と違うような…目を見張りました。交差のときの脚が高い。落下が残念でした。8.300。
  • 中島選手:こちらも旋回が速くて大きい。落下2回に交差失敗は痛かった。8.000。
吊り輪
種目別に残る選手でも下位の選手は力技が少ないですね。
  • TARANU選手:中水平や十字懸垂が多く見られ、力技連続加点が多そうでした。ほん転倒立失敗しちゃって残念。8.800。
  • ISAYEV選手:何といってもふわりと浮いた3回宙返り降り。鉄棒じゃなくて吊り輪だったのね3回宙。力技も多く9.300。
  • LEE選手:逆上がりからの十字懸垂とか力技が多く決まっていた。伸身ダブルの着地で1歩動いちゃったのがなければ1位だったかー。SV9.6で得点は9.275、残念。
跳馬
8人中6人がアカピアンだったかなー。
  • ISAYEV選手:ローチェ。昨日は割りと回転足りてたんだけど今日は尻落ち。8.900。
  • BOY選手:ローチェ。3歩ほど大きく動いてしまった。9.100。
平行棒
  • 中島選手:SV9.9で得点9.500。実施がきれいでした。
  • BOY選手:どうも最初から調子が悪そうで。リズムが明らかにおかしかったなぁ。落下してしまい7.350。
  • ISAYEV選手:ベーレはOKだったけどティッペルトで失敗し、棒上に乗ってしまった。位置がおかしかったのか棒上を移動したりして連続技加点が取れなくなったりしたかな。SV8.0で7.200。
  • LIANG選手:屈身ベーレにベーレにティッペルトにひねり技多数…レベルが他と違う感じ。SV10.0で9.600。シニア選手並みだ…。
鉄棒
今回鉄棒と5Mくらいという至近距離で見ていたので大迫力! 放れ技特にコールマンなんて凄過ぎて何が何だか。
  • 中島選手:ひねり技がきれいだった~。放れ技がなくて残念。SV9.6で9.200。
  • 渡邊選手:コールマンが鮮やかに決まって会場沸いた。ひねりもうまくいっていたし、終末技の伸身新月面(後でひねるタイプできれいでした。2回転目に2回ひねるのかな?)は着ピタで会場中大興奮。SV9.8で9.500。
  • TARANU選手:入ってすぐの開脚トカチェフに驚き。でもその後車輪が止まってしまった。勢いがないうちの放れ技は難しいのかな。8.500。
女子
  • 平均台のKELLEY選手:ひねりを入れた宙返りなど鮮やかに決まってました。ふらつきが少なく上手かった。
  • ゆかのSIMS選手:キャンデロロのナポレオンを使ってたのは彼女でした。

今日は種目別で演技がかぶらないので池谷さんが観客に種目や採点の説明、選手についての情報(趣味とか将来の夢とか)などを紹介していました。
せっかくなので

池谷語録

  • 今のロイター板はスプリングが必ず入っていますが昔はスポンジだったりゆかに線を引いただけだったりしました。体操の技の発展は器具の発展のおかげでもあります。
  • 女子のゆかで流す音楽は今はCDやMD、カセットなどですが昔はピアノの生演奏で演技していました。
  • 演技直前のアップ時間は1人30秒ですが段違い平行棒のアップはタンマや砂糖水をつけたり時間がかかるので1人50秒です。なので男子の演技が始まっても女子はまだアップしていたりします。男子の平行棒のアップ時間は今は1人30秒(時々50秒のときもあるとか言っていたかな?)ですが来年から1人50秒になります。
  • 今大会はオリンピックとかと違うルールを適用するので跳馬の試技は1回です。
  • 選手が落下したときは、拍手をして励ますのが世界的には一般的(?)なので拍手をして励ましてあげてください。
  • (上記お願い後)落下したときの拍手は演技を始める直前にしてあげてください。落下してすぐにはしないでください。(池谷さん言葉が足りなかったよ…落下して拍手された選手が気の毒だったよ、言葉わかんないしさ)
  • (女子ゆかの採点が押していることを受けて)体操競技では得点がなかなか出ずに待たされることがよくあります。僕もバルセロナ(?)の種目別ゆかの前は10分待たされました。でもその間、世界中のカメラが僕を映し続けてくれたので嬉しかったです。でも自分のタイミングで競技に入れずリズムを崩してしまう選手もいますので、体操選手はこのような時でも自分のリズムを作れるように練習してください。

2005国際ジュニア体操競技大会1日目

2005/09/18(日) 21:51 体操

2005国際ジュニア体操競技大会を見に行ってきました。
明日も行くので、3連休は体操尽くしです。 塚原さんが出てれば言うことなしだったんですけどねー。残念。
では1日目の感想。明日はちゃんとメモしてこようかなぁ。

演技系

  • 吊り輪・平行棒は演技時間が短い気がしました。やはりオリンピックに出るような人たちは難易度が高くてかつ技も多く入れているのだなぁと実感。
  • ジュニアとはいえsEも何個か飛び出して驚きました。今は高校生もコールマンやる時代なのですねぇ…
  • コールマンを実施したのは日本の選手複数人。1人じゃなかったと思う。
  • 平行棒で屈身ベーレを披露したのは内村航平選手。びっくりしました。屈身ベーレも人気なんですかねー最近。あと塚原さん以外の朝日の男子選手って初めて見た。
  • 鉄棒だったかな?の降りで3回宙返り降りをした選手がいた。初めて見た~
  • 山室光史選手かなぁ、鉄棒のひねり技がうまいなーと思った選手がいました。ぶれないし手と手の間をがばっと開けたりしないし。
  • 跳馬でローチェやった選手もいたなぁ。社会人でもそんなに出ない技なので印象に残りました。
  • アメリカのSEUNG TAI LEE選手は黒人選手。ゆかの「ロンダート→バク転→なんらかの技」ってやつありますよね、あれの最後の技の跳躍がとても高くて迫力がありました。

その他系

  • 跳馬は体育館の中央を突っ切って置いてあってよく見えました。壁際には鉄棒とかあん馬とかの見えなくても差し支えない部分を配置。全社もそう配置してくれたら跳馬見えたのにー。
  • マイク握って係員に指示しまくっていたのは池谷幸雄さんでした。TVとか出て軽いイメージがあったけど、素早い動きで設置の手伝いしたり、選手の演技後には大きな拍手を送ったり好感が持てました。でも声がでかかった…マイクあるんだからもっとボリューム抑えてOKですよ。
  • 私の見間違いじゃなければ森泉さんが観客席で見てた!握手とかして欲しかったけど、なんて声掛けたらいいのかわからなかったので断念…。森泉さん、知的で冷静な大人の男という感じでとても好き。
  • 「佐藤さん」が今日もいらしていました。宇都宮→横浜で大変ですなぁ…
  • 受付のおじちゃんが英語話してたり、日本語の後に英語でアナウンスが入るあたり国際大会だと実感。体操の国際大会は初観戦。
  • 体育館は空調が効いていて涼しかった。宇都宮とは雲泥の差でした。
  • 表彰式が非常にスムーズでした。宇都宮と(以下略)
  • 日体大の伝統芸能サークル?による和太鼓のアトラクションがありました。撥を落としちゃった後は、観客に一礼してから曲に加わっていて感心しちゃいました。
  • 女子の応援は外国選手にも向けられていてとても好感が持てました。外国選手には「Go xxxxx! You can do it!」と言っていました。
  • 日本の男子選手、競技開始で手を挙げる時に「よろしくお願いします!」とか言っている人がいてとても爽やかでよかったです。大人もやったらいいのに。
  • 寺尾尚之選手は日本人1人だけの班にいたんですが、ドイツ選手2人の間に入って談笑したり、他国の選手と楽しそうに国際交流していて好感度高かった!
  • 女子のゆかでフィギュアスケートのフィリップ・キャンデロロの「ナポレオン」の曲を使ってる選手がいた!最初何の曲だか曲名が出てこなかったんですけど、まさかロロの曲とは…
  • 相変わらず女子ゆかではbondが人気。セニョリータはちょっとつぎはぎしすぎ。
  • 外国人選手はかっこかわいい選手が多かった。ウクライナのANDRIY ISAYEV選手はフィギュアスケートのブライアン・ジュベール系の顔立ち。ドイツの2選手もかわいかったなぁ。

全日本社会人体操選手権

2005/09/17(土) 23:44 体操

全日本社会人体操選手権を見に行ってきました。
個人総合優勝は水鳥寿思選手で2位が冨田洋之選手でした。 鹿島丈博選手が6位で中野大輔選手が23位かな。
団体優勝は特洲会体操クラブ、2位がコナミスポーツ。
種目別は…冨田さんがたくさん取っていました(いい加減だなぁ…)
米田功選手と塚原直也選手は欠場。 女子の大島杏子選手も欠場(どうして欠場だったんだろう?)で、朝日生命二人とも欠場でした。
以下感想。

演技系

  • 冨田さんやっぱりあん馬で落下…鬼門になってしまったのかしら?
  • 冨田さんのあん馬の構成が変わっていた。交差から入ってた。
  • 笠松さんまであん馬で落下。かなり最初のほう。
  • アップでの鹿島さんはゆかを念入りにチェックしていた。一時期鹿島さんがゆか独占って感じになっていた。
  • でも鹿島さん、ゆかラインオーバーしちゃった…。
  • 鹿島さん、なんと鉄棒のひねりのところで落下。鹿島さんって鉄棒でミスする印象がなかったからかなりショックでした。
  • 中野さんの平行棒降りはダブルだった。月面じゃなくてちょっと残念。
  • 斎藤良宏さんはだいぶ足がよくなってきたようで何よりでした。NHK杯のような痛々しい演技ではなかったですね。
  • 水鳥さんはミスしそうな感じが全くない。安心して見ていられる…けどアップ中のゆかで一瞬、「脚大丈夫?」って感じのところがありました。
  • 水鳥さんが全種目安定した演技で1位、冨田さんはあん馬の落下があって水鳥さんと0.1差の2位。冨田さんのあん馬が安定してきたら水鳥さんもうかうかしていられない…と思ったんですけど、水鳥さんも全種目9.3以上とあげてきているし、本来ならもうちょっと跳馬でいい点出そうだし…とこの2人のAA争いがとても面白くなりそう。水鳥さんの3冠なるか、それとも阻止されるのか!?

その他系

  • 中野さんの着ていたTシャツがすごくかわいかった。白地に水色でカメレオン?とか数字とか描いてあって。
  • 水鳥さんと中野さんがかっこよくなっていた気がする。水鳥さんは頼りになりそうな精悍な感じ。中野さんはいわゆるイケメン系?
  • 表彰式と中野冨田鹿島+子供たちとの写真撮影会の段取りが悪すぎる。
  • つーか写真撮影会に水鳥さんは入らないんですかそうですか。
  • 表彰式中、段取りが悪いのをうまく進行させようと立ち働いていた塚原光男氏、鉄棒のマットでコケかける。

FF7 Advent Childrenと全社

2005/09/16(金) 20:16 雑談
新宿西口のヨドバシカメラに行ったら、店頭のTVで「FF7 Advent Children」が流れていました。
そして店内にはエスカレータ横の壁にポスターなどがたくさん。
FFの映画は興味がなかったけど、Advent~は見てみたい気もします。
ポスター見てびっくりしちゃいましたよ。クラウドの腕、静脈浮き出てるんですもん。
ポスターはかなり実写に近く、鼻のてかりとかも表現されていて驚きました。
映像のほうは、ポスターほど実写に近くはないですがかなりの処理数ですね。振り下ろした剣に写る景色とかまで描き込まれているし。
キャラクターはさっき見た感じだとシドがいいなぁ。ナイスミドル!オヤジ万歳!
ACはもう売ってるみたいですが、いくらするんだろう?見てくるの忘れた。
って言うかスクエニ、何で値段載せてないの??

明日は体操の全社ですが、米田さん欠場だそうで。
しかも回復に1年かかるとな。腱板「損傷」ではなく「断裂」だったとか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050916-00000102-kyodo-spo
低いテンションがさらに下がっていきますわ…。
全社も寂しくなっていきますなぁ…

どん底

2005/09/14(水) 20:43 雑談
今日の仕事中、精神的大打撃を受けてしまいました。
こうなるともう仕事どころじゃないですねー。
自分でもこんなに大打撃受けるとは思っていなかったんですが…かーなーりー、切ないです。

ということで、今日は特に忙しくもないしさっさと帰ってきました。
数日間は沈んだまま過ごしそうです。
明日はマシンの電算室への引越し作業で身体を動かすので、PCに向かってぼんやりする暇がなさそうなので大分よさげ。

この間も仕事で腹が立つような日が続いていたんですが、今月は厄月なんですかねぇ?
今日のと合わせて神社にお参りでもしてこようかな…。

敦-山月記・名人伝-と和楽

2005/09/11(日) 23:49 野村萬斎

敦-山月記・名人伝-パンフ

世田谷パブリックシアターに野村萬斎演出の舞台「敦-山月記・名人伝-」を見に行ってきました。

まず先に図書館から借りた本で山月記と名人伝を読んだのですが、なるほど山月記読んだことあります。
記憶はあまりないのですが、草むらから襲ってきた虎が「危なかった」と言って草むらに戻る、という場面は確かに読んだことがありました。
名人伝は初めて読みましたが、なるほど狂言らしいということだけあってばかげたと言うか胡散臭い話で。
山月記は万作さん、名人伝は萬斎さんが主役とのことでどんな風に演出されるのか楽しみにしつつ会場に向かいました。 やはり原作を読んでから舞台を見るとより面白いですね。

敦:野村萬斎、敦たち:深田博治、高野和憲、月崎晴夫、大鼓:亀井広忠、尺八:藤原道山
山月記
李徴:野村万作、袁傪:石田幸雄
名人伝
紀昌:野村萬斎、甘蠅・老紀昌:野村万之介、紀昌の妻・飛衛・主人:石田幸雄、都人士一:深田博治、都人士二:高野和憲、都人士三:月崎晴夫

続きを読む≫

カリスマスクの野村萬斎

2005/09/08(木) 23:11 野村萬斎

テレ朝の「カリスマスク」と言う番組に萬斎さんが出ていました。

おちまさとさんとの対談形式で進む、情報ドキュメントバラエティ番組だそうで。
対談場所は自宅のよいや舞台。久しぶりのTV登場ですね。
おちまさとさんは狂言が好きだそうで、結構狂言にお詳しい。
世田谷PTでの萬斎さんの企画する公演でポストトークに出ていらしたようで、その時にこの番組の話を聞いていたようです。

深夜番組なのでCMも少なく、萬斎さんの話がたっぷり聞けました。
狂言の曲の話、狂言面(武悪)の話、子供の頃の話、イギリス留学の話など本当に盛りだくさんでした。
子供の頃の話などは「萬斎でござる」の本のダイジェストっぽい感じも少ししましたが、本人の口から話を聞くのは本を読むのとはまた違って楽しかったです。
子供の頃、土日は舞台があるせいで運動会を早退したり修学旅行に遅刻して行ったりバスケの試合に出られなくてチームメイトをがっかりさせちゃったりしたと言う話は、やはり少しお気の毒…。
でも犠牲にしたものがある分、今の萬斎さんが得たものも大きいのでしょう。

最後に「カリスマが若者達に贈る言葉」というものがあるのですが、萬斎さんはこんなことを言っていました。

私はレールに敷かれた道を走っておりますが、
レールを更に繋げていくのも意味があるかと思います。
レールの上を自分なりの走り方をするというのもひとつの手ではないかと思います。
人のふんどしは履いたほうがいいと思います。
えーと、つまり自分の可能性だけではですね、なかなか勝負できない。
人のふんどしって緩いはずなんですね。
ですからそのために太るという事で自分の可能性以外のものを身につけていく、
そんなことを私はちょっと考えて、日々暮らしております。

野村萬斎プロデュースのFOMA P901iジャケットは縞熨斗目。
黄色と青の反対色のチェックのジャケット+雪薺紋入りストラップで

なんと4000円

た、たけぇ…
詳細はダットエムオー参照。

にほんごであそぼ:泣尼?

2005/09/07(水) 23:59 野村萬斎
今日の「にほんごであそぼ」、萬斎さんのコーナーで出た僧は「泣尼」の僧でしょうか。
二人目に出てきた隣人(の声)、寝てたし。一人目で「うえっへん」って咳払いしてたし。

般若心経を唱えるところ、狂言どおりの
「うにゃらうにゃらうにゃらうにゃらうにゃらうにゃら…」
が聞けて、思わずクスリ。
萬斎さんの声は相変わらずいい声、お経も俳句もいいですねー。

読書

2005/09/07(水) 23:50 雑談
この夏は読書をしようと思って図書館から本を借りて読んでいます。

最初に読んだのは夏目漱石の「坊っちゃん」。
この年になってもこんな有名な本を読んだことがないのはどうなのよと思って借りてきました。
これは基本的に短文でテンポがよく、内容も爽快で非常に読みやすかったです。流石は中学生以上向けの本。

次に読んだのは佐藤賢一の「王妃の離婚」。
坊っちゃんの後に読んだのでいきなりの中世(?)ヨーロッパ+大人向けっぽい文体に最初戸惑ってしまいました。
ちまちまと読み進めたため、話の流れが飲み込みにくかったせいもあると思います。
でも途中から突然面白くなってきて、一気に読んでしまいました。
劣勢なジャンヌ王妃についた主人公の弁護士が、巧みな話術でルイ12世側をどんどん追い詰めていき、裁判を王妃側有利に進めていく過程は坊っちゃん並みの爽快感。
結末は、王妃のためにもよかったと思うんですけどオーウェン死んじゃったのが気の毒(なんか無駄死にっぽくて)。

今読んでいるのが夏目漱石の「吾輩は猫である」。
これ結構ねー、読み進められないんですよ。
文体はテンポよくて好きなんですけど、飼い主である主人とその友人達とのたわいもない話がいまいち理解しにくいというか、とにかく読み進まない。
しかも厚いし…。

中島敦の「山月記・李陵ほか」も借りているので、こっちを先に読み進めようかと思っています。
が、これはこれで漢文調の文体がありちょっと面食らってしまいました。
内容は難しくはないっぽいし、そのうち自然な感じの日本語の文が出てくるっぽいし、萬斎さんの舞台もあるので読みますけれど…何もなかったら文見ただけで借りようと思わないかもしれないな。

にほんごであそぼ:狂言鞨鼓

2005/09/05(月) 22:31 野村萬斎
今日の「にほんごであそぼ」萬斎さんのコーナーは「狂言鞨鼓」
これ初めて見た気がします。9月になって新シリーズになった??
笛は一噌幸弘さんで、「鍋八撥」の鞨鼓売りの舞でした。
もちろん水車の型(ごろごろと側転連続で幕に入っていく)もありました。見た感じ3回は回っていたかな?
結構綺麗な側転でしたよね。萬斎さん身軽~。39歳ってまだまだ若いんだなぁ。

狂言「鍋八撥」は万作家のを見たことがありますが、鞨鼓売りは多分中村くんだったので萬斎さんのは初見。
最近はアドやってる萬斎さんを見ることが少ないので、今日はいいもん見た。

しかも「今日の名文」は中島敦だった(李陵)。
世田谷PTで敦(山月記・名人伝)やってるから…?

平家滅亡

2005/09/04(日) 22:55 雑談

大河「義経」壇ノ浦終わっちゃいましたねー。知盛死んじゃった…。
今日の放送でよかったなーと思ったのは

  • 平知盛夫妻の今生の別れ
  • 源九郎義経VS平知盛
  • 海に飛び込めずに突き落とされ挙句の果てに引きずり上げられた平宗盛
  • 平家の女子供の入水
  • 平時子の九郎義経に対する最期の笑み
  • 意外と凛々しかった後藤真希
  • つーか阿部ちゃん全部

阿部ちゃんかっこよすぎですよ阿部ちゃん。
なんだか風貌が渡辺謙に似てきてません? ぎょろっとした目とか、ラストサムライの謙さん思い出してしまいました。
宗盛がダメ兄貴ぶりを発揮すればするほどどんどん知盛の武士らしさ潔さが際立って見えてきます。 鶴見さん演技うまいですねー。宗盛、見れば見るほどがっかりしますもん。
知盛夫妻はいいですねホント。お互いが強い信頼で結ばれてる感じが伝わってきます。
意外によかったのは松坂慶子と後藤真希。
最初、キャスト発表で後藤真希の名前を見つけたときは「あーこりゃやっちゃったな…」と思ったんですけど(顔・化粧も現代人っぽかったし)、今日はなかなかの働きっぷりでした。
時子も最期に義経を見つけた時、どういう表情をするんだろうと息を呑んで見ていたのですが…微笑がくるとは思いませんでした。
どういう意味だったんでしょうね。
「戦は平家の負け、お前の力は認める。しかしお前が探し求めているこの草薙剣は決して渡さない」
って感じでしょうか。凄みのあるでもどこかやわらかい笑みだったように思います。

逆にダメだったのは作り物ですね…。
波間に浮いてるの、マネキンにしか見えないんですけど…。 あの岩、軽くて浮いてきそうなんですけど…。 あんなもの抱えて飛び込んだら助かっちゃうよ!みたいな。
義経VS知盛のあたりはよかったのはよかったんですけど、先週の次週予告のほうがかっこよかった。 もうちょっと長くやってくれるものと思ったんですけどね。
義経が前宙したのはびっくりしました。鎧つけて前宙は無理でしょ…さすがはジャニーズか。

さて、知盛死んじゃったし源氏の連中しか残ってないなら来週から見るのやめようかなーとか思ったんですけど、来週平家の助かった方々の話が入ってくるようですね。
夏川さんいたし来週は見ようかな。

子方が描く能・狂言第4回

2005/09/03(土) 23:59 能・狂言

子方が描く能・狂言第4回「子方の成長3」

横浜能楽堂で「子方が描く能・狂言第4回 子方の成長3」を見てきました。
番組表は以下。今回は烏帽子折があったので長いです。

井杭
シテ(井杭):野村虎之介、アド(何某):野村万蔵、小アド(算置):野村萬
烏帽子折
前シテ(烏帽子屋ノ亭主)後シテ(熊坂長範):浅見真州、
子方(牛若丸):観世淳夫、前ツレ(烏帽子屋ノ妻):浅見慈一、
後ツレ(立衆):谷本健吾、後ツレ(立衆):長山桂三、
後ツレ(立衆):北浪貴裕、後ツレ(立衆):野村昌司、後ツレ(立衆):坂井音晴、
後ツレ(立衆):坂井音隆、後ツレ(立衆):坂井音雅、後ツレ(立衆):武田宗典、
後ツレ(立衆):武田文志、後ツレ(立衆):武田友志、後ツレ(若者):松木千俊、
ワキ(三條吉次):森常好、ワキツレ(三條吉六):舘田善博、
アイ(盗賊):野村万蔵、アイ(盗賊):野村扇丞、アイ(盗賊):小笠原匡、
アイ(宿屋):山下浩一郎、アイ(早打):吉住講
大鼓:亀井忠雄、小鼓:大倉源次郎、太鼓:助川治、笛:松田弘之
地謡:長山耕三、馬場正基、柴田稔、小早川修、西村高夫、若松健史、観世銕之丞、浅井文義

続きを読む≫

展覧会の絵・ピアノ版

2005/09/03(土) 23:38 雑談
今日は横浜能楽堂へGo!でした。
子方が描く能・狂言第4回「子方の成長3」です。曲は井杭と烏帽子折。
番組表や感想などは別記事で。

こういう出かける日に限って暑い。
「この暑い中、あの紅葉坂を登るのか~…」なんて思いつつ歩いていると、いい感じに和服を着た男性を発見!
髪は短め、鶯色っぽい着物に黒っぽい帯、麦藁帽子(5センチくらいの高さで、硬い感じの帽子でした)、巾着袋に白足袋+下駄(多分)。

いい。

涼しげな着物だったし、小物使いもいいですよねー。
行き先同じだろうなーと思っていたら、やはり能楽堂でお見かけしましたよ。

帰りは駅ビルに寄って本屋と新星堂を覗いてみました。
本屋では体操の水鳥さんが載ってるらしいトレーニングの本(正確には「月刊トレーニングジャーナル」)を探したんですが、ありませんでした。
あまり大きな本屋じゃないのでね…そのうち紀伊国屋で探します。

新星堂はクラシックコーナーだけウォッチ。
bondのベストアルバムっぽいのが出たらしいんですけど、なかったです。国内版しか置かないのかなぁ。
ヘイリーのアルバムにカッチーニのアヴェ・マリアが入っているようだったので試聴してみたかったんですができませんでした…。
アヴェ・マリアはカッチーニのが一番好きなので気になったのにー。

「ピアノ・ベスト100」の「フェイバリット・ピアノ」にマイケル・ナイマンの「楽しみを希う心」が入っていて驚きました。
これだけ映画音楽でほかはすべてクラシックだけど、混じってもそんなに違和感なさそうですね。それだけこの曲が有名ということかなー。
時々ナイマンバンドが来日してコンサートでピアノ・レッスンの組曲が演奏されたりしているようですが、まだ聴きに行けてないです。
今年、チャンスがあれば行きたいかも。

あとは上原彩子(チャイコフスキー国際コンクールで一位になった人)のアルバムにピアノ版の「展覧会の絵」が入っていたので試聴しました。
展覧会の絵はラヴェル編曲のオケしか聴いたことがなかったので、「どんな感じなんだろう?」と思ったのですが、印象はオケとほぼ一緒。
ラヴェルはオーケストレーションがすごくうまい人なんですねー。びっくり。
ピアノの印象をオケに持ちこみつつ、オケを使えばより色彩豊かにできるところ・迫力を出せるところはそのようにつけていく。所々にラヴェル色も出して。という感じでしょうか?
オケにサックスやスネアドラムを持ち込むところはラヴェルっぽいですね。
といってもラヴェルの曲そんなにたくさん知らないんですけど…
逆に、オケ版の色彩をほぼピアノ版で持ってることにも驚きました。
ムソルグスキーもピアノもすごいわ。

オリンピックフェスティバル2005

2005/09/03(土) 10:26 スポーツ

久しぶりにJOCのサイトを見たら、10/10駒沢オリンピック公園総合運動場でのオリンピックフェスティバル2005というイベントが載っていました。
ホッケー・柔道・スケート/アイスホッケー/リュージュなど、いろんなスポーツが無料で体験でき、またオリンピックデーラン2005記念Tシャツなどがもらえるようです。
浜口京子さんや吉田沙保里さんなどが講師のレスリングなど、いくつかの種目は事前申し込みが必要です。9/9〆切。
2004年のレポートを見ると、サイン会なんかもあったらしいですね。
これ見るだけってできるのかな。見るだけでも受付とか必要なのかな。

この記述の中に

アテネオリンピックのメダリストによるトークショー等、どなたでも一日中楽しんで頂けるイベントです。

とあるのですが…名前の載っている人(山本博センセとか関一人さんとか浜口京子さん、吉田沙保里さんなど)しか来ないでしょうねー…
体操の皆さんはトークショーとか出そうな感じしないしなぁ。

参加オリンピアンの中に、懐かしい名前を2人ほど見つけました。

  • 田中光
  • 竹内洋輔

田中光といえば平行棒ですよね(タナカがあるくらいだし、体操そんなに見てなかった私でも新技で名前がどうとか言っていたので覚えている)。
でも体操のコーナーはないんですよね。何するんだろう。走るのか!?
サイン会に出るのかしら。
平行棒くらい設置してくれても…(無茶)

竹内洋輔。
懐かしいですね。 ソルトレークオリンピックではフィギュアスケートの日本男子は本田武史ばかりが注目された気がしますが、竹内選手も出ていました。
あのヤグディンや荒川静香さんのコーチであるタラソワさんに見てもらってて、FSのターザンはサーキュラーステップに動物の動きとか入ってて楽しいプログラムでした。
長野の世選の後引退したはずだけど、今は何をしているんだろう?

村主章枝・荒川静香・安藤美姫のロッテのCM

2005/09/01(木) 12:53 フィギュアスケート
今日からフィギュアスケートの村主・荒川・安藤3選手がロッテガーナミルクチョコレートのCMに出るそうで。

http://www.lotte.co.jp/ghana/index.html

感想。
チョコレートとフィギュアスケートの合わせが、なんか変な感じがする…
でもびっくりしたのは荒川さんがビールマンスピンやってたこと!
この間のショーでもやってましたけど、今シーズンはプロに入れてくるんですかね。期待していいのでしょうか。
そして衣装、村主さんだけ作ったんでしょうか。他の二人は競技会で使った衣装ですね…。全員分作ってあげて欲しかった!

安藤さんは年相応な化粧でかわいいですね! 眉も気にならず。
やはり彼女はあの紫のアイシャドーがよろしくないんだろうな。
荒川さんは普通かな?
村主さんはやっぱり赤よりも青系のほうが似合う気がします。
メイキングの髪形・化粧も何か村主さんと違って違和感あります。

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

08 « 2005/09 » 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。