blog行雲流水

フィギュアスケートとか体操とか演劇とか雑談とか。 ご意見・ご感想・苦情などはメニュー内のメールフォームからどうぞ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート:世界選手権EX

2005/03/27(日) 23:00 フィギュアスケート

フィギュアスケートの世界選手権のEXが少しフジで流されていましたが、まーダイジェストですね!
できるだけ多くの人を流したいとか思うんだったら、安藤特集とかやるなよ!(怒)
アイスダンスは皆趣向を凝らしたEXだったからか、2位までもちょっとずつ流していました。
個人的には、ベルビンが可愛い&綺麗&美人で最強!と思っているので、顔とかアップで流してくれればよかったんですけど。
(確実に安藤さんより人気出るって…シャラポワくらい行くって…多分…)
ナフカたちのEXはさすがにかっこいいですね! NHK杯でもあのEX見たかったなぁ。すごい踊れていてカッコえぇ~。
グルシナたちのEXは見たことがないやつだったので、見たかった!
そしてびっくりしたのがやっぱりスルツカヤ(笑)。
キャットウーマンですか! しかも脱ぐし!(笑)
スルツカヤのEX、久し振りに面白いのもってきましたね。
コストナーはやっぱりスタイルよすぎ。手足長いよ~。
でも解説、ランビとのこと言い過ぎ。うるさいってエロオヤジ。そんなん延々と喋るなよ。
フジテレビじゃなくってサンケイスポーツとかエロOKなところにいけばぁ?

スポンサーサイト

ござる乃座33rd

2005/03/27(日) 22:00 野村萬斎

ござる乃座パンフ ござる乃座番組表

今週は萬斎さんの主催する会、ござる乃座に行ってきました。
萬斎さんのおじいさんの28回忌公演だからか、芸が試されそうな「八尾」と、新しい世代の成長を見せるような「金津地蔵」が選ばれていました。

八尾、閻魔大王に使われた武悪の面がちょっと情けなーい感じ。 この間の狂言劇場の武悪とは明らかに表情が違いました。
武悪って本当に表情が多彩で面白い面です。展示会とか行って、武悪の面がずらっと並んでると全部表情が違っているんですよね。
八尾の閻魔大王(@人が来なくて現在地獄は飢饉中)は、地蔵からの「天国に連れてってやってくれ」という手紙を持ってきた男を天国に連れてってやっちゃう情けないというか、情に厚いというか?な大王様なので面がすごく合っていました。
ひとつ気になったのは、この男が空吹(うそふき)の面をかけていたこと。
もしかしてこの男、手紙捏造?
現世でも地蔵と閻魔がいい感じの仲だったって有名だったんですかね。そうだったら、ウソの手紙なんだろうなぁ。

金津地蔵は、以前与十郎の会だかで現万蔵さんと息子の虎ちゃんという組み合わせで見て以来、好きな狂言です。
子方が可愛いんですよね~。 親のために売られるといいつつも、なかなか会えなくなるのは寂しいとか言って。
田舎者とその友人たちも、地蔵が動いたり喋ったりしても「ニセモノだ!」なんて言ったりせず、のほほ~んと「立ってください」とか「踊ってください」とか囃していて癒されます。
ここで怒ったりしたらつまんないんですけどね。
裕基くんはちょっと台詞忘れておじいちゃん@後見につけられていたけど、それ以外は立派に覚えて舞っていました。
終わってからお父さんに怒られちゃったかなぁ? あんまり怒らないであげて欲しいけど…

狂言劇場2

2005/03/21(月) 23:00 野村萬斎

狂言劇場パンフ

今週は、世田谷パブリックシアターでの狂言劇場を見に行ってきました。
宮部みゆきさんと萬斎さんのポストトークがある日だったので、会場は満員。立ち見も出ていました。
自分の席はかなり前の方。舞台がいつも以上に観客席に近く、目線が舞台の水平線と一緒でした。

番組は「節分」「木六駄」。
まずは萬斎さんで「節分」。舞台両脇に設置されたスクリーンに謡の詞が映し出されていました。
舞台が違いから迫力がありましたよ~。おじいさんの万蔵さんが作られたという武悪の面もしっかり見えました。
それよりもしっかり見えてしまったのが、装束から舞い上がる埃というか、布のかすというか。
鬼が動くたびに、身につけていた隠れ蓑からふぁさっとね。
布を裂いて作ったようなものなので、どうしても舞っちゃうんでしょうね。避けたくなります(^_^;
ポストトークで宮部さんが触れられていたのですが、節分での謡は「かなり際どい事を言っている」そう。
最後の「月氏国にくわっと添えて取らするぞ」のあたりはちょっとそういう感じがするのですが、それ以外は分からず。

次は木六駄。なんと舞台後方に上手~下手を結ぶ渡り廊下のような橋掛かりを作って、牛を追っていくシーンの遠近感をうまく演出していました。
このせいで観客席のかなり前の方まで舞台に使っていたのですね~。
それにしてもこの演出とか決めるの、大変でしょうね。萬斎さん、芸術監督に就任してから会議や打ち合わせばかり増えてそうだなぁなんて思ってしまいます。
それにしても万作さんの太郎冠者はちゃっかりさん。だけど謡いも舞いも出来ちゃうデキた家人。
うーん、鶉舞はいいねぇ。面白いし。

ポストトークでは、初めて宮部みゆきさんを拝見しました。
発言がかわいらしくて、でも鋭くつっこんだ発言なんかもあって萬斎さんもうなっていました。
「『黒い雪が降ってくる』なんて、面白いですよね。普通は雪って言ったら白って思うけど、黒ということで空や辺りの暗い様子を表現してるんですよね」発言に驚きました。私、全然気付いていなかった…
「さすがは作家さんですね」と萬斎さんも驚き顔でした。
萬斎さんは時々普段の話し方が出てしまうみたいで「うちのじじい」とか「『つって』なんて言っちゃった」なんて発言も。
普段の解説とかとはまた違ってこちらも面白い。 普段の公演ではポストトークはないので、こういうときしか見られないのが残念です。

フィギュアスケート世界選手権

2005/03/20(日) 23:00 フィギュアスケート

今週はフィギュアの世界選手権をやっていたので全体的な感想。

フジは即刻フィギュアの放映権を手放してください…。
今回で分かったでしょ?と言いたいです。女子以外の放送がない上に、フジが追い掛け回すとろくなことがないよ…

全体的に棄権とか自爆とか多かったですね~。ペアはシェンツァオ組、男子はもう何もいえません…
好きなバトルくんが2位なのは嬉しいんですけど、優勝したランビエールでさえすっぽ抜けジャンプ何個かありだもんなぁ…
それにしても、1位ランビエール2位バトル3位ライサチェクとは誰が予想したでしょう?
まぁバトルくんは3位あたり入るかもねーとは思っていたけど、ライサチェク…? 確かに4大陸では優勝していたけど。
何が悪いって、多分ジュベール…。一体何があったんだFSで…
怖くて彼のFS見られないです(^_^;
SPはまだ皆自爆が少なめでよかったんですけどね。プルシェンコが4回転で転倒、リンデマンがなんと23位くらいで。 プルシェンコは満身創痍の中SPまで滑っていたようですが、棄権となってしまい残念です。
今回の世選は、オリンピックの枠取り戦、すごく重要な大会なので。 ロシアの残りの二人もあまりいい出来ではなかったようで、ロシアは2枠ですね。
日本も、本田が棄権しちゃって高橋大変だったと思います。1枠になっちゃいましたが、仕方がないですね。 その枠に一体誰が滑り込むのか、楽しみです。

アイスダンスの方は、デロベルショーンフェルダー組が4位。とうとうオリヴィエたちがデンコワさんたち抜いちゃいましたよ!
デンコワさんたちは、今年のプログラムはODもFDも今までのに比べたらあまり好きじゃないんですけど、まさか5位に落ちちゃうとは思わなかったので驚きました。
あとデンコワさんたちで気になっているのは、「技術といえばデンコワ組」と思っていたのに、いつのまにかTESトップの座をオリヴィエたちに明け渡していたこと。 多分オリヴィエたちが頑張って上げて来てるんでしょうが、やっぱり「デンコワさんたちどうしちゃったの?」です。

女子は、FSは荒川さんの得点が低かったですね~。
点数を先に知ったので「一体何やったんだ…」と思ったんですが、実際映像を見たら想像していたよりミスが少なくて、何でこんなに点が低いのか未だに?です。 プロトコル出てるかな…
安藤さんは、まぁあんなものでしょう。優勝なんて上位選手が自爆しまくらない限りムリだろうなと思うのに、フジは煽りすぎ、邪魔しすぎ。
それにしてもここぞというところで頼りになるのは村主さんなんですねぇ。伊達に修羅場くぐってきてないという感じ。

…そして、スルツカヤの復活劇。感動しました…!

2年前の世界選手権だったかはお母さんが体調を崩してしまって、ついて看病するために欠場。
去年は自分自身が原因不明の高熱(ぜんそく+壊死性血管炎という病気。かなりの間、原因不明という話が聞こえてきていました)が続く病に冒されてしまって、1年間棒にふって。旭川でのNHK杯で「スルツカヤ選手に応援メッセージを送ろう!」っていうコーナーが設けられていたことを思い出します。
そして棒に振った中でも世界選手権には出てきて、病み上がりの演技で9位。
思えばソルトレイクオリンピックのエキシビション、カウガールの格好で出てきてキュートな演技をした女の子。
「これ誰?めっちゃかわいい」そう思ったのがスルツカヤ(女子はあまり興味がなくて見ていなかった)。
ソルトレイクでは大どんでん返しで金を逃してしまったことを知って。
そしてその後なんだかんだで上位から名前が消えてしまい、「もうあの頃のようなスルツカヤは見られないのかなぁ…」なんて思ったこともありました。

今シーズン負けなし、そして今回のノーミス。
思わずもらい泣きしてしまいました…よかったねスル!

近藤嘉宏ロマンティックコンサート2005

2005/03/06(日) 23:00 音楽

近藤嘉宏ロマンティックコンサート2005

そして今日は光が丘までピアノリサイタルに行ってきました~。
近藤嘉宏さんという方のコンサート。曲目はこちら。

  • アラベスク(シューマン)
  • ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2「月光」(ベートーヴェン)
  • 月の光~「ベルガマスク組曲」より(ドビュッシー)
  • 亜麻色の髪の乙女~前奏曲集第1巻より(ドビュッシー)
  • 愛の夢第3番(リスト)
  • ラ・カンパネラ(リスト)
  • ノクターン第8番変ニ長調作品27の2(ショパン)
  • ノクターン第20番嬰ハ短調遺作(ショパン)
  • エチュードホ長調作品10の3「別れの曲」(ショパン)
  • エチュード変ト長調作品10の5「黒鍵」(ショパン)
  • エチュードイ短調作品25の11「木枯らし」(ショパン)
  • 幻想即興曲嬰ハ短調作品66遺作(ショパン)
  • ポロネーズ第6番変イ長調作品53「英雄」(ショパン)
  • アンコール:ノクターン変ホ長調作品9の2(ショパン)
  • アンコール:子犬のワルツ(ショパン)

どれもこれも有名な曲ばかりなので楽しんで聴けました。
唯一聴いた事がなかったのがノクターン第8番。プログラムの解説に「内省的」とあったのですが、たしかに外に向けて発散するっていう感じの曲ではなかったですかね。でもショパンなので綺麗な曲です。
全体的に、テンポが速い曲は自分が思っているよりも(というか好みよりもというか)速いテンポで演奏されていたように思えました。
終演後にサイン会(CD買った人だけあった。私は前から1枚は欲しかったベートーヴェンの3大ソナタ+告別のCDを購入)があったので、せっかくなのでご本人に聞いてみることにしました。
そしたら、「CDとかよりもちょっとテンポが上がりますね。やっぱりお客さんがいるとエキサイトしてどんどん前に前に行くので」とのこと。 うーん、特別彼なりの考えがあったわけではなかったのですねぇ。
家に帰ってCDを聴いてみたら、確かにもっと落ち着いた感じの演奏でした。月光の2・3楽章とか。
サイン会では思ったよりも時間とって話せてよかったです。演奏会の感想とかもうちょっと話していたんですよ。握手もしてもらったし。
彼の演奏は今日初めて聴いて、ファンというわけでもなかったので緊張せずに話せたんでしょうね。 これが萬斎さんとかだったらこうはいくまい…恥ずかしすぎるもん!
もちろん、サインはしっかりもらってまいりました。

鎌倉能の会

2005/03/05(土) 23:00 能・狂言

鎌倉能の会番組表

今日は会社でした…
が、昼過ぎ頃に仕事が終わってしまったので、何もなかったら行こうと思っていた、鎌倉能舞台さんのお浚い会(素人さんの会ね)を見に国立能楽堂まで行ってきました。

お目当ては、ぶっちゃけ玄人さん。
能の場合素人さんだけじゃ演じられないので必ず玄人さんが出るんですが、お浚い会の場合入場無料なのでタダで玄人さんの芸を楽しんでしまおうと言う目論見。
鎌倉さんのところは万作家も付き合いがあるのですが、行く前にファンサイトで萬斎さんのスケジュールをチェックしたら萬斎さんの公演予定が入ってないじゃありませんか。
もしかしたら萬斎さんいるかも!(…多分ないだろうけど)と思ったって言うのもあります(^_^;

続きを読む≫

| ホーム |

blogランキング

クリックしてくださると励みになります~
人気blogランキング FC2ブログランキング

最近の記事

カレンダー

02 « 2005/03 » 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:hana
  • 好きなもの。
    ・フィギュアスケート観戦
    ・体操観戦
    ・演劇鑑賞
    ・インターネット
    ・ゲーム
    ・Jeffrey Buttle(ジェフリー・バトル。フィギュアスケート)
    ・Stephane Lambiel(ステファン・ランビエール。フィギュアスケート)
    ・Alexei Yagudin(アレクセイ・ヤグディン。フィギュアスケート)
    ・塚原直也(体操)
    ・野村萬斎(狂言師)
    ・橋本さとし(俳優)

    などなど。

メールフォーム

名前:

メールアドレス:

件名:

本文:

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

since 2006/03/25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。